ピアノ歴2年目から3年目までの経過

2015年9月から始めたピアノ初心者(♂)です。大人がゼロからピアノを始めた記録です。レッスンに通っています。
2018/09/03(月)
9月でピアノをゼロから始めて、ちょうど3年です。レッスン歴も3年
あっという間に3年ですな~ (・∀・)

「石の上にも三年」ということわざがありますが、ピアノでは3年なんて、まだまだ初心者から初級者に移ったくらいでしょうね。
上達だけをモチベーションの拠り所にすると、行き詰まりや道程の果てしなさに挫折する可能性が高いそうなので、そこはあまり考えずに行こうと思います。
当初から、今の自分プラスアルファしかいつも考えていません。
だれでも、その人なりに少しずつの進歩はするけど、無限にどこまでもレベルアップし続けるというのは有り得ないそうですからね。


この1年間で課題になったり留意ポイントになって、悩んで克服したり、レベルアップしたと思われる項目をあげてみました。
ゼロから始めた人の悩みと成長の記録として、後世に役立つように…

 ゼロから1年目までのまとめはこちら
 1年目から2年目までのまとめはこちら


・右手の速度アップ(32分音符)

 「渚のアデリーヌ」の原曲で出てきて、一応合格になりましたが、もっと上手くなったら先生に見せることになっていました。
 たまたま数ヶ月ぶりに先生の前で弾いたら、「おや? 次の曲をやっているうちに、いつの間にかできるようになっていますね!?」と言われました。
 実は毎日の指のウォーミングアップ的なメニューに難所部分を取り入れて、弾いていたのです。マイ・エチュードですね(^^;
 ただし、苦手なフレーズを長時間続けて・執拗に繰り返すと、手指を壊したり、指の神経に悪影響を及ぼすというのが科学的に有力のようなので、繰り返しはなるべく短時間か、変奏メニューに直して、その分、期間をとることにしました。
 短時間でも気長にやるのは大事ですね。


・左手の速度アップ(16分音符)

 「恋はみずいろ」で前奏・間奏にある、けっこう速い箇所。これもマイエチュード化してレッスンが終わっても気長にやっていました。
 左手ってなかなか鍛えられないですよね。
 え? ハノン?


・左手メロディー

 「恋はみずいろ」で左手がメロディー、右手が伴奏になる箇所がありますが、脳が混乱しました(^^;
 そうなると思いつつ、あえて選曲したんですけどね。
 インベンションの難しさってこういう感覚なのかな?
 これは曲限定で克服ですので、次に別な曲で出てきたらどうなるでしょうね。たぶんまた混乱しますかねw


・右手の和音の上を出す。左手の最下音を出す(指の独立)

 こういうのは、しょっちゅう曲に出てくるので、いつも意識していますが、以前よりは楽にコントロールが効くようになってきました。
 なんとなく音量差がある程度から、狙って大きく音量差をつけたりとか。
 そもそも、和音をすべて同じ音量で弾くことはほぼないと思うべきなのでしょうね。
 これも習得に数年(かそれ以上?)はかかるテクニックらしいのですが、今のところ2年3ヶ月です。まだまだですね。


・ゆらぎ(演奏表現・曲の創り方)

 脳内で歌っていると、自然とゆらぎを演奏に反映できるのですが、小さな波・大きな波、やるべき箇所・控える箇所などもっと具体的に計画するようにしたら、よくなった気がします。
 なんとなくですが、よくよく聴こうとすると、ピアノソロ演奏だけではなく、オーケストラや弦楽器の演奏からでも参考になる気がしました。一番は歌なのかもですが。


・メトロノームって?

 ピアノを始めた当初から、「メトロノームなんて使わなくたって脳内演奏に頼れば弾けるようになるもん!」な私なのですが、使った方がよくなる箇所もあると知りました。先生も使うそうですし、たまにはやりますかね…


・脱力と響き

 手指の負担に敏感に気を使いつつも、楽な弾き方で、アコピのクリアな響きを目指しています。コンクールに出た時も弾き合い会でも、響きや音色をいつも誉められるな~
 重力奏法とも脱力奏法とも一概には言えないと思うのですが、体の使い方は変わってきているのかもです。

 日常生活でも、体の構造的に、指に合理的ではない無理な負担をかけるような使い方を避けるようになりました。いい使い方・悪い使い方はあると思うのです。
 箸や鉛筆の持ち方、PCやマウスの操作でさえ、追求すると無駄な力を使っていると発見しました。

 気が付いてみたら、グランドピアノを何時間弾いても、腕の疲れとかは全然しなくなりました。
 ただし、読譜しながらとか、だいたい弾ければもう二度と弾かないような練習曲だと、できていない気がします。
 後は高速な箇所とか手を大きく広げる箇所が怪しいですね。
 できていない箇所の克服が今後の課題ですねー


・新しい奏法

 指が届かないアルペジオ(波線のチャララーンてやつ)を、素早い移動で高速に弾きます。
 こんな弾き方があるなんて驚きですが、長いレッスンの中でできるようになりました。
 リズムを無視してただ音を出すなら体で慣れればいけるでしょうが、装飾音風に拍の前から合わせようとすると難易度がかなり高いです。
 その箇所にかかる時間を把握して、拍の前から弾かないとなりませんし、普通と違うタイミングのペダルにもなりますから、さぁたいへん!

 「ザナルカンドにて」のリピート箇所のメロディで出現。アレンジして逃げようかと思いましたが、そのままチャレンジしました。
 中級の入り口あたりの曲から、こういうのがしばしば出てきますね。ベートーヴェンの遺作(≒他人の編曲)「さらばピアノよ」でも数小節目にいきなり出てきて、「こんなの手が巨大な西洋人でないと弾けないでしょ!」とか思いましたよ(^^;
 (ショパンの大田胃酸にもありますね)

 主に不器用な左手に要求されるから、そこが難しいですね。
 おそらく独学ではできなかったと思います。ミスプリントだと勝手に考えたかもw
 これも脱力がうまくいかないときれいに音が入らないから、日頃からやっておくのがよさそうです。


・手首の問題

 指だけで弾かない、腕奏法・ローリング奏法を先生に教え込まれています。
 なかなかに難しいですが、脱力につながる重要テクニックだと考えて実施中。
 「エリーゼのために」の中にも、応用がいくつもありました。目からウロコ…


・メンタルの向上

 ストリートピアノ(ソロ)に軽い気持ちで応募して、なんとか弾き切りました。
 運任せではなく、ミスをうまく誤魔化したり、立て直したりする力も同時に身につけないとうまくいきませんよね。
 あとは未知のピアノに合わせる力も要りますね。
 緊張の克服はピアノ弾きの重要課題のようですから、今後も機会を増やしていきたいところです。


・お昼休みの有効活用

 会社に電子ピアノを常備しました。個人のロッカーから取り出して、設置に3分、撤収に3分くらいです。
 88鍵のポータブル型電子ピアノ(KORG SP-170S)+ペダル+ヘッドホン+自作簡易譜面台+椅子の高さ調整用ファイル(?)です。
 会議室を使うので、部屋がふさがっている時は、譜読み中・練習中の楽譜を見ながら頭の中で鳴らします。これはたいへん集中力が要求されます。でも、もしかしたら弾くよりもこっちの方が効果が高い気がしてきた…
(まさかの展開!)


今後も、レッスンと地道な練習と研究を続けて、伝わる演奏を目指していきます。

先生の要求もだんだんと高度になってきたよ…

この記事へのコメント
ピアノ歴3年おめでとうございます!
真剣にピアノに取り組んでおられるのですね。
過去の1年目~も読ませてもらいましたが、
なんかもうすごすぎて圧倒されます。

自分が出来ること出来ないことを把握しているって
すごいことだと思います。
私は何ができるのか何もできないのか
全くわかっていないです。
2018/09/04(火) 07:36 | URL | ジオ #-[ 編集]
> ピアノ歴3年おめでとうございます!
> 真剣にピアノに取り組んでおられるのですね。

ありがとうございます!
わりとマジメに取り組んでいますが、練習時間の短さが悩みではあります。


> 過去の1年目~も読ませてもらいましたが、
> なんかもうすごすぎて圧倒されます。

最初の頃は、たいへんでしたが、できないことが徐々にできるようになるのが面白かったのですよね。


> 自分が出来ること出来ないことを把握しているって
> すごいことだと思います。

ピアノでは乗り越えないとならない課題や、開花させないとならないチカラ、身につけるものがたくさんありますからね~
しかもそれは、おそらく永久に続いて終わりはないと…

自分自身の状況を把握できていると便利な気がします。
その代わりに、無理な挑戦を避けてしまい、実力内でできる楽な曲ばかりにしてしまうリスクもありますけど(^^;

2018/09/04(火) 12:06 | URL | けもネコ #-[ 編集]
けもネコさん、こんにちは!
かつです。

ピアノ3年目達成おめでとうございます♪
私が初めて書いたピアノブログ記事に真っ先にコメントしてくれたのがけもネコさんでした。。
ブログを続けられたのも、楽しくピアノを続けられているのもけもネコさんのおかげです。本当にありがとうございました。
けもネコさんのブログを拝見してピアノに対し真摯で、かといって無理して背伸びしている様子もなくて程よくピアノと向き合っているという印象を受けます。
5年後、10年後…とまだまだ経過報告が拝見できそうですね。
2018/09/04(火) 21:46 | URL | #-[ 編集]
ちょうど私がピアノ始めてから1年後にけもさんが始められたので、当時から印象的でした。
あっという間ですね。

当初は、指回りって動体視力がかなり物を言うんだろうと思ってましたが、実際はそうでもないと知って、努力や工夫の余地が多くて良いなぁ、と思うようになりました。
テクニックを得る事自体も、先人達の創意や発想、感性にも触れられて面白いですね。

けもさんは適正もさる事ながら、考え方も柔軟で、参考になる事、刺激を受ける事が多いです。
社会人になってからピアノを始めた事は別に悲観材料でもなんでもない、という具体例にもなるし、ピアノと共にブログも長らく続けて欲しいなぁ、と思ってます。
できれば、びこさんもですが。笑

ちなみに、新しい奏法で触れられてるのは、手の広さをちょっと超えてるアルペジオを、指跨ぎしないで腕と手首の動きで届かせる弾き方ですか?
もっと広い範囲のアルペジオは…私はまだしっくり来る方法が見えないなぁ。。
2018/09/04(火) 23:53 | URL | モル作 #-[ 編集]
> ピアノ3年目達成おめでとうございます♪
> 私が初めて書いたピアノブログ記事に真っ先にコメントしてくれたのがけもネコさんでした。。
> ブログを続けられたのも、楽しくピアノを続けられているのもけもネコさんのおかげです。本当にありがとうございました。

ありがとうございます!
そういえば、私が一番目のコメントでしたか(^^;
人のピアノブログを読むのも励みになりますよね。


> けもネコさんのブログを拝見してピアノに対し真摯で、かといって無理して背伸びしている様子もなくて程よくピアノと向き合っているという印象を受けます。
> 5年後、10年後…とまだまだ経過報告が拝見できそうですね。

そうですね、大人の初心者にしばしば見られる、いきなり難曲に年単位で挑戦!みたいなことはしていませんが、かといって現状満足型でもないので、身の丈+αあたりをいつも目指しているように思います。
あとは、大人の知恵で最善を選択し続けるって感じで(^^;

5年・10年なんてあっという間でしょうねー
限りある時間をお互い、有効に活用していきたいですね。

2018/09/05(水) 17:42 | URL | けもネコ #-[ 編集]
> ちょうど私がピアノ始めてから1年後にけもさんが始められたので、当時から印象的でした。
> あっという間ですね。

モル作さんと、びこさんは1年先輩なので、私の目標でもあります(^^


> 当初は、指回りって動体視力がかなり物を言うんだろうと思ってましたが、実際はそうでもないと知って、努力や工夫の余地が多くて良いなぁ、と思うようになりました。
> テクニックを得る事自体も、先人達の創意や発想、感性にも触れられて面白いですね。

音符が早く読めることだけを目指しても、それだけでは読譜力にならないですし、
指が回ってもそれだけでは芸術にはならないという点が、奥深いのですよねー
膨大なコツや知識、技術の引き出しを少しずつ蓄積して使えるようにならないといけないので、「学ぶは真似ぶ」がまずは必要なのかなと考えています。


> けもさんは適正もさる事ながら、考え方も柔軟で、参考になる事、刺激を受ける事が多いです。

運動とかは苦手なんですけどね(^^;
果たして適性があるのかは不明ですが、五感を研ぎ澄ませる中で、いろいろつかんでいるような気はしています。


> 社会人になってからピアノを始めた事は別に悲観材料でもなんでもない、という具体例にもなるし、ピアノと共にブログも長らく続けて欲しいなぁ、と思ってます。
> できれば、びこさんもですが。笑

大人から始めたピアノは、ブルグミュラー25終了程度より上には到達しない説があるので、続けていればその説の検証ができそうではありますよね(^^;
ブログは、ネタが続く限りはやりたいところです。


> ちなみに、新しい奏法で触れられてるのは、手の広さをちょっと超えてるアルペジオを、指跨ぎしないで腕と手首の動きで届かせる弾き方ですか?
> もっと広い範囲のアルペジオは…私はまだしっくり来る方法が見えないなぁ。。

11度くらいの高速アルペジオを、指でつなげないで、ペダル+腕と手首で瞬間的に弾く方法です。
10度のゆったりアルペジオなら、中間の指を橋渡しにしてやっていますね。
キャサリン・ロリンの12度のアルペジオは、なんとなーく指歩きレガートで弾いてましたw

2018/09/05(水) 18:26 | URL | けもネコ #-[ 編集]
3年目ですかー。
ということは、私も3年過ぎているということになるのか(^^;


なんとなくお察しかと思いますが、私は4月からレッスンを
一旦休止していて、レッスン休止とともに、家での練習も
なかなか捗らず、、、それでも、当初は、8月頃からレッスン復帰を
考えていたのですが、あまりにもの酷暑に「もう少し涼しく
なってから・・・」というただの言い訳を並べて
未だに練習すら復帰出来ていないという。。。

でも、まあ、私の場合、そもそも〝ドジでのろまなカメ”の
超マイペースでやっていたので、これを機会に
一からやり直し(復習)から始めるくらいで
ちょうどいい感じかも(笑)

けもネコさんがどんどん進んでいるのは『ピアノを会社に持ち込んで
昼休みにも練習』という事柄に象徴されていると思います。
その心がけというか、心意気というか、それほどの入れ込みよう
というか。

後ろから追っかけますので、どんどん先に進んじゃってください!
2018/09/05(水) 23:13 | URL | 待雪 #ARV1kx8o[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018/09/06(木) 20:51 | | #[ 編集]
どうもです。
返信が遅くなりました。ご心配をおかけしていますが被災からはほぼ復旧です。


> 3年目ですかー。
> ということは、私も3年過ぎているということになるのか(^^;

待雪さんもピアノ歴がほぼ一緒ですものね~

いろいろとお忙しかったようですし、落ち着いたらまた弾きたくなるかもですね。
気合を入れすぎないマイペースピアノは、マンネリになることもありそうですが長続きにつながりやすい気もします。


> けもネコさんがどんどん進んでいるのは『ピアノを会社に持ち込んで
> 昼休みにも練習』という事柄に象徴されていると思います。
> その心がけというか、心意気というか、それほどの入れ込みよう
> というか。
>
> 後ろから追っかけますので、どんどん先に進んじゃってください!

私もこう見えてもマイペースピアノなんですよ。
「自分の世界に生きる自由人」と知人は言います(^^;;
ピアノは弾きまくるのではなく、熟慮したり調べたり分析したりするのが好きなので、そういう力の入れ方はあるかもです。
そして時間を効率的に使うことを追求したら、お昼休みの練習になった訳で(^^;
社会人がお昼に楽器の練習をするのは、わりとあるようですよ。

2018/09/08(土) 19:44 | URL | けもネコ #-[ 編集]
ご心配をおかけしております。
m(_ _)m
被災からは無事に復旧しました!
ありがとうございます。

2018/09/08(土) 19:46 | URL | けもネコ #-[ 編集]
URL:
コメント:
Pass:
秘密:
 

 | Copyright © 大人のねこふんじゃった All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ