大人のねこふんじゃった2019年10月

2015年9月から始めたピアノ初心者(♂)です。大人がゼロからピアノを始めた記録です。レッスンに通っています。
2019/10/27(日)
ピアニストの脳を科学する: 超絶技巧のメカニズム によると、
現代のピアノでは必須とされる「脱力」という弾き方は、力を抜くというよりは、必要のない力を使わない・無駄のない効率の良い力の使い方をする、「省エネ」な奏法と分析されています。



読譜の「省エネ」

暗譜の「省エネ」

もありそうですよ。



読譜の「省エネ」は、音楽教育の論文によると、楽譜からリアルタイムかつ瞬時に・暗黙的に音楽を読み解く力らしいです。
音符を1つ1つ読むのが早いという単純なものではないようです。ピアノでは、それではスピードが追いつかないとも。
楽譜が頭の中で音になるし、次の音を読まなくても分かってしまう、裏づけのある予測力。
和音も1つ1つをそもそも最初から読んでないとか、楽譜の間違いも自動的に修正できてしまうとか。
そこに達するには、作曲理論とソルフェージュの両方がちゃんと関連し合って高度に身についた結果だそうで、おそらくピアニストはみんなそうなのでしょうか。音大生でもそのレベルにあるそうですし。
音楽教育実践ジャーナルより、読譜のメカニズム
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjomep/7/1/7_124/_article/-char/ja/




暗譜の「省エネ」はこちらのページの後半に出てきます。
暗譜のすすめ
https://mahoroba.logical-arts.jp/archives/3226


ようは丸暗記のような効率の悪い覚え方ではなく、少ない労力で曲を記憶に留めるやり方のようです。

おそらく私のやり方はこっちに近いですね。そして、私に合っているやり方なのでしょう。
読んでいてけっこう一致していて驚きました!
だれもがこの方法が合うとは言えないとは思いますけども。

とはいえ、いつも最初から暗譜を目指してはいませんよ!
読譜しながら弾くのは忙しいですが、楽に弾けるように繰り返しているうちに、曲の構造やコード進行的なものが感覚的につかめてきて、法則やストーリー・前後のつながり・テンションの流れが自分なりに決まってきます。
そうなってくると、読譜演奏も暗譜演奏「も」大丈夫になってきて、演奏に余裕が出てくるし、たまに弾いていれば忘れなくなりますし、維持できる曲数も多くなります。



3つの「省エネ」を挙げましたけど、それは「効率化」とも言えるでしょうか。

最初の2つは、もちろん、私は到達していませんけど…
年単位の時間、又は一生かけて身に付けて向上を目指していくものだったりするのでしょうね。

その仕組みを知っておくことで、コツや正しいやり方を見出していける可能性はあると思うのですよね。
最初に紹介した本も、2番目の論文も、そのような観点で書かれているように思いました。

コツを知って上達しようという発想は、この有名な本でも一緒ですね。

 | Copyright © 大人のねこふんじゃった All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ