ピアノに合わせる その2

2015年9月から始めたピアノ初心者(♂)です。大人がゼロからピアノを始めた記録です。レッスンに通っています。
2018/02/05(月)

ピアノに合わせる で書いたように、ピアノはその場所や物によって鳴り方がずいぶん違い、弾き方を都度調整する必要があると思っていました。


ところで、よい環境・よいピアノなら、どこでも同じタッチで同じ音で弾けるのだろうか?
という疑問も起こりえます(^^;



ピアノ販売店の日記 から
http://www.hamamatsu-piano.co.jp/diary/9397.html

> 楽器の個性 ピアノには必ず個体差があります

> もちろんメーカーによって音やタッチに特徴や傾向はあるのですが、
> たとえ同じメーカーの同じサイズのピアノであっても個体差が存在します。

> 明るく派手に鳴り響くピアノから深みのある柔らかい音のピアノまで、スッと軽いタッチからモワッと抵抗感あるタッチまで、そうした個々の異なる性格こそアコースティック楽器の面白さ、奥深さなのです。

販売店だから、全部同じ様に調整して売る… というわけではないようで。
違いが面白さ!なのですね。
確かに、初めて触るピアノはなんだかワクワクしますし(^^;




ピアノを習うと身に付く13の力 3 判断力(決断力)より
http://ahk123.exblog.jp/27949466/

> コンサートやコンクールなどでは、いつも自分が使っている自分のピアノを弾くことはできません。そのためどのようなピアノでも響きやタッチなどを一瞬で考えて弾く判断力がなくてはいけません。(略)

子供を対象にしているはずですが、一瞬でそこのピアノに合わせて判断(決断)しなさいとは、なかなか精神力が要求されそうです。
逆に言えば、子供が出るコンクールレベルでも、そこまで考えてステージ上で自力で合わせるのが普通だということなのですね。




ピアノって? より
http://cosmic-classics.hatenablog.com/entry/2017/05/05/202050

> 新品で同じメーカーのピアノであっても、それぞれの環境によって数年後には違う性格(主にタッチ感や音色に表れます。)に育っていくのです。
> 中古ピアノ屋さんには、展示室や倉庫にピアノをたくさんおいてあるお店もありますので、あなたも見かけたらぜひ音を出して弾き比べてみてください。それぞれの個体が持つタッチ感や音色が実感できますし、同時に「同じピアノなのに、こんなに違うんだ!」と驚かれると思いますよ。(^-^)

調整や環境が悪くて個体差があるというよりは、楽器の個性であると考える方がいいのかもですね。




ピアニストが本番のステージで、初めてのピアノにどのように合わせるかを本で読んだことがあります。
最初の2音で鳴り方を把握して適応させると書いてありました。
(;゚Д゚) たったの2音… 私なら最低でも2小節以上は必要…




ピアノを習うと身に付く13の力 には、ピアノに弾き方を適応させる判断力を身に付けるためには、こんなことが書いてありました。

> 判断力と表現力は、ステージ回数が多ければ多いほど、磨かれ、上達度も増します。年に一回の発表会だけでは、正直なところ、経験が足らないこともあり、


本番回数がものを言うのですね。1年に1回では足りないのか…
(´・ω・`)

とはいえ、恐らく、単にぶつけ本番で回数をこなせば上達するものではないのでしょうね。

日程を逆算して入念に計画と準備をし、集中力をもって本番を終えて、反省と対策を考えて分析し、また次へ、という繰り返しの過程が、身になるのではないのかなと思います。
あるいは、真剣度の度合いもあるかも。

知り合い同士の練習会とかだと、あまり緊張もしないけど、なかなかそこまで気合が入らないとも思ったり (^^;;

どちらがよい悪いというのではなく、後者は交流や刺激を受けたり、お話したりするのが目的ですしね。
本番と練習会の両方に出るのがいいのでしょうね。

この記事へのコメント
ピアノの個体差は、結構あるものなんだな、と驚いた事があります。
まぁ、外部要因もあるのかもですが、メーカー共通のカラーみたいなものでさえ、意外と幅があるんだな、と。

個人の願望としては、今後もあんまり揃えすぎずに、個体差を許容する感じで作り続けて欲しいな、と思います。
コストがそれを許すなら。

弾き手側のチューニング力は、プロは本当に凄そうですね。
ある意味、アマチュアとプロの境界線がその辺りにもありそう。
2018/02/07(水) 20:57 | URL | モル作 #-[ 編集]
> ピアノの個体差は、結構あるものなんだな、と驚いた事があります。
> まぁ、外部要因もあるのかもですが、メーカー共通のカラーみたいなものでさえ、意外と幅があるんだな、と。

「品質がバラつく欠陥」ではなく、いい意味で個性がつくようなのですねー


> 個人の願望としては、今後もあんまり揃えすぎずに、個体差を許容する感じで作り続けて欲しいな、と思います。
> コストがそれを許すなら。

最新の技術だと、アコピでも木ではなく樹脂やカーボンを内部に使用し始めているらしいので、なんか個性が無くなるのでは… と勝手に心配してはいます。


> 弾き手側のチューニング力は、プロは本当に凄そうですね。
> ある意味、アマチュアとプロの境界線がその辺りにもありそう。

ピアニストは耳が恐ろしくいいのかなーと思います。
きっと、耳だけでなく指先も含めて体の様々なセンサーが敏感そうです。

私の先生の先生は、自分で調律しちゃうとか言ってますし(;゚Д゚)

2018/02/08(木) 11:04 | URL | けもネコ #-[ 編集]
そうですよね、
コンクールもあって。

集中の仕方もとんでもない事でしょうし。

ピアノは、
自分の楽器で勝負できない事の多い楽器なんですね。

2音で判断できるくらい、
繊細な感度と対応力が必要と思えば、

恐ろしい。笑

2018/02/09(金) 16:18 | URL | ラプコーリニコプ #-[ 編集]
> そうですよね、
> コンクールもあって。
>
> 集中の仕方もとんでもない事でしょうし。

自分の世界に入らないと、なかなかいい音楽にはならないと聞いたことがあります。


> ピアノは、
> 自分の楽器で勝負できない事の多い楽器なんですね。

そうなんですよね。
アコピ同士でも違いがあるとなると、基準があってないような物ですよね。
気候、というかおそらく湿度でアコピは音がけっこう変わりますし…


> 2音で判断できるくらい、
> 繊細な感度と対応力が必要と思えば、

とてもマネできるものではありませんが、上手な人のやっている世界を
垣間見るとそんな感じなのねーと、驚きながらも、1ミリでも近づければ
いいかなと思うのです(^^;

2018/02/11(日) 21:11 | URL | けもネコ #-[ 編集]
URL:
コメント:
Pass:
秘密:
 

 | Copyright © 大人のねこふんじゃった All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ