お絵かきとピアノの共通点

2015年9月から始めたピアノ初心者(♂)です。大人がゼロからピアノを始めた記録です。レッスンに通っています。
2019/09/30(月)
塗り絵をやってみましたよ。2時間くらいで完成。
まだ一作目で慣れないので、荒削りな感じがあります。
190930nurie4.jpg


突然、うちの奥さんがクーピー60色セットを衝動買いしたものの、全く使う気配がないので、私が使うことにしました(^^;
大人の塗り絵という本を買ってきて、塗ってみたのです。
190930coupy.jpg


写実的な見本があるのでそれを参考に、枠線だけの下絵に色を重ねていきます。
やってみるとだんだんと熱中してきて、一生懸命になってしまいます。いつも使わない脳の領域が刺激される感じがして、いいですね。
60色ではちょっと色が足りない感じがするので重ね塗りを多用しますが、200色くらいの色鉛筆の方がいいかもしれませんね。
クーピーは消しゴムで消せるようで、ハイライトは後で付けれるのですが、気がつかなかったので、白残しの手法で描きました。
小学生の時に使って以来ですよ。






ふと思ったのですが、塗り絵とピアノ演奏って、なんだか共通に感じるものがあります。
白い元絵に色を重ねていって、完成させるわけですが、楽譜って最低限の情報しかなくて、この塗り絵の原画みたいなものですよね。
190930genga.jpg

枠線だけの原画に技術と感性と想像力を尽くして、世界感や生命感を与えるのが塗り絵を描く作業とするなら、
楽譜の音符情報から、さまざまな物を読み取って、技術と知識を尽くして感情や世界感を創り上げるのがピアノ演奏なのですよね。
過程が似てますよね。

下地にベースになる色を薄く塗ったり、本来と違う色を重ねて深みを出したりする作業は、
バスラインや、本来は不協和音なはずの音が作用してカッコよく響くコードなんかを連想しますし。

みなさんも、芸術の秋に塗り絵なんて、いかがですか?(^^

この記事へのコメント
けもネコさん、こんにちは〜
クーピー懐かしい!!
愛用してましたよ〜
子どもの頃に憧れた2段の60色!わたしは24色でした。
下の段の右側の5色蛍光色が憧れましたね〜
大人になってから蛍光色をバラで買いました。

大人の塗り絵はちょっと流行っているようですね。本屋で見かけます。
奥さんも塗り絵がしたくて購入したのかしら〜。

凝り性のけもネコさんがハマってしまいそうですねぇ〜笑
60色&クーピーはすぐに物足りなくなりますよ〜

わたし画材やでバイトしてたんで、画材にちょっと詳しいのですが、水彩色鉛筆がオススメです♪
ご存知かもしれませんけど、色鉛筆で塗った後に、水を含ませた筆で軽くなぞると、水彩画になるんです。
水彩絵の具は使い方にコツがあって、いきなり水彩画は難しいのですが、水彩色鉛筆は描きやすいです。
欲しくなりました?!笑
でも、塗り絵には水彩色鉛筆ではなくてもいいも。水彩色筆は普通の色鉛筆よりもお高いので。

わたし音楽よりも美術の方が得意で、子どもの頃は音楽は4だけど図画工作はずっと5でした!←なにげに自慢しちゃってるし〜
中学の時は美術部だし、高校の選択制の芸術の授業は音楽ではなく、美術工芸だったほどです〜ピアノを習っていながら〜笑


それにしても、絵と音楽の共通点の考察が鋭いですね〜さすがです!
『枠線だけの原画に技術と感性と想像力を尽くして、世界感や生命感を与えるのが塗り絵を描く作業とするなら、
楽譜の音符情報から、さまざまな物を読み取って、技術と知識を尽くして感情や世界感を創り上げるのがピアノ演奏なのですよね。 』

まさに!うまい事いいますね♪

絵とピアノは繋がってますね〜
印象派はまさに絵画の影響を受けてますし。
ドビッシューを弾くと情景が浮かんで、多彩なカラフルな音色を出したくなります♪

なんだか、見てたらわたしも描きたくなって、ソワソワしちゃいそうですよ〜
芸術の秋ですしね〜
わたしは夢中になるとひとつの事にまっしぐらなんで、絵に手を出したらピアノを弾かなくなりそうです〜

けもネコさんは大丈夫かしら?!
芸術の秋を両刀使い?で楽しんでくださいませ〜
絵の効果がピアノにも影響が出るんじゃないでしょうか♬
2019/10/01(火) 17:33 | URL | きんどーちゃん #Q.el4SCk[ 編集]
けもネコさん、こんにちは
かつです。

演奏を彩る音の質のことを、音色といいますものね?!
絵も楽器も色が立体感や躍動感を生むという意味では一緒なのかもしれません。
たしかフジコヘミングさんも「ピアニストは絵心が必要」的なことを言っていたような…
ちなみに紹介されている塗り絵、実家にもあります♪
父親のものですが使っていないので、今度一枚書いてみますね
2019/10/02(水) 02:48 | URL | かつさん #-[ 編集]
> 子どもの頃に憧れた2段の60色!わたしは24色でした。
> 下の段の右側の5色蛍光色が憧れましたね〜
> 大人になってから蛍光色をバラで買いました。

私も小学生の時に持ってたのは24色だったと思います。
蛍光色があったのは知りませんでしたよ。


> 大人の塗り絵はちょっと流行っているようですね。本屋で見かけます。
> 奥さんも塗り絵がしたくて購入したのかしら〜。

本屋さんに行くと、目立つところに置いてますもんね。
レベルもいろいろありますし。
うちの奥さんのは単なる衝動買いで、塗り絵の本を買ってきても興味を持ちませんでした…


> 凝り性のけもネコさんがハマってしまいそうですねぇ〜笑
> 60色&クーピーはすぐに物足りなくなりますよ〜

私のモットーは、「広く・深く」ですからねw やばいw


> わたし画材やでバイトしてたんで、画材にちょっと詳しいのですが、水彩色鉛筆がオススメです♪

水彩色鉛筆は初めて聞きました。不思議な画材ですね? ちょっと調べてみようかな?


> わたし音楽よりも美術の方が得意で、子どもの頃は音楽は4だけど図画工作はずっと5でした!←なにげに自慢しちゃってるし〜
> 中学の時は美術部だし、高校の選択制の芸術の授業は音楽ではなく、美術工芸だったほどです〜ピアノを習っていながら〜笑

おぉ~ 画材屋さんで働くくらいですし美術専攻ということは、きんどーさんはきっと手先が器用で芸術家肌なのかもですね!
私はだいたい、音楽は3、美術は4でした。技術家庭なら常に5だったんですけどね。
きんどーさん同様に、図画工作も得意でしたよ。


> それにしても、絵と音楽の共通点の考察が鋭いですね〜さすがです!

ありがとうございます!
楽譜を単純に音にするだけでは、まだ音楽するには遠いのだと思うのでした。
音にするだけでも難しいものなのに…


> 絵とピアノは繋がってますね〜
> 印象派はまさに絵画の影響を受けてますし。
> ドビッシューを弾くと情景が浮かんで、多彩なカラフルな音色を出したくなります♪

ドビュッシーはクラシックの枠を超えた作曲家な感じがしますよね。
やっぱり絵画的なんでしょうね?


> なんだか、見てたらわたしも描きたくなって、ソワソワしちゃいそうですよ〜
> 芸術の秋ですしね〜
> わたしは夢中になるとひとつの事にまっしぐらなんで、絵に手を出したらピアノを弾かなくなりそうです〜

きんどーさんは美術部出身だそうなので、1枚くらいは描いてもいいのかな…(^^;


> けもネコさんは大丈夫かしら?!

私はいろいろなことを極めようとしてしまいますけど、素早く切り替えるので大丈夫です!

2019/10/02(水) 22:24 | URL | けもネコ #mQop/nM.[ 編集]
> 演奏を彩る音の質のことを、音色といいますものね?!

たしかに!音色という言葉がありますよね。


> 絵も楽器も色が立体感や躍動感を生むという意味では一緒なのかもしれません。
> たしかフジコヘミングさんも「ピアニストは絵心が必要」的なことを言っていたような…

絵も楽器も、濃くしたり薄くしたり、無限のさじ加減がありますものね。
フジコヘミングのコンサートは昨年見に行きましたよ(^^
自作の衣装とかネコの絵とか、アーティスティックなところがピアノにもつながるのかもですね。


> ちなみに紹介されている塗り絵、実家にもあります♪
> 父親のものですが使っていないので、今度一枚書いてみますね

さすが、流行っていますよね(^^;
ぜひ、描いてみてください~
私も果物とか美味しそうに描いてみたくなります。

2019/10/02(水) 22:48 | URL | けもネコ #mQop/nM.[ 編集]
絵とピアノの共通点、目の付け所になるほどです!!
ピアノを弾くとき、そのように絵画を意識して思い描くとまたイメージが湧きそうです。
2019/11/16(土) 15:46 | URL | ゆきなぎ #-[ 編集]
ゆきなぎさん、お久しぶりです!

絵もピアノも、お手本があったとしてもクリエイティブな作業なのですよね。
描いてみて分かった、意外な共通点でした(^^

2019/11/18(月) 19:54 | URL | けもネコ #mQop/nM.[ 編集]
URL:
コメント:
Pass:
秘密:
 

 | Copyright © 大人のねこふんじゃった All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ