大人のねこふんじゃった

2015年9月から始めたピアノ初心者(♂)です。大人がゼロからピアノを始めた記録です。レッスンに通っています。
2019/12/03(火)
ピアノを始めてすぐに、キャサリン・ロリンの楽譜に出会いました。
この2つの楽譜はほぼフルにペダルを使うので、響きを楽しめますし、踏み代えの技術も磨けます。
指ではつなげられないフレーズも、ペダルで保持したまま瞬間移動すればいいとか、
バスの変化で踏み代えるとか、基本が身に付けられる内容ですよね(^^




その後、ペダル指示のない曲にペダルを付けようとする時に、役に立ったと思います。


しかしその調子でやってきても、難しい曲・カッコいい曲になってくると、うまくいかなくなってきました。
曲調や音響的に、ペダルを必要としているんだけど、アコピではうるさくなったり、猛烈に濁ったり…
今までの知識が通用しなくなってきます。
当然、レッスンでは先生から直されますよ (#´Д`#)



どうやらクラシックでも、曲が進むと同じジレンマに陥るそうなのですね。

ピアノのペダルが濁る きれいに踏む方法 から
https://ishigouoka.net/2018/07/5573.html

> ずっと弾きたかった、ショパンの幻想即興曲。
> でも、ペダルを踏むと、どうも音が濁ってしまう。
> 楽譜の、指示どうりに踏んでいるのだけれど、細かく踏んだり、踏む場所をずらしたりすると今度は音が切れてしまう。

まさに同じ現象!
(゜_゜)


> ペダルを踏み始めた初中級くらいのときは、「ドミソ」「ドファラ」と和音が変わったらふみ変えれば
> 大体うまくいきました。

キャサリン・ロリンの曲集はほぼそれですね。
ゆっくり系のポピュラーもそれでいけます。


> でも、幻想即興曲のような、中将級の曲になると、そんなに単純ではありません。
> 和音は変わらなくても、メロディに、和音の構成音以外がたくさん入っていると
> ペダルを踏みっぱなしでは音が濁ります。
> だからって、頻繁にペダルを踏み変えたら、ベースの音が切れたり、響きが悪くなってしまいます。

そうそう、それなんですよ。
クラシックもそうなんですね~


> 1小節ずつ、丁寧にペダルの踏み変えを考えなくては。
> ある時は1小節に1回深く。
> ある時は、ほぼ1拍ずつ。
> ある時は、途中にペダルがないところを作って。

> 結構大変です。
> でも、音の濁りに気づいて工夫を繰り返す、注意力、熱意があれば大丈夫です。

細かく・細か~く、緻密に曲を創り上げていくしかないのですね。

自分の耳と知識で限界な箇所は、先生を利用して… (゚ε゚*)



最近やった曲では、こんな苦労がありました。どれも原曲版なので、ペダルも指番号も自分で考えないとならないから、なかなか難しかったですよ。

●Summer
 盛り上がる箇所はレガートペダル(ここはだれでもそうすると思う)
 中間ではリズムペダル(先生は入れないらしい。ここは私の好みで入れたけど、一拍ごとで忙しい)
 遠近感の箇所でソフトペダル(レッスンが終わってから、思いついて、独自にやり始めた)
 弾いてて楽しい曲だけど、和音が厚いのでキレイに聞こえるようにするには、ペダルが忙しいですね。
 先生は、スタッカートな箇所にも極・僅かなペダルを使うみたいだけど、それは難しくてマネできませんでした(・o・)
 しかし、いずれやらされそうな予感!

●めぐり逢い
 グランドで初めて弾いたら、あれ?すごく濁る?という感じで、3小節目くらいで先生から止められましたよ(@_@;)
 和音やコードが一緒でも、踏み代えポイントを増やさないとだめでした。
 踏み代えてもベース音は引っ張りたいので、高音側だけ消して低音はつなげる、こそぎペダル(と私は呼んでいるけど、正確には何というのかな?)を密かに練習中です。

●午後の旅立ち
 曲は早くないけど、すぐ濁ります。一小節目でアウトですよ。
 ハーフ~浅めのペダルで対処。
 曲のテンションの変化とペダルの深さが関係していそうなことに、なんとなく気がついてきました。


幻想即興曲が弾けるようになるとは思えないのですが、美しく弾くためのエッセンスはすごく参考になるなーと思ったのでした。
弾きながら、とにかく敏感によく聴かないとならないので、耳も鍛えられそうです。

2019/10/27(日)
ピアニストの脳を科学する: 超絶技巧のメカニズム によると、
現代のピアノでは必須とされる「脱力」という弾き方は、力を抜くというよりは、必要のない力を使わない・無駄のない効率の良い力の使い方をする、「省エネ」な奏法と分析されています。



読譜の「省エネ」

暗譜の「省エネ」

もありそうですよ。



読譜の「省エネ」は、音楽教育の論文によると、楽譜からリアルタイムかつ瞬時に・暗黙的に音楽を読み解く力らしいです。
音符を1つ1つ読むのが早いという単純なものではないようです。ピアノでは、それではスピードが追いつかないとも。
楽譜が頭の中で音になるし、次の音を読まなくても分かってしまう、裏づけのある予測力。
和音も1つ1つをそもそも最初から読んでないとか、楽譜の間違いも自動的に修正できてしまうとか。
そこに達するには、作曲理論とソルフェージュの両方がちゃんと関連し合って高度に身についた結果だそうで、おそらくピアニストはみんなそうなのでしょうか。音大生でもそのレベルにあるそうですし。
音楽教育実践ジャーナルより、読譜のメカニズム
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjomep/7/1/7_124/_article/-char/ja/




暗譜の「省エネ」はこちらのページの後半に出てきます。
暗譜のすすめ
https://mahoroba.logical-arts.jp/archives/3226


ようは丸暗記のような効率の悪い覚え方ではなく、少ない労力で曲を記憶に留めるやり方のようです。

おそらく私のやり方はこっちに近いですね。そして、私に合っているやり方なのでしょう。
読んでいてけっこう一致していて驚きました!
だれもがこの方法が合うとは言えないとは思いますけども。

とはいえ、いつも最初から暗譜を目指してはいませんよ!
読譜しながら弾くのは忙しいですが、楽に弾けるように繰り返しているうちに、曲の構造やコード進行的なものが感覚的につかめてきて、法則やストーリー・前後のつながり・テンションの流れが自分なりに決まってきます。
そうなってくると、読譜演奏も暗譜演奏「も」大丈夫になってきて、演奏に余裕が出てくるし、たまに弾いていれば忘れなくなりますし、維持できる曲数も多くなります。



3つの「省エネ」を挙げましたけど、それは「効率化」とも言えるでしょうか。

最初の2つは、もちろん、私は到達していませんけど…
年単位の時間、又は一生かけて身に付けて向上を目指していくものだったりするのでしょうね。

その仕組みを知っておくことで、コツや正しいやり方を見出していける可能性はあると思うのですよね。
最初に紹介した本も、2番目の論文も、そのような観点で書かれているように思いました。

コツを知って上達しようという発想は、この有名な本でも一緒ですね。

2019/09/30(月)
塗り絵をやってみましたよ。2時間くらいで完成。
まだ一作目で慣れないので、荒削りな感じがあります。
190930nurie4.jpg


突然、うちの奥さんがクーピー60色セットを衝動買いしたものの、全く使う気配がないので、私が使うことにしました(^^;
大人の塗り絵という本を買ってきて、塗ってみたのです。
190930coupy.jpg


写実的な見本があるのでそれを参考に、枠線だけの下絵に色を重ねていきます。
やってみるとだんだんと熱中してきて、一生懸命になってしまいます。いつも使わない脳の領域が刺激される感じがして、いいですね。
60色ではちょっと色が足りない感じがするので重ね塗りを多用しますが、200色くらいの色鉛筆の方がいいかもしれませんね。
クーピーは消しゴムで消せるようで、ハイライトは後で付けれるのですが、気がつかなかったので、白残しの手法で描きました。
小学生の時に使って以来ですよ。






ふと思ったのですが、塗り絵とピアノ演奏って、なんだか共通に感じるものがあります。
白い元絵に色を重ねていって、完成させるわけですが、楽譜って最低限の情報しかなくて、この塗り絵の原画みたいなものですよね。
190930genga.jpg

枠線だけの原画に技術と感性と想像力を尽くして、世界感や生命感を与えるのが塗り絵を描く作業とするなら、
楽譜の音符情報から、さまざまな物を読み取って、技術と知識を尽くして感情や世界感を創り上げるのがピアノ演奏なのですよね。
過程が似てますよね。

下地にベースになる色を薄く塗ったり、本来と違う色を重ねて深みを出したりする作業は、
バスラインや、本来は不協和音なはずの音が作用してカッコよく響くコードなんかを連想しますし。

みなさんも、芸術の秋に塗り絵なんて、いかがですか?(^^

2019/09/14(土)
9月でピアノをゼロから始めて、ちょうど4年経ちました。レッスン歴も4年。
あっという間に4年ですよ! (・∀・;)

ゼロからピアノを始めた人の悩みと成長の記録として、後世に役立つように、書き残せればと思います。
進歩しているのかどうかはよく分からないので、この1年間でレッスンした曲の、お悩みポイントと習得(したかもしれない)ポイントを、曲別に挙げてみました。

 ゼロから1年目までのまとめはこちら
 1年目から2年目までのまとめはこちら
 2年目から3年目までのまとめはこちら


・エリーゼのために

 定番中の定番ですが、本格的にレッスンしていただきました。原曲ですよ!
 この曲がいつでもスラスラ弾ける状態でいると、役に立ちますね(^^

 お悩みポイント 中間の入り口の和音と高速スケールとターン。全体的に何をどう表現したいのかを問われた(それはどの曲もですが)
 習得ポイント  左右のつなぎ、自分なりの解釈で濃い目の表現(になったような気が)


・鳥を夢見て

 リチャードクレイダーマンらしい、ロマンティックな曲です。
 黒鍵が多いし中盤からずっとオクターブだしで、弾けるか怪しかったですが、むしろ弾きやすい曲です。

 お悩みポイント 10度のアルペジオの処理と6/8拍子。クレイダーマンは普通の曲では使わないような高音部をメロディに使いますが、そこでのオクターブ&フォルテッシモはなかなか難しいです。

 習得ポイント オクターブ奏、ひんぱんな転調の表現。空手チョップ奏法?? 楽譜を見ながら弾ける曲になった。


・Lylic nocturne

 久しぶりにキャサリン・ロリンの曲をやってみました。
 「ピアノの叙情詩」の続きですが、英語版の楽譜しかなくて輸入しました。難易度も少しだけ高いかな?

 お悩みポイント 右手ターンと、左手がずっと跳躍和音なところかな。

 習得ポイント  曲の組み立て方かな? クラシックっぽい雰囲気。和音を瞬間でとる所とか。楽譜を見ながら弾ける曲になった。


・白い恋人

 古い映画の曲です。'80年代に流行した曲ですね~
 けっこう手こずりました… 音符が少なくても構成が複雑で難しい曲です。素敵に聞こえるポピュラー曲はだいたい和音が凝ってて、どれもそうですよね。

 お悩みポイント 運指と凝った和音かな? 暗譜派の私でもこの曲は楽譜が無いと弾けません。片手で連打&レガートは困難でしたが先生のアドバイスでなんとかなりました。

 習得ポイント  歌いすぎ注意(?)、前半のターンは誉められた(昔に聞いた耳コピ記憶の再現なのですが)、両手アルペジオとか。


・Summer

 久石譲 本人作曲バージョンです。ENCOREという楽譜から原曲そのままで。
 ツェルニー30番前半程度ということですが、いろんなテクニック満載でたいへんです。極めがいがありますね!

 お悩みポイント ノンペダルの明るいマルカートとか、4和音のメロディとか、片手で連打とレガートを同時に弾くとか、遠い跳躍伴奏が続く箇所とか…

 習得ポイント  高速ポジション移動必須! あとは両手と指同士の独立が高まる曲だった気がします。暗譜するまでは時間かかっていますけど、維持は楽な方です。
 ENCOREの他の曲もやりたいな~。
 ピアニスティックで叙情的。でも聴き栄えのする本人バージョンの曲集、この楽譜に到達できたらピアノ人生は満足だろうなと、以前から思っていました。久石譲が好きな人にはおすすめです!
 


・めぐりあい

 現在、レッスン中です。
 アンドレギャニオンの有名曲で、CMやドラマで使われたようですし、BGMでもよく聞きます。楽譜は中級となっています。
 ゆっくり系だし、激しい跳躍も高速な箇所もないですが、先生が弾いてみたら、今まで私が持ってきた曲で一番難しいそうです!
 左手の範囲が広いのと、音が少なくても和音の響きが複雑な点なのかな。ペダリングも繊細…
 弾きこなせるのかしら… ( ´Д`)

2019/08/30(金)
昨年も参加した「小樽 路上100人ピアノ」ですが、今年は4会場同時開催で、参加人数も160人くらいに増えたみたいです。
事前に曲と希望会場をエントリーしておき、抽選に当たったら演奏プログラムに組み込まれます。
小さな子供・初心者から上級者まで自由に参加可能です。

なんかパンフレットが豪華でカッコよくなっている気がするし、内容も進化しているような…
YouTuberの「よみぃ」さんをゲストに招き、太鼓や大学のジャズ研究会や、中学・高校のブラスバンドチームも招かれて演奏していました。
190830jam1.jpg


小樽ジャーナルのYouTubeから



JR小樽駅前会場の様子
通常列車の終点ですし旅行者も多いので、観客は常に多かったです。
190830otarueki.jpg


サンモール会場の様子
メイン会場だけあって、常に人がいっぱいです。
スピーカでピアノの音を拾っているので、よく聞こえますが、反響の時間差が少し気になるかな?
190830sunmale.jpg


旧手宮線色内駅跡会場の様子
こちらは住宅街の中なので、観客は多くなかったです。
スピーカーでピアノの音を拾っているので、よく聞こえました。
190830ironai.jpg

どれもアップライトピアノですが音はよかったですよ(^^


天狗山山頂会場は、バスやロープウェーで行かないとならないので、行ってません。
ここだけはグランドピアノだったみたいですね。


参加費はかからず、むしろ報酬(商店街の500円券)がもらえます。
190830ken.jpg


私の演奏はミスタッチ連発ですが、かまわず弾ききりました( ´Д`)
今年も緊張して、終わったらどっと疲れましたよ…
ピアノ仲間によると、夕方のニュースで私の演奏も数秒間、映っていたそうです (*ノ▽ノ)
知人によると昨年もテレビに映ってたとか。
いつも有名なポピュラー曲を選曲しているからかな?

ちなみに翌日はピアノサークルでしたが、懲りずに参加して、こちらは心も体も(?)脱力して弾けましたw

2019/08/21(水)
お盆休み中に、道の駅でピアノを弾いてきましたよ。
札幌からはるばる120km!
占冠(しむかっぷ)村の道の駅には常設のピアノがあるそうなのです。

190821simu.jpg


ヤマハのアップライトピアノでした。
しかし、だれも弾かないですね(飾りと思ってしまいますよね)
観光バスが何台も来てて人が多いですし、ピアノのすぐそばは子供の遊具と休憩スペースで、人が近いです(^^;

が、しかし!
これも本番のための練習なのだと自分にいい聞かせて、何曲か弾いてきましたよ。
ピアノは響きがいいですね~
一曲目にいつものラピュタ、二曲目にサマーを弾きました。ミスは分からないように誤魔化します!
知らない人たちが拍手してくれています。みなさんお優しいですね。ありがとうございます!
恥ずかしいので、そそくさと昼食にします・・・

190821piano.jpg

昼食後に、人が少なくなった頃を見計らって、
またサマーと(練習なので・・・)、愛のテーマと、渚のアデリーヌを弾きました。
完全に自分の世界で情感を多目で弾いてました(いつもか?)
そばでじっと聞き入ってくれる方がおりました。
終わったら離れた所から拍手も聞こえてきました。楽しんでもらえてたら光栄です!


おみやげ屋さんでこんなクリアファイルや缶バッジやらを買って帰りました。
占冠のゆるキャラみたいですね。猫っぽい…

190821cappi.jpg


良いピアノだったので、練習して、また弾きに行きたいですね~

2019/08/01(木)
品川駅に設置されていたストリートピアノの続きみたいです。

通勤経路上だったので、何度か見に行きました。
騒音に弱い私としては、雑踏や電車の音の中でピアノを聴くために、ノイズキャンセリングイヤホンを付けたまま鑑賞しました。
少しピアノの音は小さくなりますが、聴き易くなるし耳にも優しい裏技です!

最初は札幌駅の北口寄りでした。高架駅の真下なので上を通る電車の音でうるさいし、アナウンスのスピーカの近くなので、あまり環境がよくなかったです…
2日間ほど見に行きましたが、ギャラリーは20~30人以下だったかな?
190801sp1.jpg

小さい子がペコっとおじぎをしてから弾くのが微笑ましかったです。
だれが弾いても、みんなちゃんと拍手してくれますし、優しいですね。

学校帰りの高校生男子の演奏、ファジル・サイのジャズ版トルコ行進曲とかカッコよかったですねー
千本桜は定番でしょうか? 速くて音が多くて華やかな曲は、雑踏の中でも映えますものね。


最後の2日間は、南口寄りで広場のど真ん中ですよ! (@_@;)
電車の音に邪魔されずによく聞こえますけど、すごいギャラリーの人数!
ざっと100~150人はいましたかね。
アップライトピアノでも、背面を壁に付けないでオープンにすると、すごく大きな音になるんですね。
190801sp2.jpg

7歳くらいの子供3人が、イス一個で6手?連弾をしていました。
音楽性が高くてびっくり!
親、又は先生が満を持して送り出してきたんだろうなーと思いました。

外人女性がリストの愛の夢3番を弾いていました。
後半に乱れてきてハラハラしましたが最後まで弾ききれてよかったですね。

プロっぽい人が弾いてるなーと思ったら、本当にピアニストでした。
感想や動画が載っていますよ。
https://sanoshimon.com/sapporo-station-piano-love-piano-opinion/


3日間で合計4時間くらい見ていましたが、みんな上手いなー・ほとんど暗譜・若い人が多い・完走率高い・聞き映えのする選曲が多い、と思いました。
生演奏はいいですね~ 鑑賞しているだけで、いろいろ勉強になります。
人前演奏は、「聞いている人を楽しませてなんぼ」ということが大事なのかなと思いました。


あ、私は弾きませんでしたよ。
ε=εε=ε=εε=ヽ( ;´Д`)ノ

 | Copyright © 大人のねこふんじゃった All rights reserved. |  Next

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ