脳内音楽プレイヤーの進歩?

2015年9月から始めたピアノ初心者(♂)です。大人がゼロからピアノを始めた記録です。レッスンに通っています。
2019/01/21(月)
持ち歩く音楽は、古くはカセットテープのウォークマン、その後はCDやMD、メモリ式携帯プレイヤーやスマホアプリに移り変わっていきました。
通勤電車でもイヤホンしてる人がわりといますし、移動しながら音楽を聞いている人は多いのでしょうね。

私はどうも合わなくて、持っていたけど使いませんでした。周りの音が聞こえないと怖いですし。


その代わり、子供の頃から頭の中で音楽を鳴らすクセがあり、これだと学校の授業中だろうが仕事中だろうが、どこでも聞けます!
名案(迷案!?)ですよね?(^^;
脳内再生はちゃんとイントロから始まって、まるまる一曲再生されますし、途中から始めることも可能です。
音色や響きもリアルに再生されるので、それを聞いて浸ったりとか。
気分を変えてリズムパートや伴奏に注目して再生すると、ちゃんと聞き取れるのですよね。
いったい、何曲入っているのか… CDが何十枚分かはありそうです。
音楽好きな人は、私と同じようなことをやっていると想像します!



ところで、ピアノを始めて3年半ほど経ち、気が付いたことがあります。
脳内プレイヤーの性能がずいぶん上がっているようです。
耳ではなく、記憶から脳内で再生して、それを頭の中だけで聴くのには変わりありませんが、音色や各パートの鮮明さがアップしておりました。
臨場感も以前よりずっと高いです! 雰囲気とかすごく感じられます。感動する音楽なら脳内再生で泣けますよ!
もはや耳で聴く必要がないのでは…w


もう一つ不思議なのは、ピアノを始めるずっと前、ずいぶん昔に聞いたっきりのCDなんかを脳内で再生してみても、聞こえ方が断然違うのです。
昔は意識して聞いていなかった音が、過去の記憶だけから聴き直せるということなのですね。
脳内の耳の進化!?


ピアノ講師やピアニストのブログを読んでいると、今出した音を聞きつつ、次に鳴らす音を先取りして頭の中で鳴らしながら弾くのが重要だと言われています。
それって、今出した音も聞きながら、次に出す音を先に頭の中で作りながら弾くということなのでしょうね。
暗譜できていないとなかなか難しいですが、それに近いやり方になっている気がします…
ただし、指の記憶のみで弾いてしまっている箇所は、単に流れや勢いで弾いてしまっているかも(^^;


演奏は、耳から入る音と、これから弾こうとする少し先の箇所の、仮想の音とを並列処理しながら、次の音を作りだすという行為と言えるのでしょう。
そんな行為の繰り返しが、脳内の音響系の神経回路を太くするのかもしれません。

そんなわけで、もともと曲の脳内ストックは大量にあったのですが、ピアノを学習し始めたら、音の記憶を頭の中で鳴らす・聞く機能が進化したということに気が付いたのでした。

この記事へのコメント
脳内プレイヤーの進化までは私には無い現象ですが
確かにピアノ始めると音楽聴いててメインじゃない細かい音をよく聞くようになったのはありますね~

色々音に関して脳が進化してるでしょうね!
2019/01/22(火) 10:42 | URL | びこ #-[ 編集]
> 確かにピアノ始めると音楽聴いててメインじゃない細かい音をよく聞くようになったのはありますね~

たしかに、実際の音の聞き取り力は、上がっているのを自覚しますよね。
以前に聞いた音楽も、聞こえ方が上がっているから面白いです(^^


> 色々音に関して脳が進化してるでしょうね!

運動神経は指回りで目に見えて分かり易いですが、聴覚関連は変化が分かり難いのですよね。
脳は学習方法がよければ数時間で新しい神経回路を作り始めるそうなので、ピアノ歴も年単位で経過すると、気が付かなくてもだいぶ大きな変化になっている可能性がありますね。

2019/01/22(火) 13:54 | URL | けもネコ #mQop/nM.[ 編集]
興味深いお話ですね!


僕自身は、

劣化の一途を辿ってる気がします。


>今出した音を聞きつつ、次に鳴らす音を先取りして頭の中で鳴らしながら弾くのが重要だと言われています。

この部分はまさに欲しいトコですね。

そしてこれを、

音楽理論ではなく、

感覚・・

でやれるようになりたいです。笑


難しいでしょうね。笑



2019/01/25(金) 14:14 | URL | ラプコーリニコプ! #-[ 編集]
> >今出した音を聞きつつ、次に鳴らす音を先取りして頭の中で鳴らしながら弾くのが重要だと言われています。
>
> この部分はまさに欲しいトコですね。

ある程度はみんなやっていると思うんですよね。
練習で、あえて1拍2秒くらいの超スローで暗譜で弾こうとすると、頭の中ではそうなっているような気がします。


> そしてこれを、
>
> 音楽理論ではなく、
>
> 感覚・・
>
> でやれるようになりたいです。笑

ピアニストは左右の音を別々に聞いているし、連弾だと4手分を聞き分けているそうですし、指揮者はオーケストラの全パートを聞き分けているそうなので、音楽家の耳ははんぱないなーと思います。
少しでも近づいていきたいところですね(^^

2019/01/26(土) 08:51 | URL | けもネコ #mQop/nM.[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2019/02/18(月) 13:35 | | #[ 編集]
鍵さんほどの演奏力とキャリアをお持ちでも、緊張の問題がつきまとうのですね。
次に出す音は無意識に予想しているのでしょうし、それとは別に意識的にやらないといけない部分もあるような気がします。
演奏中に脳内で歌うのは、その応援の一つの方法でしょうか。
「次に出す音を鍵盤上で準備する」とか「鍵盤を触ってから弾く」なんて技は、運動記憶だけでは不安定ですものね。
2019/02/19(火) 11:13 | URL | けもネコ #mQop/nM.[ 編集]
URL:
コメント:
Pass:
秘密:
 

 | Copyright © 大人のねこふんじゃった All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ