大人のねこふんじゃった2019年04月

2015年9月から始めたピアノ初心者(♂)です。大人がゼロからピアノを始めた記録です。レッスンに通っています。
2019/04/29(月)
しばらく前にテレビで見た、天才子供ドラマー(確か9歳くらいの女の子)の演奏で、演奏直後の仕草に注目しました。
耳元で何かやる仕草から、カメラには映っていませんが耳栓を外したのだと分かりました。
天才というのは本人の資質と努力、それを発揮させる環境の全てに恵まれていることが必要と思いますが、耳の保護の重要性をアドバイスする知見のある大人が身近にいるということが、素晴らしいなと思ったのでした。

最近ではロックバンドが、子供の入場者にイヤーマフの携帯の確認と、会場での貸し出しをしていて話題になっていました。
ライブでの子供の耳を保護を!アジカンが「子供向けにイヤーマフを貸し出し」
https://otakei.otakuma.net/archives/2018072002.html


先日、和太鼓のライブに行く機会があり、念のため音楽用耳栓を持っていったのですが、正解でした。
もっと強力なタイプでもよかったかなー

※このCrescendoシリーズは、楽器奏者用にも様々な種類があります。ドラム奏者用、ボーカル用など。

音は耳穴から入るだけではなく、頭蓋骨などから骨伝導で聞こえてくるので、まったく問題なかったです。マイク無しのアナウンスまでちゃんと聞き取れますし。
手元のプリントがビリビリ振動するほどの空気振動で、太鼓の音は全身で感じるものだと思いました。
耳栓無しで参加した人は、「音量がすごかった」と言っていましたので、耳が心配になります。


難聴マジヤバイ。「自分だけは大丈夫」なんてことはない。傾向と対策。
https://basement-times.com/post-14221/


大人も耳の保護には気をつけた方がいいと思います!

意外な盲点としては、アルコールが入った状態だと耳の保護能力が落ちるらしいので、お酒を飲みながらライブ鑑賞という定番のパターンは要注意ですね。
アルコールは筋肉や神経の働きを鈍らせますので、鼓膜から内耳へ音を伝える耳小骨の、アブミ骨筋反射という人体の保護能力を妨げるのかな?という予想です。

飛行機や電車のアナウンスもはっきり言って難聴レベル(80dB越)なので、これもやばいですよ。
ANC(アクティブノイズキャンセル)機能がよく効くイヤホンやヘッドホン着用がおすすめです。

これは6500円くらいのBluetoothイヤホンですが、乗り物の騒音にはこれがとてもよかったです。
もっと高いSonyのイヤホンも持っていますが、ノイズキャンセリングの効き目はこれが抜群に効きます。



デジタル耳栓も同じくらいは効きますねー
上のBluetoothイヤホンの方が安いですけど、あちらは連続使用時間が9時間(音楽+ノイズキャンセリング)、デジタル耳栓は50時間(ノイズキャンセリングのみ)なので。


2019/04/10(水)
ピアノ愛好家は、

・暗譜が得意で、読譜演奏は苦手

・読譜演奏が得意で、暗譜は苦手

の2通りに大きく分かれるようですね。


私はどちらもできる派を目指していますが、暗譜向きだと思います(音感・ドレミ暗譜)

読譜演奏するには、鍵盤を見ないで弾くブラインドタッチが前提なのですよね。
長く弾いている曲は、鍵盤感覚が身に付いてきて、鍵盤をチラ見程度で弾けるようになるので、ほぼ楽譜を見ながら弾けるようにはなります。

弾けるようになってから楽譜を見るのは、順番が違いますよね(^^;

というわけで新しい曲で、あえて「曲を覚えない」ようにして、目で見た楽譜の情報にほぼ頼って弾くことを目指してみました。
目は楽譜と鍵盤を行ったり来たりしますが、あえて暗譜はしていないので、楽譜無しでは弾けない状態です。
なんか弾いててすごく忙しい…
これは「楽譜にかじりつき弾き」なのかな。
読譜派の人は、いつもこんな感覚で弾いているのでしょうか??

そして先生には「もっと弾きこみましょう」と言われました(^^;
私にとっては、弾きこみ→片手ずつの暗譜 になっていくのですよね。

というわけで、覚えずに読譜で弾けても、演奏のクオリティを上げるためには、体で・又は頭で覚える必要があるということなのでした! (もしかして、とても当たり前の結論なのかも…)


先日の弾き合い会では、暗譜でも弾けていそうな曲を、2曲とも楽譜を見ながら弾いてみました。
これはうまくいって、曲本来のスピードでは、楽譜3~4割、暗譜6~7割くらいの脳の使い方という感じです。

 | Copyright © 大人のねこふんじゃった All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ