ピアニストをマネて上達

2015年9月から始めたピアノ初心者(♂)です。大人がゼロからピアノを始めた記録です。レッスンに通っています。
2018/04/05(木)
清塚信也さんといえば、TVによく出ているイケメンピアニストですよね。
ドラマ コウノドリのテーマソングの作曲者でもあり、あのちょっとせつない曲調が好きです(^^

今月に札幌でコンサートがあるので、行ってきます。
ε=εε=ε=εε= (((*・ω・)



YAMAHAのサイトにある、清塚信也さんのインタビュー記事(2)より
https://jp.yamaha.com/sp/products/musical-instruments/keyboards/pianist-lounge/smt/spotlight/009/p02.html

>「弾き真似とは、いかに本当に弾いているようにみせるかを教えるものです。一番印象に残っているのは映画の『さよならドビュッシー』で橋本愛さんに演奏指導したときのことです。

あの映画では、清塚さんは先生役で出演していましたね。


> 彼女が『月の光』を弾くというシーンがあって、実際は僕が弾いているその音に合わせて、彼女が弾き真似をするんです。
> 本当のピアニストは動きが柔らかいんですが、素人がピアノを弾こうとすると鍵盤を上から下へ押すという動作になってしまう。同じ事をピアニストがやったらミスに繋がってしまいます。
> ですから彼女には、鍵盤に触っていて、弾いた後に手を上に上げる、つまり下から上に動かす方が、ピアニストらしいモーションだと教えてあげました。すると手首から肘にかけての動きがだんだん柔らかくなっていって、その動きで弾くと曲の出だしのところがとても上手く弾けるようになりました。
> それがとてもいい音だった。フォームから入るのって大事なんだなと改めて勉強になりました」


これはなかなか深いですね。

素人へのピアノ演技指導で、打鍵後の下から上への動きをさせたら、ピアニストらしい演技になっただけではなく、手首が柔らかくなって、いい音色で上手に弾けるようになったそうです。
少し前に記事にした、アニメでトムがやっている動き ですかね。


カタチから入るのって重要なんですね!

もし、このブログを読んでおられる、独学・初心者の方がおられましたら、試してみて欲しいです。
楽に・いい音で弾けるかも…

この記事へのコメント
興味深く読ませていただきました(*^▽^*)
形を真似してみるのって、けっこう役に立つ気がします!!
「ここ弾きづらい」とか「こういう技法苦手」とか思った時に、プロの動作を参考にすることあります。面白くなって、真似しなくていいところまで真似するとか、脱線してしまったりもしますが…(笑)
2018/04/05(木) 20:01 | URL | Nekoushi #LMs.iqQA[ 編集]
お、やってみよっと。

顔芸とか、あとアロマの匂いでも嗅いでるようなアクションは、たまにふざけて真似てましたが、加速的に崩壊するので、そっちは自重する事にしました( ;´Д`)
2018/04/06(金) 00:44 | URL | モル作 #-[ 編集]
Nekoushiさんもプロの動作を参考にしているのですね!
『学ぶ』は『まねぶ』と言いますからねー
マネしてみて初めて分かることもありますものね(^^

2018/04/06(金) 09:15 | URL | けもネコ #-[ 編集]
この動きは、ゆるふわ奏法とも関係がありそうなんですよね。


> 顔芸とか、あとアロマの匂いでも嗅いでるようなアクションは、たまにふざけて真似てましたが、

それは脱力奏法でしょうか。見ている人が脱力する方の… ( ´Д`)

2018/04/06(金) 09:20 | URL | けもネコ #-[ 編集]
映画用の指導ってことは、本当にフォームというか外面だけの指導だったんでしょうけど
それで演奏が上手くなったっていうなら、フォームって本当に大事なんでしょうね~

その意味ではプロの演奏とか動画で見て、動きだけでもマネするのは大事なんでしょうかね!
2018/04/09(月) 09:11 | URL | びこ #-[ 編集]
> 映画用の指導ってことは、本当にフォームというか外面だけの指導だったんでしょうけど
> それで演奏が上手くなったっていうなら、フォームって本当に大事なんでしょうね~

音は吹き替えしているそうですが、生ピアノを使うから撮影時には実際の演奏が聞こえていますものね。
この場合はおそらく、脱力した音に近づいたのかもしれませんね。


> その意味ではプロの演奏とか動画で見て、動きだけでもマネするのは大事なんでしょうかね!

完全に独学な人の演奏動画を見ていると、すごい手のカタチとか手の甲がロックしているような感じで弾いてたりとか、練習で手が痛くなったとか書いてたりします。
フォームは天才でもない限りは、習わないとなかなか習得はできないと思うのですが、マネすることによって少しはいい弾き方(いい音・体を痛めない)に近づくのかもしれませんね。

2018/04/09(月) 10:37 | URL | けもネコ #-[ 編集]
>> 本当のピアニストは動きが柔らかいんですが、素人がピアノを弾こうとすると鍵盤を上から下へ押すという動作になってしまう。同じ事をピアニストがやったらミスに繋がってしまいます。

たしかに!!これはほんと耳が痛いですww/(^o^)\

前にけもさん、元オルガニストで手首が固いと言われた人の話を引用されてたと思うんですが、自分もオルガンの音とか木管、ストリングスの音とかで曲用意したりするんで、どうしても押し付けるようにやっちゃいます。。。

音色によってタッチ変わってしまうのはありますが、せめてピアノの音で弾くときには、

>打鍵後の下から上への動き、アニメでトムがやっている動き

を意識してやってみようと思います!!ありがとうございます!
2018/04/19(木) 01:15 | URL | くだダヰナ #-[ 編集]
> たしかに!!これはほんと耳が痛いですww/(^o^)\

柔らかい動き、お互いに目指したいですね~


> 音色によってタッチ変わってしまうのはありますが、せめてピアノの音で弾くときには、
>
> >打鍵後の下から上への動き、アニメでトムがやっている動き
>
> を意識してやってみようと思います!!ありがとうございます!

オルガンはたしかに、ON・OFFで弾く感じですものねー
ストリングスはやったことがないですが、音が減衰しない音源って不思議な感覚で(^^;
出てくる音にタッチは影響されそうですよね。

トムの動きは、弾いた後に上げる場合と、弾く瞬間にもう同時に力が上へ向かっているのと
どちらもあると思います。どちらかと弾いている時は後者の感覚が多いかも…
ここに脱力奏法のコツの一つが隠されている気がします。

2018/04/20(金) 09:06 | URL | けもネコ #-[ 編集]
URL:
コメント:
Pass:
秘密:
 

 | Copyright © 大人のねこふんじゃった All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ