ピアノ音を入れ替える

2015年9月から始めたピアノ初心者(♂)です。大人がゼロからピアノを始めた記録です。レッスンに通っています。
2018/02/16(金)
うちのES8は音源が豊富なので、たまに気分で音色を変えてみます。
残響のEffectも簡単に入り切りできるので、小ホール位の響きがちょうどいいですね。


最も音がいい、EXコンサートグランド。これが入っているのがメーカーの売りみたいですが。
高音がキラキラしてるのに音が厚くて、スタインウェイみたいです。
細かいアラが聞き取りやすいので、だいたいこれにしています。
180216es8a.jpg


Shigeru Kawaiだけど、EXに比べると普通っぽいです。こちらもしばしば使います。
ちょっと音量を上げないといけない感じが?
180216es8b.jpg

180216es8c.jpg


実はなかなかいい音がする、アップライトピアノw
音が鳴りやすい(飽和しやすい?)のと、間近で鳴っている感じが強いですね。この響きは好きです。
180216es8d.jpg


メローグランドというのも捨てがたいですねー。
これはカワイのピアノなのか、作った音なのかは分かりませんが、音が丸くて、ボストンのグランドを彷彿とさせます。
郷愁を感じる曲に合いそう。


音源を切り替えると、もう、違う楽器か??と思うほどに、まるっきり音が変わるので、いつも弾いている曲がかなり違って聞こえます。
やはり、同一メーカーでも、ピアノの機種による音の違いはかなりなものなのですねー。

もし、ピアノ音が複数切り替えできる電子ピアノをお持ちであれば、たまに設定を変えてみませんか?(^^

この記事へのコメント
音を変えるのってあんまりやりませんが
ある意味電子ピアノだけの特権ですし、曲によっては変えた方がきれいな時結構ありますもんね~

人の声みたいな音源とか、ネタよりのやつもたまに使います笑
2018/02/16(金) 16:39 | URL | びこ #-[ 編集]
> 音を変えるのってあんまりやりませんが
> ある意味電子ピアノだけの特権ですし、曲によっては変えた方がきれいな時結構ありますもんね~

まぁ、音を変えるのは、気分転換ですねw
私はピアノ音以外はほとんど使いませんが、曲によっては、エレピとかオルガンが似合うのもあると思うんですよね。


> 人の声みたいな音源とか、ネタよりのやつもたまに使います笑

そんな音源もあるんですかw
シンセではハモリ声とかありますよね。Gメン75とか宇宙戦艦ヤマトを連想します(古っ

2018/02/16(金) 17:04 | URL | けもネコ #-[ 編集]
同じ曲で色んな音源使うと、めっちゃ面白いです。
ストリングスとかパイプオルガンとか、へんてこギターとかスキャットみたいなのとか、ミスマッチなのも使ってよく遊んでます。

やりすぎるとピアノの演奏が崩れるのかな、とかちょっと思った時もありましたが、むしろピアノ観点でも良い気がします。
低音はチェロとかビオラみたいな響きにしたいな、みたいな発想も出るし、バラックはそもそもはピアノ用じゃないんだな、とか実感も出来て、そこからピアノ向けの弾き方を考えたりもできるので。
2018/02/18(日) 02:32 | URL | モル作 #-[ 編集]
> 同じ曲で色んな音源使うと、めっちゃ面白いです。
> ストリングスとかパイプオルガンとか、へんてこギターとかスキャットみたいなのとか、ミスマッチなのも使ってよく遊んでます。

ピアノ音以外はあまり使ったことがないですが、それも面白そうですね(^^


> やりすぎるとピアノの演奏が崩れるのかな、とかちょっと思った時もありましたが、むしろピアノ観点でも良い気がします。
> 低音はチェロとかビオラみたいな響きにしたいな、みたいな発想も出るし、バラックはそもそもはピアノ用じゃないんだな、とか実感も出来て、そこからピアノ向けの弾き方を考えたりもできるので。

バロックや古典だと、オルガンやチェンバロの音で弾くのがよかったりするのかな?とも思ったりしますよね。
多声の曲ではパートの違いを別な楽器でイメージするように言われることもありますよね。
コナミの悪魔城ドラキュラを弾くなら、絶対にパイプオルガンが合うとは思いました(^^

2018/02/18(日) 10:30 | URL | けもネコ #-[ 編集]
色々な音色を試すの、楽しいですよね♪
バロックをチェンバロやパイプオルガンの音で弾くとカチッとハマります。

ちょっとクラシックから外れたセンでは「ホンキートンク」。
ジャズをこれで弾くと格好良い……はずなんですが、
私の演奏がダサいのでまだハマったことがありません。(´д`;)とほほ
2018/02/20(火) 21:22 | URL | やぢま #yoUxGug6[ 編集]
けもさんはEXを使われること多いな~と思ってました。けもさんの弾かれる曲の多くにもとても合っているように感じます。
僕はSKコンサート使うことが多いですが、三善晃や古典の多くに合っている感じがするから、ですね。あと、スタンダードグランドも2番目くらいに使ってます。
チェンバロやパイプオルガンはバロック曲の雰囲気をつかむのに重宝してます。
メローグランド、郷愁!そうですね!バッハ・シンフォニア6番がそういう感じの曲だったので使ったのを思い出しました。
しかし、ゲーム曲を弾くには、もっともっと色んな音が欲しいなあと思ってしまいます。
2018/02/21(水) 00:04 | URL | ゆきなぎ #-[ 編集]
> 色々な音色を試すの、楽しいですよね♪
> バロックをチェンバロやパイプオルガンの音で弾くとカチッとハマります。

ピアノはその時代に存在しませんものね。
その時代の楽器にこだわった演奏家とかいるみたいですね。


> ちょっとクラシックから外れたセンでは「ホンキートンク」。
> ジャズをこれで弾くと格好良い……はずなんですが、
> 私の演奏がダサいのでまだハマったことがありません。(´д`;)とほほ

ホンキートンクですか!
外国のジャズバーを彷彿とさせますねー
やぢまさんのジャズも聞いてみたいです(^^

2018/02/21(水) 09:04 | URL | けもネコ #-[ 編集]
> けもさんはEXを使われること多いな~と思ってました。けもさんの弾かれる曲の多くにもとても合っているように感じます。

生ピアノを弾く時、EXみたいなクリアな音を出そうとしている傾向があるみたいです。先生に言われました(^^;


> 僕はSKコンサート使うことが多いですが、三善晃や古典の多くに合っている感じがするから、ですね。あと、スタンダードグランドも2番目くらいに使ってます。

SKの音色は暖かみが増しますよね(^^


> チェンバロやパイプオルガンはバロック曲の雰囲気をつかむのに重宝してます。

やはり当時の楽器が合うのでしょうね。
チェンバロは音が伸びないからトリルを多用することになって難しそう…


> メローグランド、郷愁!そうですね!バッハ・シンフォニア6番がそういう感じの曲だったので使ったのを思い出しました。

私は、日本の童謡のアレンジを弾く時に使おうと思ってます(^^


> しかし、ゲーム曲を弾くには、もっともっと色んな音が欲しいなあと思ってしまいます。

PSG音(矩形波)があると、まさにゲーム音ですよね(^^;
シンセとかエレピでもいけそうではありますが。
音源のパート分け機能で、左手を三角波、右手を矩形波にすれば、ファミコンそのものになって面白そうです(^^

2018/02/21(水) 09:15 | URL | けもネコ #-[ 編集]
音を変えるの、

良い気晴らしにはなりますね。

たまにやると面白いですし。笑
2018/02/21(水) 15:18 | URL | ラプコーリニコプ #-[ 編集]
たまに音を変えると、なんだか新鮮な感じになりますね(^^

私の場合は、数ヶ月おきに音源を交代しているような気がします(^^;

2018/02/21(水) 16:19 | URL | けもネコ #-[ 編集]
自分の気に入った音で弾きたいですよね~。
私は割とクリアなピアノ音が好きなので、そういう音のするのをデフォにしていますが、
バッハはよくパイプオルガンの音で弾きますね。
ゆっくりな曲はパイプオルガン、速い曲はチェンバロ音とか。
オルガンは非常に良く使います。
ポピュラーをまったりした音で弾くのも良い雰囲気で素敵ですよね(#^.^#)
2018/02/23(金) 13:26 | URL | ね~み♪ #-[ 編集]
> 自分の気に入った音で弾きたいですよね~。
> 私は割とクリアなピアノ音が好きなので、そういう音のするのをデフォにしていますが、

なるほどー
ね~みさんの粒立ちのある音に似合いそうですよね(^^


> バッハはよくパイプオルガンの音で弾きますね。
> ゆっくりな曲はパイプオルガン、速い曲はチェンバロ音とか。
> オルガンは非常に良く使います。

チェンバロはキレのある音が、スピード感ある演奏に合いそうですねー
オルガンは弦楽器が原曲なパターンによく合いそうですし。


> ポピュラーをまったりした音で弾くのも良い雰囲気で素敵ですよね(#^.^#)

機会があったら、まったり音色でアンドレギャニオンを聞きたいです(^^

2018/02/26(月) 09:27 | URL | けもネコ #-[ 編集]
URL:
コメント:
Pass:
秘密:
 

 | Copyright © 大人のねこふんじゃった All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ