中級ペダル

2015年9月から始めたピアノ初心者(♂)です。大人がゼロからピアノを始めた記録です。レッスンに通っています。
2019/12/03(火)
ピアノを始めてすぐに、キャサリン・ロリンの楽譜に出会いました。
この2つの楽譜はほぼフルにペダルを使うので、響きを楽しめますし、踏み代えの技術も磨けます。
指ではつなげられないフレーズも、ペダルで保持したまま瞬間移動すればいいとか、
バスの変化で踏み代えるとか、基本が身に付けられる内容ですよね(^^




その後、ペダル指示のない曲にペダルを付けようとする時に、役に立ったと思います。


しかしその調子でやってきても、難しい曲・カッコいい曲になってくると、うまくいかなくなってきました。
曲調や音響的に、ペダルを必要としているんだけど、アコピではうるさくなったり、猛烈に濁ったり…
今までの知識が通用しなくなってきます。
当然、レッスンでは先生から直されますよ (#´Д`#)



どうやらクラシックでも、曲が進むと同じジレンマに陥るそうなのですね。

ピアノのペダルが濁る きれいに踏む方法 から
https://ishigouoka.net/2018/07/5573.html

> ずっと弾きたかった、ショパンの幻想即興曲。
> でも、ペダルを踏むと、どうも音が濁ってしまう。
> 楽譜の、指示どうりに踏んでいるのだけれど、細かく踏んだり、踏む場所をずらしたりすると今度は音が切れてしまう。

まさに同じ現象!
(゜_゜)


> ペダルを踏み始めた初中級くらいのときは、「ドミソ」「ドファラ」と和音が変わったらふみ変えれば
> 大体うまくいきました。

キャサリン・ロリンの曲集はほぼそれですね。
ゆっくり系のポピュラーもそれでいけます。


> でも、幻想即興曲のような、中将級の曲になると、そんなに単純ではありません。
> 和音は変わらなくても、メロディに、和音の構成音以外がたくさん入っていると
> ペダルを踏みっぱなしでは音が濁ります。
> だからって、頻繁にペダルを踏み変えたら、ベースの音が切れたり、響きが悪くなってしまいます。

そうそう、それなんですよ。
クラシックもそうなんですね~


> 1小節ずつ、丁寧にペダルの踏み変えを考えなくては。
> ある時は1小節に1回深く。
> ある時は、ほぼ1拍ずつ。
> ある時は、途中にペダルがないところを作って。

> 結構大変です。
> でも、音の濁りに気づいて工夫を繰り返す、注意力、熱意があれば大丈夫です。

細かく・細か~く、緻密に曲を創り上げていくしかないのですね。

自分の耳と知識で限界な箇所は、先生を利用して… (゚ε゚*)



最近やった曲では、こんな苦労がありました。どれも原曲版なので、ペダルも指番号も自分で考えないとならないから、なかなか難しかったですよ。

●Summer
 盛り上がる箇所はレガートペダル(ここはだれでもそうすると思う)
 中間ではリズムペダル(先生は入れないらしい。ここは私の好みで入れたけど、一拍ごとで忙しい)
 遠近感の箇所でソフトペダル(レッスンが終わってから、思いついて、独自にやり始めた)
 弾いてて楽しい曲だけど、和音が厚いのでキレイに聞こえるようにするには、ペダルが忙しいですね。
 先生は、スタッカートな箇所にも極・僅かなペダルを使うみたいだけど、それは難しくてマネできませんでした(・o・)
 しかし、いずれやらされそうな予感!

●めぐり逢い
 グランドで初めて弾いたら、あれ?すごく濁る?という感じで、3小節目くらいで先生から止められましたよ(@_@;)
 和音やコードが一緒でも、踏み代えポイントを増やさないとだめでした。
 踏み代えてもベース音は引っ張りたいので、高音側だけ消して低音はつなげる、こそぎペダル(と私は呼んでいるけど、正確には何というのかな?)を密かに練習中です。

●午後の旅立ち
 曲は早くないけど、すぐ濁ります。一小節目でアウトですよ。
 ハーフ~浅めのペダルで対処。
 曲のテンションの変化とペダルの深さが関係していそうなことに、なんとなく気がついてきました。


幻想即興曲が弾けるようになるとは思えないのですが、美しく弾くためのエッセンスはすごく参考になるなーと思ったのでした。
弾きながら、とにかく敏感によく聴かないとならないので、耳も鍛えられそうです。

この記事へのコメント
けもネコさん、こんにちは
かつです。

けもネコさんは本当にペダルの踏み変えが上手いですよね?!
わたしは以前記事にもしましたが昔「ペダルを踏んで誤魔化すな!」と言われて軽いトラウマ…
ですが、最近は先生からペダルの踏み変えポイント等を教わって練習している最中です。
先生からは続く2音(ドとレ、ソとラ等)は濁るので踏まないか踏み変えるように指摘されました。
そう考えると古典派作品でペダルを踏む回数が少ないのも納得!!!

ただペダルを音をつなげるだけでなく、響かせたり音色を変える効果もあるのでもっともっと練習が必要そうです。。
2019/12/06(金) 20:00 | URL | #-[ 編集]
連続コメントですいません〜今日は時間があるので〜

ペダルってほんと難しいですよね。
左右の手の音を同時に聴きわけるだけでも大変なのに、さらにペダルまで加わるとね。聴き分けながら、両手と足の同時進行ですから。

ピアノっていろんな所を同時に使うのが大変ですよね。
身体能力&触覚(手指)聴覚(音を聴き分ける)視覚(楽譜や鍵盤を見る)頭脳(楽譜を読み思考する)など等。他の部分も使うかも。
ありとあらゆる五感をフルに働かせないといけない。それも同時に。


わたしは井上直幸さんの「ピアノ奏法」という本を参考にしていますが、内容が高度過ぎて難しい。

わたしの先生はペダルに厳しくて(すべて厳しくてうるさいけど!)、ちょっとでも音が濁ると指摘されます。
先生の足の上にわたしの足をのせて、わたしが曲を弾くと、先生がわたしの足をのせたまま曲に合わせて踏み替えてくれて、踏み替えるタイミングや踏み方を体で教えてくれるのが、とても分かりやすくて助かってます。(文章が下手で分かりづらいかも〜汗)

楽譜の指定よりも、よく自分の耳で聴いてペダルを踏み替えるように言われますね。
でも、同時進行が難しくて。
ペダルばかり気にするとミスタッチをするし、ミスタッチやリズムを正しく、メロディーをよく歌ってとやると、今度はペダルが疎かに。

子どもの頃は右のペダルしか使用してませんでしたが、大人になって左のペダルも使用するようになって、両手両足を同時に別々に動かすのが至難のわざ!

本やネットで知識を得る事も参考になりますが、実践で感覚で掴むしかないんでしょうね。

電子はペダル操作がシビアじゃないですね。わたしのピアノは電源を入れると消音になりますが、生で弾いた時とまるで違いますし、けもネコさんがおっしゃるようにアップライトとグランドでも違う。
ピアノって本当に難しいですね。
でも難しいからこそ、面白いし、夢中になってしまいます♪

大人になってゼロから始めた方はペダルまで気を配るのが大変だと思うのですが、けもネコさんなら気を配れそうですね♪
2019/12/07(土) 13:23 | URL | きんどーちゃん #Q.el4SCk[ 編集]
かつさん、どうもです!

> けもネコさんは本当にペダルの踏み変えが上手いですよね?!

まだまだですが、グランドではこうなるはず… というのをいつも想定して練習してます。


> わたしは以前記事にもしましたが昔「ペダルを踏んで誤魔化すな!」と言われて軽いトラウマ…

私の先生もクラシックの先生なので、そういう考えはあるようですよ。
指で弾けたうえで、曲で必要とされる箇所にはペダルを使ってもいいというのが基本なのでしょうね。
私は容赦なく使って、直されますが(^^;


> ですが、最近は先生からペダルの踏み変えポイント等を教わって練習している最中です。
> 先生からは続く2音(ドとレ、ソとラ等)は濁るので踏まないか踏み変えるように指摘されました。
> そう考えると古典派作品でペダルを踏む回数が少ないのも納得!!!

ベトソナの弾き方アドバイスを読むと、様々な種類のペダリングが要求されるようですね。
思いっきり踏み込んだり、まったく使わなかったり、ものすごーく薄く入れたり、
魅力的な演奏には、多彩なペダルが必要な印象です。
ピアニストのマジックの秘密の一つはそこらへんなのかも…


> ただペダルを音をつなげるだけでなく、響かせたり音色を変える効果もあるのでもっともっと練習が必要そうです。。

私の先生も、残響を出さないけど音色がガラっと変わるペダルを使ってみせるので、
上級者の技なんだろうなと思うのです。
そういえば、大人のピアノコンクールで優勝した人が弾いたエリーゼのためには、
ミレミレの箇所にもペダルを使っているようでしたが、濁っていませんでした。
どうやっているんだろ?
ハーフペダルやクォーターペダルを極めた人の技なんでしょうかね。
2019/12/07(土) 20:30 | URL | けもネコ #mQop/nM.[ 編集]
きんどーさん、どうもです!

> ペダルってほんと難しいですよね。
> 左右の手の音を同時に聴きわけるだけでも大変なのに、さらにペダルまで加わるとね。聴き分けながら、両手と足の同時進行ですから。

たしかにそうですよね。右足だけでも3本目の手というくらいにコントロールしないとならないので、
難しさに最初は悶絶しました(^^;


> ピアノっていろんな所を同時に使うのが大変ですよね。
> 身体能力&触覚(手指)聴覚(音を聴き分ける)視覚(楽譜や鍵盤を見る)頭脳(楽譜を読み思考する)など等。他の部分も使うかも。
> ありとあらゆる五感をフルに働かせないといけない。それも同時に。

まさにそうですよね!
聴覚1つをとっても、左右の音を別々に聞き分けないとならないし、今の音だけでなくて、これから出す未来の音も自分の中では聞けて(歌って)いないとならないから、そこだけでも複数チャンネルの聴覚回路を使っている気がします。
聖徳太子並み?w


> わたしは井上直幸さんの「ピアノ奏法」という本を参考にしていますが、内容が高度過ぎて難しい。

その本はどこかでおすすめな文章を読んで、私も入手しています。
たしかに難しかったです(^^;


> わたしの先生はペダルに厳しくて(すべて厳しくてうるさいけど!)、ちょっとでも音が濁ると指摘されます。
> 先生の足の上にわたしの足をのせて、わたしが曲を弾くと、先生がわたしの足をのせたまま曲に合わせて踏み替えてくれて、踏み替えるタイミングや踏み方を体で教えてくれるのが、とても分かりやすくて助かってます。(文章が下手で分かりづらいかも〜汗)

おお~
二人羽織りを足でやるわけですね。面白いレッスンですね!
そういえば、「ピアニストの脳を科学する」の著者の古屋先生は、ピアニストの指の動きを学習させたハイテクグローブを学習者に付けさせて、指に直接・動きを教える実験をしていましたよ!似ていますね(^^


> 楽譜の指定よりも、よく自分の耳で聴いてペダルを踏み替えるように言われますね。
> でも、同時進行が難しくて。
> ペダルばかり気にするとミスタッチをするし、ミスタッチやリズムを正しく、メロディーをよく歌ってとやると、今度はペダルが疎かに。

何かに着目すると何かがおろそかになるという…
ピアノ弾きの、あるあるなのかもですね。
着目ポイントを変えて何度もやるしかないのが、現状です。


> 子どもの頃は右のペダルしか使用してませんでしたが、大人になって左のペダルも使用するようになって、両手両足を同時に別々に動かすのが至難のわざ!

子どもの頃はシフトペダルは使わなかったのですね。それは意外です。
左右のペダルを同時に入れる箇所とか、体を安定させるのが難しいと思いました!


> 電子はペダル操作がシビアじゃないですね。わたしのピアノは電源を入れると消音になりますが、生で弾いた時とまるで違いますし、けもネコさんがおっしゃるようにアップライトとグランドでも違う。

うちの電子ピアノは、ペダルが濁りやすい設定にしてあえて難しくしてあるので、
多少はマシですが、やっぱりグランドやアップライトでも実際によく研究しないと、
それぞれの使い方は身につかないですよね。


> ピアノって本当に難しいですね。
> でも難しいからこそ、面白いし、夢中になってしまいます♪

難しくて奥が深いのが魅力ですよね(^^
角聖子さんが言うように、それぞれのレベルに合った楽しみ方ができますものね。


> 大人になってゼロから始めた方はペダルまで気を配るのが大変だと思うのですが、けもネコさんなら気を配れそうですね♪

大人からだと、ペダルの習得にもけっこう時間がかかるから、入門時から使うべきだといくつかの本で共通に書かれていました。
私はピアノを始めた頃からキャサリン・ロリンの曲でやってきたので、ペダルがあって普通と思っているし、それがよかったのかな~

2019/12/07(土) 21:13 | URL | けもネコ #mQop/nM.[ 編集]
あぁ、そういえば「やっばりレッスン通おうかな」と思うのは、大抵ペダルのさじ加減を見失ってる時です。

音が濁って歪んだり、足を上げるタイミングを間違えて突然音が切れたり、コツがイマイチ分からん( ;´Д`)
2019/12/12(木) 19:28 | URL | モル作 #-[ 編集]
モル作さんのようにクラシック志向だと、タッチのバリエーションだけでなく、ペダルの様々な技も必要とされそうですものね。
アップライトで音量を出せれば、電子ピアノよりも響きの濃いペダリングを試せますよね。
グランドになるとまた違いが大きいですが、プロの耳でアドバイスしてもらえたら、いいですよね。
ここから先は耳のレベルを上げていかないと、なかなか難しい領域という気はしています。
2019/12/13(金) 16:35 | URL | けもネコ #mQop/nM.[ 編集]
けもネコさん こんにちは。

ブログはいつも拝見していますが、今日初めて書き込みさせていただきます。
弾き合い会ではお世話になりました。やっとお会いできて、嬉しかったです(*^^*)。

まったく譜面に頼らない演奏、さすがです!やっぱり、耳のいい方は違いますね。それだけでなく、きちんと理論も研究されているのが、ブログから伝わって来ます。勉強になります。
今後も拝読させていただきますので、よろしくお願いします。
また、弾き合い会でピアノを聴かせて下さい。
2019/12/14(土) 20:36 | URL | BB鉛筆 #-[ 編集]
BB鉛筆さん、ようこそ&弾き合い会でもありがとうございました!
11月にお会いする機会を逃していたのですよね。

クラシックの連弾は珍しいので、興味深かったですよ。
この間、ユッセン兄弟のコンサートを見てきたばかりでしたし…

私の場合は、楽譜に頼らないと弾けない曲もありますが、
楽譜無しでパッと弾ける曲の方が、自由に弾ける感じがして好きなだけなのです。

また次回もよろしくお願いします(^^
2019/12/15(日) 21:36 | URL | けもネコ #mQop/nM.[ 編集]
ユッセン兄弟のコンサート、行かれたんですね!いいなあ。チラシで見て知ってはいたんですが、自分の発表会が続いていて疲れてしまい、結局行かなかったんですよ。
チラシの演目には、シューベルトの幻想曲も書いてあったと思うのですが、演奏したのかしら。やっぱり、行けばよかった…。
2019/12/15(日) 22:23 | URL | BB鉛筆 #-[ 編集]
ユッセン兄弟、BSでコンサートを見てからずっと気になっていたのですよ。
まさか札幌に来るとは思っていませんでした。

前半がクラシック、後半は魅せる演奏が多かったかな?ジャジーな曲や速い現代曲を弾いていました。
2人なのに1人で弾いているようにしか聞こえない絶妙さ加減は、一見の価値ありですよ。
シューベルトの幻想曲も弾かれましたよ!

連弾のベテランでおられるBB鉛筆さんも、見たら感動されるかも…

2019/12/17(火) 17:34 | URL | けもネコ #mQop/nM.[ 編集]
初めてコメントさせて頂きます。
今まで、ブログを読み逃げしていましたが先日のピアノ弾き合い会でお会い出来たので、これはご挨拶しないとと思いました!
ストリートピアノ、行ったのですね❗️ノルベサにあるの知らなかったです〜。
けもネコさんは、暗譜をされて弾かれるのでストリートピアノにも対応できてすごいです❗️
私も札駅のストリートピアノは、弾きに行ったのですが1か月前から、ガチ練習で当日も楽譜を見ながら、ダサい演奏でした😢
暗譜で、レパートリー豊富なけもネコさんうらやましいです〜😊
また、演奏聴かせて下さい❗️
2019/12/18(水) 10:09 | URL | いーさん #eYj5zAx6[ 編集]
はじめまして、コメントありがとうございます!

> 初めてコメントさせて頂きます。
> 今まで、ブログを読み逃げしていましたが先日のピアノ弾き合い会でお会い出来たので、これはご挨拶しないとと思いました!

今までもブログをお読みになっておられたのですね(^^


> ストリートピアノ、行ったのですね❗️ノルベサにあるの知らなかったです〜。
> けもネコさんは、暗譜をされて弾かれるのでストリートピアノにも対応できてすごいです❗️

ノルベサには置かれたばかりで、10月からみたいですね。
私の場合は、余裕で弾ける曲しか人前では弾かないので、
そうなると必然的に暗譜してる曲たちになるのでした。
弾き合い会では、たまに「楽譜を見ながら」弾くこともあります(^^;


> 私も札駅のストリートピアノは、弾きに行ったのですが1か月前から、ガチ練習で当日も楽譜を見ながら、ダサい演奏でした😢

札幌駅は何回か行ったのですが、弾けなかったですね~
ギャラリーとして楽しみました(^^;
いーさんは、勇気がありますね!
クラシックを弾いている人もたまに見かけましたね。


またお会いしたらよろしくお願いします!

2019/12/19(木) 13:04 | URL | けもネコ #mQop/nM.[ 編集]
URL:
コメント:
Pass:
秘密:
 

 | Copyright © 大人のねこふんじゃった All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ