大人のねこふんじゃった

2015年9月から始めたピアノ初心者(♂)です。大人がゼロからピアノを始めた記録です。レッスンに通っています。
2018/12/22(土)
20~30人位の集まりでピアノを披露する機会が、今月に2回ほど、ありました。
弾くのは私だけで、聞く方は楽器をやらない一般の人です。(;゚Д゚)
持ち時間は5~6分なので、2曲の組み合わせがいいかな?
頼まれたからには、なるべく楽しんでもらえる選曲と、心地よく・分かり易い表現、綿密な準備と練習を… ということで、一週間位前から真剣に取り組みましたよ。
慣れた曲だけと、片手ずつ注意深く弾いて、磨き直しをしました。


2曲やる場合、曲調が違う組み合わせにしたいので、
「渚のアデリーヌ」「ラピュタ オープニング(空から降ってきた少女)」「エリーゼのために」から2曲を組み合わせて弾きました。
①悲しげだけど美しい曲 ②暖かく癒される曲 という流れが、感情の変化が大きくて好きなので(^^;
しかしどれも有名な名曲なので、ミスすると目立つんですよね ( ´Д`)


アマチュアやプロを含めた、さまざまな演奏家が、「人の心に届くような演奏」を最も大事にするようになった時に、それからの演奏がガラリと変わり、キャリアに大きな変化があったという話をいくつも読んだことがあります。
「ピアコツ」の最後の方にも、「エリーゼのために」で人の演奏を変えたエピソードがあり、そのお話にも心打たれました。
きっと、それが音楽するための極意の一つなのかなと。
その考えは常に大事にしていますし、ピアノを始めた当初からずっと持ち続けています。
始めは自分の音で自分が楽しむために、だったのでしたが。


緊張を克服するために、聞いている人たちがいない物と思って弾くとか、カボチャと思って弾くと聞いたことがあります。
私はそれとは真逆に、想いは聞いてくれる人にしっかり向き合って弾きました。(体は横向きですが)
歌うように、語りかけるように…
顔芸はしません(できません)が、曲の心象風景に応じて自分の感情は変化させます。
しかしやりすぎないように、冷静さもどこかに持ちつつ…
もちろん、それでも緊張しますけどね。


結果、ものすごく喜んでもらえてびっくり!(゚Д゚)
「感動した!」などいろんな感想をもらえました。
大半は私のピアノキャリアを知らない人ばかりなので、「初級者にしてはいいんじゃない?」的なものではなかったのかなと。
ピアノ歴を知っている人も、「去年とはぜんぜん違う」と言っておられました。
実力はあまり変わっていないと思うのですけどね。何箇所かミスしてるし(;´∀`)
とにかく、楽しんでもらえることが最大の目的でしたから、それは達成できてよかったかなと。
私の本番をあまり見たことがない、うちの奥さんも涙ぐんでいたそうで(なぜに?)


同じ様な手ごたえがあったのは、昨年、コンクールを受けた時でした。
その時は他人と競う場だとか、審査の点数とか、そんなことは全く考えず、私が曲から感じた感動を音で現し、審査員の方に伝えて一緒に楽しんでもらいたいという想いで弾いていました。


音楽をするために大切なものは何なのかということを、忘れないようにしたいなと思うのでした。

2018/12/10(月)
ブログ村でいつもお見かけする先生と門下生のコンサートです。
2年前に、ピアノ仲間からチケットをもらって参加しました。
今年はだれにも誘われていませんが、自発的に行ってきましたよ。

181210piano.jpg

出演者のうち5名は東京在住なのですね~

難易度の高い曲が多かったです。
私のレベルで判断できることではありませんが、みなさんレベルが高く、中身の濃い・深い演奏だったように思います。聞きごたえがありますね。

少ないですが毎回、災害募金もさせていただいております!

毎回出演するピアニストの 園 修一さんも、影ながら応援しております(^^

2018/12/05(水)
録り溜めていた「題名のない音楽会」を観ていたのですが、全国から選ばれたアマチュアの音楽家がオーケストラと共演するという企画がありました。
地区予選と本番の2回に分けての放映です。

審査の基準は、上手なだけではなく、熱いものを感じるかどうかという点が、重要視されたそうです。
演奏が激しいというのではなく、静かな曲であっても、演奏者に熱いハートを感じるという…
そういう、心に届く音楽は私も好きですね~ いつもそんな演奏を目指していますし、よく聞く YouTube はそんな演奏を選んでしまいます。


北海道からは楽器の人は落ちて、小学生の声楽の少年が本選に出ていました。
変声期前のボーイソプラノと、邪念の無いまっすぐな表現が、審査員のハートをつかんだそうです。


ちなみに楽器は様々で、「草笛」という人もいてその表現の高さには驚きましたよ(;゚Д゚)

私が一番、心惹かれたのは、車椅子のサックス奏者と、オカリナの方ですかね。
審査員のプロのサックス奏者の方がうなっており、『楽器なのに、これはもはや「歌」』と絶賛しておりました。

オカリナの方が吹いた曲は、自分の代表曲なのだとおっしゃっていました。
毎日、練習の最初に必ず演奏するそうです。


自分の代表曲というのは何だろう…
愛着のある特別なレパートリーとも言えるでしょうし、徹底的に磨き上げられて、魂の入った演奏ができるレベルに達した曲 なのかもしれません。
いつでもどこでも人前演奏の準備ができている状態とも言えるかもしれませんね。

私も、気に入った曲は常にレパートリーとして持っているのですが、一定レベルで満足するのではなく、特別なレパートリー曲は、どこまでも磨き続けていこうかなと思うのでした。


みなさんは、自分の代表曲を持っていますか?

2018/11/20(火)
市内のお店に、だれでも弾けるピアノが設置されたので、ピアノ仲間と弾いてきました。

コープさっぽろが「ソシア店」改装、誰でも弾けるピアノ設置
https://hre-net.com/keizai/ryutu/33248/


ヤマハのC5グランドピアノみたいです。キズも見当たらないので、新品かな~?
開けた場所のせいか反響音が少なめです。明るい音で、まろやかに鳴ります。
鍵盤は少し軽め(浅め?)に思いました。子供でも弾きやすいように調整したのか、C5の特性なのかでしょうね。

181119coop.jpg



演奏に使って… とはなっていますが、幼児がでたらめに遊んでいることが多かったです(^^;
見てたら、ほぼ小学生の子と幼児しか、弾きに(叩きに?)来なかったですね。
片手でカエルの歌を弾く子とか、短いクリスマスソングを弾く子もいました(微笑ましい)
おそらく4~5歳位の女の子が、チューリップのラインダンスをがんばって弾いていたのは驚きです。(閻魔帳レベル11ですよ)

181119coop2.jpg



ここは食料品と本屋さんの間のスペースにあるので、多くのお客さんが出入りします。
ですが通路はピアノの後ろと横なので、あまり視界には入ってこないです。
最初は緊張しましたが、なんとか慣れました(^^;

渚のアデリーヌを弾いたら、「この子が聴きたいというので、もう1回弾いて下さい」と、小学生の女の子を連れた母親から頼まれて、アンコールを弾きました。2回目の方が緊張してミスしました(^^;
世代はぜんぜん違うはずなのですが、曲が気に入ったのかな?
女の子の心に響いたのならよかったのですが…
他にもこの曲で何人かの人から声をかけられたので、知っている曲が出てくるとうれしいのでしょうね。いい反応があると弾きがいがあります。

順番に弾いて休憩しながら、私の分で9曲くらい弾いたでしょうか。
一緒に行ったお二人はベテランですから、Aさんは拍手をもらってましたし、Mさんの演奏も2階から乗りだして聞いてる(リズムをとっている)方がおりました。
ピアノを独占しないように一巡で弾いたら、横の休憩スペースに座って、他に弾く人がいないか待ってからまた弾いていました。


帰り際には、高齢の方がピアノのすぐそばに寄ってきて、弾いている最中に話しかけられてきましたけど、なんとか対応しました (演奏しながらの会話は難易度高い…)
「もっと弾いてちょうだい」というので、それならばと、渾身の演奏を3人で交互にやって、「また来て弾いてね~」と、お声がけをいただいて帰ってきましたよ。
私の演奏はさておき、お二人の演奏には感激していたようですよ(^^


BSでは海外の「空港ピアノ」とか「駅ピアノ」という番組がたまにやっていて、以前から見ています。
こういうストリートピアノ的なものって、日本には希少なので、流行るといいですね~

2018/11/08(木)
イオンに買い物に行くたびに、聞こえてくるこの美しいピアノ曲はなんだろう?とずっと思っていました。
いつも買い物をしながら、自然にミミコピをしています(^^
何店か行きましたが、専門店街ではどこもこの曲がかかっています。
イオンのBGMは統一されているようですが、地方によって違う曲だそうなので、この曲は北海道用なのかもです。



曲名は倉本裕基の「霧のレイクルイーズ」なのですね。最近やっと判明しました。
どうしても分からなかったら、イオンの島村楽器の店員さんにでも聞いてみようかと思ってました(^^;
(ピアノ科出身の人の場合、クラシックしか分からない可能性もあるけど…)

この動画についたコメントを読むと、作曲者ご本人よりも演奏が上手いらしいです。
微妙な間の取り方とか、僅かな加減速やゆらぎが、一音一音にこめられているように聞こえます。メロディがシンプルなほど、こういうのは難しいですよね。
あるピアニストの一生で、故田所先生が「ピアノの先生を選ぶなら、音の少ない曲をうっとりするように・魅力的に弾ける先生を選びなさい。そういうのは素人でも違いが判る。難しい曲を弾ける人は多いけど魅力的に弾ける人は多くない。先生の音楽性が高くないとそれはできないから。」とおっしゃっていたのを思い出します。

作曲者が想定した以上に、いい表現をするのは、作曲者冥利につきるのでしょうかね?

楽譜を見ると上級版で私にはハードルが高いですが、いつかこんな風に弾けるようになりたいな~と思います。


ところで家族に言うと、「そんな曲、聞いたことがない」という返事が (;゚Д゚)ガーン
毎週、一緒にお店で聞いているはずなのに!?
「イオンでわっくわくお買い物~」の歌しか知らないらしい…( ´Д`)

2018/11/01(木)
主に通勤中に(たまに就寝時も)使っている、デジタル耳栓の感想です。
私は値下がりしている時に3800円で買いましたけど、今はなぜか値段が上がってきていて、アマゾンで実売価格4100円位ですね。


仕様など詳しいことはキングジムの公式サイトで見れます。
https://www.kingjim.co.jp/sp/mm1000/

定価は4980円でしたか。
MM1000という型番は、MM1000 → みみ千 → 耳栓 なのかも。 ダジャレ!?


環境騒音のみを20dBほどカットするという仕組みで、イヤホンにマイクが内蔵されており、外来の音を解析し、逆位相の音を発生させてノイズを打ち消します。
(理系的に言うなら、外部から来た音響エネルギーを、イヤホン内部で打ち消して熱に変換する)
ある程度、高価な音楽用イヤホンに付いている、NC(ノイズキャンセリング)機能です。
ちなみに、音楽プレイヤーっぽい見た目のわりには、音楽を聞く機能はないです。

300Hz以下の低音の騒音のみカットする仕組みなので、人の声やアラームは、ほぼそのまま聞こえます。
日本語では母音を重視する発音なので、電車のアナウンスでON・OFFしながら試したところ、女性の声でも音量が少し下がりました。
低音側を多くカットするので、世の中の音がカサカサした感じになります。
実際はイヤホン型なので、すべての音域が少しだけ丸くなりますので、とがった音をほんの少し和らげる効果もあります。

雑踏のザワザワや、ゴーという環境騒音、回転ファン系の音が、ほとんど無音になります。これがメインですね。
電車や車の走行ノイズはかなり効きます(周波数成分が多いので完全には消えません)
子供の頃から悩まされている、静かな時や夜間によく聞こえる謎の低周波騒音には、音を半分位に減らす効果がありました。


アマゾンのインプレを読むと、聴覚過敏な方には絶賛されている一方、健常(?)な人では全く効果が無いという意見も。
聞こえてくる音の聞き分けや、不要な音をカットする働きは脳の作用なので、そこは個人差が大きいのでしょうね。
不要な音に対する自動排除能力の高い人には、効果は薄いし使う意味がないかもしれません。



設計上、胸ポケットのある服を着る男性向けという感じがしますので、女性には着用しにくいという意見もあります。
私は100円ショップで長いストラップを買ってきて、首からぶら下げています。

使い慣れると、通勤時には欠かせません。


タッチノイズ(コードが顔や服と擦れる音)が大きいという難点がありますが、これは「シュア掛け」で防止できます。

羽生結弦もやっていた「シュア掛け」 イヤホンの超合理的な使い方
https://withnews.jp/article/f0141228001qq000000000000000W00o0501qq000011323A



やり方は2通り発案しました。

(1) 普通にRを右へ、Lを左へ装着し、コードを下から前へまわし、耳たぶの上にかけてから下へ。

(2) Rを左へ、Lを右へ装着し、前方へ135度回転させて装着します。コードは前方斜め上に出すイメージです。斜め上出しにしないと
ならないのは、イヤホンが大きくて左右非対称なためです。そこからコードを耳たぶの上を通して下へまわします。

どちらも効果アリですが、(2)の方が使用中にコードをうっかり引っ掛けることがなく、風切り音が少ないと思います。
緑色のストッパーを首に寄せて締めれば、コードは動かなくなります。首を大きく動かすとだんだん緩みますので、時々締め直します。



参考になりそうな記事リンクなど

キングジムデジタル耳栓が超オススメ!【睡眠】
http://www.yuruyuruhuriidam.com/entry/2017/06/17/173437


就寝時、エアコン室外機の音を消すのに効果が絶大だったそうですよ。


今、話題のデジタル耳栓は聴覚過敏緩和に効果はあるのか?
http://choukakukabin-boku.seesaa.net/article/410089476.html


聴覚過敏持ちには効果は高いとのこと。



上位機種が11月に発売になりますが、これはもはやBluetoothイヤホンそっくりな見た目になっています。
もちろん、音楽を聞く機能は無しです(゚Д゚)


気になった特徴は、
・装着が早そう
・見た目がオシャレ
・騒音のカット率が90%から95%に性能アップしている
・より静穏性の高い、スポンジタイプのイヤーピースも付属している
・充電式で50時間の使用が可能


難点をあげるなら
・価格が高い(実売¥8500円前後) 旧機種の2倍以上ですね。
・動作保証温度が+5℃~なので、冬の北海道で、屋外の通勤(-10℃~0℃)で使う場合、動作に難があるかもしれない。
・出先で充電が切れると困る (旧機種なら予備の乾電池を持っていればいい)


耳栓に、8000円も出すなんて… と普通の人は思うでしょうね( ´Д`)
ですが世の中には、音を遮断しないと日常生活が送れないために、10万円かけてオーダーメイドのイヤホンを作ってもらった方がいますし…
価値観は人それぞれですね。



新型はすでに予約購入していますので、届いたら使ってみてインプレ記事を書きますね~
(=・ω・)ノ
2018/10/26(金)
たしか、今年4月の講演に行きました。
前半は全てクラシック、後半がオリジナル曲だったでしょうか。

クラシック曲を弾く前半では、時代背景やその作曲家について詳しく説明してから弾く流れでした。

「音楽が貴族のサロンで食事をしながらBGM的に優雅に奏でるものだった時代に、ベートーヴェンはこんな深刻な曲を書いたんですよ。アタマおかしいですよね?」

とさんざんけなしてから、

「ベートーヴェン 悲愴ソナタ、今から全楽章弾きます」
と、演奏に入ったりとか(゚Д゚)

リストもレパートリーらしく、聞きごたえがありました。


後半はコウノドリの撮影エピソードなんか語ってて面白かったです。Babyの立ちピアノの秘密とか…


そして、おそらくこの方はアンコール曲にをかけていそうですw
コンサート会場では携帯・スマホは使用禁止・撮影録画も厳禁ですが、アンコール曲では「どうぞ自由に撮影して下さい!」となりました。
ホールのスタッフは目が点になってそう (;゚Д゚)
薄暗いピアノコンサート会場で、たくさんの観客がスマホをステージに向ける光景は尋常じゃないですw
クラシック・ポピュラー曲を取り混ぜたスペシャルメドレーで、神演奏だと、YouTubeによく上がっています。



10月27日 日曜日19時から、CSのTBSチャンネル1で清塚信也「コウノドリ」コンサート in 大阪の放送があるのを発見したので、気になる方はご覧になって下さい。


これは新しい方のコウノドリのテーマですが。
オリジナル曲は、心に染みる曲を作られるのですよね~



Before  | Copyright © 大人のねこふんじゃった All rights reserved. |  Next

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ