家族がフジコ・ヘミングにはまった話

2015年9月から始めたピアノ初心者(♂)です。大人がゼロからピアノを始めた記録です。レッスンに通っています。
2018/06/15(金)
フジコ・ヘミングの札幌公演に行ってきました。
相方と2人で見に行きましたよ。

賛否両輪あるけど一度は見ておこうかな?この方は80代でかなり高齢だし、見るなら今でしょ!と思い、チケットは半年前に買ってありました。
大ホールで11列目位だったかな。ご本人はわりと小柄な感じで、ゆっくりとステージに出てきました。歩くのが辛くなってきたとのご本人の談。
でも演奏は見事でした。CDでも聞いていましたが、音色がきれいですね~ ショパンでうっかり寝そうに (ぉぃ
最前列の人はスタンディングオベーションしてましたし、拍手喝采だったように思います。
もらい物の10枚組みのCD集がウチにあるのですが、それに未集録の演奏、ドビュッシーの月の光が聞けたのがうれしかったですね。


そして数日後、なぜか家に「暮らしの手帳」という婦人雑誌がありました。なんでも、今月号にフジコ・ヘミングの特集が載っているから買ったらしい…
子供の頃の絵日記が掲載されています。これは近々本になるそうで、買う!と言ってました。
ドキュメンタリー映画もやるそうで、映画にも行こう!と言います。
どうやら、はまったようです(^^;


正当な(?)クラシックファンからは、なぜかものすごくけなされている彼女ですが、ファンも多いらしい。
何が魅力なのでしょうね。
個人的には、音色のきれいさ、主旋律の聞き取り易さ、独特なテンポ感と間の取り方、繊細な表現、あたりが印象的です。
平たく言うと、『個性的で独特な世界観が感じられて、聞いてて心地良い、歌っている演奏』なのかも?


今週の「徹子の部屋」にもゲストで出ていましたよ。
ドビュッシーの月の光を弾いてました。やはり、この演奏はとてもいいですね~ (^^


最近、TVに出ることが多いみたいで、キーワード予約していると、番組名や説明から自動検索されるので、知らないうちにいろいろ録画されているのです。
映画の予告の場面なのか番組でのインタビューなのか分かりませんが、ハノン・ツェルニーを真っ向から否定していたり、暗譜が飛ぶ恐怖とか対策とか、指の肉が音色に影響するとか、ピアノをかじった人でないと分からない発言がけっこうあって面白かったです。
もしかしたら魅力的に弾くヒントみたいなものが、そこから読み取れるかも…


ドキュメンタリー映画は7月7日に公開するみたいですが、ピアノ曲もたくさん聞けそうだし、猫も出てくるでしょうから (そこかい)
見に行くことにしますね。
(=・ω・)ノ

この記事へのコメント
そのうち、ご家族から「フジコのような雰囲気に弾いて」とリクエストされるかもしれませんよ?笑

フジコは賛否が極端に分かれるタイプの演奏家ですよね。私は、曲によって凄いと思うときと受け入れられないときがあります。でも「猫の餌代を稼ぐためにピアノ弾いてる」という名言は全面的に支持します!笑

ドキュメンタリー映画、楽しめるといいですね(*^^*)
2018/06/16(土) 00:14 | URL | Nekoushi #klq26XPE[ 編集]
昨日たまたま、AppleMusicでふじこさんのレパートリー聴いてました。
確かに、ネット上でけなされてたりしますね( ;´Д`)
落ち着いてて曲の良さも伝わってくるし、感動する演奏が多くて好きです。
しっかりした弾き方でも1音1音に丸みがあって綺麗なんですよねー。
ね〜みさんが記事で書いてたような意思のある音楽だなぁって思ったりします。
2018/06/16(土) 02:07 | URL | モル作 #-[ 編集]
> そのうち、ご家族から「フジコのような雰囲気に弾いて」とリクエストされるかもしれませんよ?笑

それは無茶な注文で(^^;
私のピアノは感傷的に陥りがちなピアノですね(^^;;


> フジコは賛否が極端に分かれるタイプの演奏家ですよね。私は、曲によって凄いと思うときと受け入れられないときがあります。でも「猫の餌代を稼ぐためにピアノ弾いてる」という名言は全面的に支持します!笑

私も全部の曲がいいとは思いませんが、評判のあるラ・カンパネラよりも愛の夢3番の方が印象深いですし、好みは人によって違う部分はあるかもですね。
飼われている猫ちゃんは自由にしているから幸せですね(^^


> ドキュメンタリー映画、楽しめるといいですね(*^^*)

撮影者が入れ込んでいるそうなので、面白いと期待します(^^

2018/06/17(日) 21:46 | URL | けもネコ #-[ 編集]
> 昨日たまたま、AppleMusicでふじこさんのレパートリー聴いてました。
> 確かに、ネット上でけなされてたりしますね( ;´Д`)

どうやら否定しているのは生粋のクラシックファンみたいなので、そういう人たちには受け入れ難い部分があるのでしょうかね。
主に速い曲に対するテンポのことだと思うのですが…


> 落ち着いてて曲の良さも伝わってくるし、感動する演奏が多くて好きです。

演奏は落ち着いて弾いているように見えますね。無駄な動きがありませんし。


> しっかりした弾き方でも1音1音に丸みがあって綺麗なんですよねー。
> ね〜みさんが記事で書いてたような意思のある音楽だなぁって思ったりします。

手が大きいというか厚いというか、指が太くて伸ばしたまま根元から動かすような弾き方が多いように見えました。
そのへんにあの音色の秘訣がありそうです。
曲の解釈やイメージに相当なこだわりがあるようなことをインタビューで言ってたので、意思のある音につながるのかもですね。

2018/06/17(日) 21:57 | URL | けもネコ #-[ 編集]
けもネコさん、こんにちは。
かつです。

※古い記事にコメントで申し訳ありません。
フジコヘミングさんの札幌公演、私は仕事でいけませんでした(泣
私もどちらかというと正統クラシックのほうが好きですがフジコさんの演奏好きですよ。
何にもとらわれず、自由に表現されていて羨ましいです。
だからけなされているような気がしますが…

あと、けもネコさんはもしかして私と同じ道民ですか(そこ!?)
少し予想外で驚きました(笑
2018/06/21(木) 23:52 | URL | かつ #-[ 編集]
> フジコヘミングさんの札幌公演、私は仕事でいけませんでした(泣
> 私もどちらかというと正統クラシックのほうが好きですがフジコさんの演奏好きですよ。

あらま、お仕事でしたか ( ´Д`)
私の場合、特に基準がないので、わりと受け入れる方なのかもです(^^;


> 何にもとらわれず、自由に表現されていて羨ましいです。
> だからけなされているような気がしますが…

見た目にはあまり動きがないですし淡々と弾いているように見えるのですが、楽譜の通りでも自由な演奏なのですね。
人と違うことをするには勇気が入りそうです。

そういえば、故 中村紘子氏が清塚信也さんに言った言葉で、クラシック曲でどうしても自分流の弾き方がしたい箇所が出てきた場合、確固たる意思を持って表現するなら、それはアリだし全然問題ないというのを思い出しました。


> あと、けもネコさんはもしかして私と同じ道民ですか(そこ!?)
> 少し予想外で驚きました(笑

気が付きましたか(^^
たまに札幌でのできごとを書いてはいるのですが…
お互い、ピアノブログでは少数派の道民ですねー
そのうちどこかでお会いしそうです(^^
2018/06/22(金) 09:22 | URL | けもネコ #-[ 編集]
フジコさんの映画、観てきましたよ~!(`・ω・´)

確かにフジコさんの演奏って賛否両論ですよね。私は結構好きなんですけど。映画では、「私の演奏はアンティーク」って言ってた気がします(映画の宣伝で、だったかも)現代人の耳からすると異質かもしれないけれど、「歴史的価値がある演奏なのだ」という意味で、自分に自信がないと言えないセリフだと思います。

私が初めて東京都港区赤坂のサントリーホールへ行った時のコンサートが、フジコさんのリサイタルでした。10年以上前ですね。当時は、初サントリーホールで私の方が緊張していたのですが、その緊張感があったせいか、フジコさんの演奏も素敵だった記憶があります。

映画、面白かったですよ!ピアノ好きなら見て損はありませんね。



モル作さんから伺いましたが、弾き合い会に私も参加しますのでよろしくお願いします!(^^♪
2018/07/01(日) 10:20 | URL | 大竹真人 #-[ 編集]
> フジコさんの映画、観てきましたよ~!(`・ω・´)

おお!もう観たのですね(^^
こちらでは確か7月7日以降の公開だったような。


> 確かにフジコさんの演奏って賛否両論ですよね。私は結構好きなんですけど。映画では、「私の演奏はアンティーク」って言ってた気がします(映画の宣伝で、だったかも)現代人の耳からすると異質かもしれないけれど、「歴史的価値がある演奏なのだ」という意味で、自分に自信がないと言えないセリフだと思います。

他の多くの演奏と違うというだけでダメだというのは早計ですよね。
アンティークというのは面白い表現ですね。
フジコ氏は「歌うように」というのをよく強調されていますが、そういえばショパンやリストが弟子に求めたのは、難解な曲を作ったわりに早弾きでも正確さでもなくて、「歌うように音楽的に」というのを最も重視したのだという話を本で読みました。演奏内容は即興的に毎回変えていたとかも。
もしかしたら、それが現代に伝わる過程で少し方向性が変わったのかもしれませんね。


> 私が初めて東京都港区赤坂のサントリーホールへ行った時のコンサートが、フジコさんのリサイタルでした。10年以上前ですね。当時は、初サントリーホールで私の方が緊張していたのですが、その緊張感があったせいか、フジコさんの演奏も素敵だった記憶があります。

それはインパクトあったでしょうねー
音がきれいだったでしょうね(^^


> 映画、面白かったですよ!ピアノ好きなら見て損はありませんね。

早く見に行かないと、こちらではマイナーな映画館でしかやっていないので、うっかりすると見逃しそうで…


> モル作さんから伺いましたが、弾き合い会に私も参加しますのでよろしくお願いします!(^^♪

大竹さんの演奏を楽しみにしていますよ~ こちらこそよろしくです。

2018/07/02(月) 02:00 | URL | けもネコ #-[ 編集]
URL:
コメント:
Pass:
秘密:
 

 | Copyright © 大人のねこふんじゃった All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ