親指の故障と対策

2015年9月から始めたピアノ初心者(♂)です。大人がゼロからピアノを始めた記録です。レッスンに通っています。
2017/09/06(水)
【発端】

5月頃からでしょうか、右手の親指が痛くなり始めました。
ピアノを弾くのにはほとんど支障がないのですが、つかむ・握る動作で痛みがあります。

ピアノは筋力で無理やり弾かない、指だけで弾かない、脱力して楽に弾く、電子ピアノは鍵盤の底が固いのでほどほどに、ということは様々な本で言われているので、最初から気をつけてはいたのですけどね。

会社の引越しで梱包や重量物の運搬をしたので、手を傷めた可能性があります。

なかなか良くならないので、手の専門の病院へ行きましたが、加齢と使いすぎと関節の柔らかさが原因ですと。
特に治療法とかはないということでした( ´Д`) ソンナ…


しかしながら、大人ならではの自己診断によって、原因と対策を考えました。


この本がかなり役に立ちました。




【観察して分かった、悪い原因】( ´Д`)

(1)親指がマムシ

 ピアノを弾いている時、よく観察すると右手親指の第2関節が逆方向にへこんでいる場合があるのを発見しました。
 妖怪人間みたいな、気持ち悪いカタチ! ( ´Д`)
 主に、親指が黒鍵にいく場合や、力が入ってしまった時になっているようです。マムシ方向に力が入ると痛みがあるので分かります。

 あと、ビンのフタを開ける場合など、日常生活でも注意深く観察すると、力を入れると親指がマムシになっているのが分かりました。ヤバっ…


(2)力み

 練習中に鍵盤に手を置いただけでも、親指にやたら力が入っている時があるのを発見しました。
 疲れているとなるみたい?

 あとは保持音で鍵盤を押さえつけるクセ、初見や慣れない曲を無理に弾いている場合にも力が入っているようです。


(3)親指主導

 前腕のミス・マッピングから来ているクセらしいです。その結果、親指主導という悪いクセになっているピアノ弾きは多いみたいです。おそらく私もこれです!

 ピアニストならだれでも知っておきたい「からだ」のこと P94より

 前腕の回転を適切にマッピングすることは、ピアニストには絶対に欠かせません。前腕の回転をミス・マップして、いつも筋肉を緊張させながら前腕を回転させていたら、そのピアニストには悲惨な結果が待ち受けています。

 前腕の回転の不適切なマッピングが、動きにくさや、痛み、炎症の主な原因となっています(これは他の楽器の演奏家やコンピューターを使う人、執筆業の人にもあてはまります)
 ((((;゚Д゚))))


(4)親指の硬さ

 ピアニストならだれでも知っておきたい「からだ」のこと P109より

 よく動くMCP関節というのは、通常、CMC関節の動きが不足しているのを埋め合わせようとして動いているのです。この場合、親指の中手骨の周りを囲む筋肉が緊張して力んでしまい、たいていは前腕全体に緊張が広がっていきます。

 親指のこのミス・マッピングと緊張は、炎症を引き起こす可能性が高いのです。したがって、親指は2本の骨から成るという誤ったイメージで親指を動かそうとしているピアニストは、ただちにそのマップを訂正し、親指の3つの骨すべてをCMC関節から自由に動かす習慣をつけなければなりません。


たしかに、右手は器用な替わりに、手首のあたりにある親指の第3関節の動きが悪かったです。



【対策】(・∀・)

(1)正しいボディマッピング

 前腕のマッピングを訂正すると、弾きやすさが倍増しました。
 ボディマッピング、おそるべし!


(2)親指の脱力

 親指付け根を実感&脱力チェックしよう(動画つき)
 http://withpiano.exblog.jp/18998186/

 このエクササイズをやると、親指の動きがするするになります。

 親指の付け根の筋肉をマッサージしてほぐすのも、効果がありました。なにしろ気持ちがいいです。
 仕事で一日中PCを使うので、日中も親指のコリに注意を払っています。


(3)親指主導をやめる (小指主導へ変える)

 これは絶対必須ですね。ピアノ生命を絶つ危険性がありますものね。
 ピアノに限らず日常から気をつけたいです。


(4)親指のマムシ退治

 常に意識して気をつければ、直るという話なので、気をつけています。


(5)日常生活のよくないクセをやめる

 親指に負担をかけるクセをやめる方法。悩んでいる人は多いのですね。
 http://ne-stra.jp/1756.html

 親指でスマホを操作するのも、負担を蓄積する行為らしいので、やめました。


(6)ゆっくり練習を基本とする

 慣れない曲をスピードを上げて弾こうとすると、力が入るので、それはなるべく避けることに。
 ゆっくり練習した方が記憶に残るし、色々な物を感じ取れる気がします。
 ピアノの練習の奥義は、ゆっくり練習だというピアニストが何人もいますしね。
 西川悟平さんの著書では、師匠がラフマニノフから教わった効果的な練習法が、ゆっくり練習らしきことが書いてありました。

 インテンポで弾くのは、最後の確認と遊び弾きだけにしようかな (^^;



これらに気をつけながらピアノは弾き続けていますが、親指は確実によくなってきました。



身体構造の正しい理解、悪いクセに気づいて力みを取る、ということが根底にあるわけですが、実はアレクサンダーテクニークの基本なのですね。
これはピアノ演奏において重要な基礎となる可能性があると思うのです。そのようなピアノの先生のブログを以前から読んでいて、今回の親指の件をきっかけに決心しました。


そして、ついに私はアレクサンダーテクニークの門をたたくべく、専門家のレッスンを受けることになるのでした。

続く。。。

スポンサーサイト
この記事へのコメント
はじめまして、くらぽんと申します。
1年ぐらい前に私がブログ村に登録して以来、ずっと拝見させていただいていました。
研究熱心で、すごいなと思っていつもみていました。

私もついこの前、親指の使い方を先生に指摘されたばかりだったので、すごく参考になりました。
親指のストレッチなんてちゃんとあるんですね。そしてそれを動画であげてくれる人がいるなんてびっくりしました。

これからも、ブログ、見させてもらいますね。
そして、たくさん勉強させてもらいますね。
2017/09/06(水) 20:55 | URL | くらぽん #-[ 編集]
はじめまして、コメントありがとうございます!

> 1年ぐらい前に私がブログ村に登録して以来、ずっと拝見させていただいていました。
> 研究熱心で、すごいなと思っていつもみていました。

1年前から見ていただいてたのですか (*ノ▽ノ)
研究好きなもので、ついつい理系的な方向に走ってしまいます。
徹底的に分析しつつも、演奏は感性豊かなものを目指す… ある意味矛盾することですが、そこが奥が深いのですよね。


> 私もついこの前、親指の使い方を先生に指摘されたばかりだったので、すごく参考になりました。
> 親指のストレッチなんてちゃんとあるんですね。そしてそれを動画であげてくれる人がいるなんてびっくりしました。

親指の間違った使い方というのは、やっている人が多いらしいので、気づいた時に早く直せればいいですよね。
たとえピアノを弾かない人でも、親指は加齢に伴って痛めてしまうことが多いそうなので、楽な弾き方も確立しないと…


> これからも、ブログ、見させてもらいますね。
> そして、たくさん勉強させてもらいますね。

参考になる記事があれば幸いです。
これからも、よろしくです~ (^^

2017/09/08(金) 08:13 | URL | けもネコ #-[ 編集]
ありゃ親指ですか~
関節は減る一方っていいますもんねorz
大事にしてください!

職業プログラマーで趣味がゲームとピアノの私も指の酷使度がやばいんで気を付けねば。。。

演奏にのめりこんじゃうとついつい無駄に小指に力はいっちゃうし、力を抜くことにも意識持たないとだめですね
2017/09/08(金) 10:56 | URL | びこ #-[ 編集]
> ありゃ親指ですか~
> 関節は減る一方っていいますもんねorz
> 大事にしてください!

ピアノの方は、正しい弾き方をしていれば大丈夫みたいです。
うっかり力任せに強く弾いちゃうと… ( ´Д`)


> 職業プログラマーで趣味がゲームとピアノの私も指の酷使度がやばいんで気を付けねば。。。

意外と、PC操作でも手を緊張させてしまっているみたいなんですよね。
PCとか、ついキーをバシバシやっちゃいがちですが、指を保護するために、PC操作も優しく脱力して使うようになりましたw


> 演奏にのめりこんじゃうとついつい無駄に小指に力はいっちゃうし、力を抜くことにも意識持たないとだめですね

びこさんも、力むことがありますか!
まずは体の感触に気付くことが、改善への一歩なのでしょうね。
手指だけではなくて全身をうまく協調させたエコ奏法を追求することが、故障を防ぎつつ、今後も弾き続けられる道だと思うのです。

2017/09/08(金) 15:53 | URL | けもネコ #-[ 編集]
けもネコさんの演奏はいつも、音楽がとても自然に流れていて、無駄な力があまり入っていないのだろうな、独学なのにすごいなあと感心していましたが、それでもやっぱり指を痛めることはあるのですね。もっともピアノ以外の要因も大きそうですけど。(わたしも郵便局の仕事で時々指や手首や腕が痛くなります。一過性のものですけどね)
くれぐれも無理なさらずお大事に~

しかし、冷静に原因を分析し、それに応じて対策を立て、実際に効果が出ているということ、とてもすばらしいと思います。大人ならでは、とおっしゃっていますが、こういう方はめったにお目にかかれないです。
そんな研究熱心でなおかつ頭もよいけもねこさんが、プロのレッスンを受けることになったのですね!まさに鬼に金棒!なんだかすごい高みまで行きそうです!レッスンの成果、楽しみにしております。
2017/09/09(土) 07:33 | URL | 私はタワシ #5eVrhZok[ 編集]
> けもネコさんの演奏はいつも、音楽がとても自然に流れていて、無駄な力があまり入っていないのだろうな、独学なのにすごいなあと感心していましたが、それでもやっぱり指を痛めることはあるのですね。もっともピアノ以外の要因も大きそうですけど。

あ、ピアノのレッスンはずっと続けていますよ(^^;
脱力は先生も重視していて、常に言われています(^^;;

たしかに、音楽の自然な流れは重視していて、僅かでも動き続けることで体を固めないようにしていて、力を入れている自覚はないのですが、もっと体の感覚をよく感じるように神経をはりめぐらすと、おそらく見た目にはわからない部分で、鍵盤を押し込んでいる箇所を発見したりとか、手の甲の角度など、悪いクセを少し発見したのです。


> くれぐれも無理なさらずお大事に~

ありがとうございます~


> しかし、冷静に原因を分析し、それに応じて対策を立て、実際に効果が出ているということ、とてもすばらしいと思います。大人ならでは、とおっしゃっていますが、こういう方はめったにお目にかかれないです。
> そんな研究熱心でなおかつ頭もよいけもねこさんが、プロのレッスンを受けることになったのですね!まさに鬼に金棒!なんだかすごい高みまで行きそうです!レッスンの成果、楽しみにしております。

ピアノのレッスンは今まで通り、受け続けているのですが、それとは別に、
演奏家や表現者、PCを使う人などに、体の使い方の改善を専門に教えている先生がいまして、そちらもレッスンを受けることにしたのですよ。(すでに1回受けました)
アレクサンダーテクニークは最近流行つつあるようなのですが、本を読むより体感した方が分かりやすかったです。
すごい所を目指しているわけではないですが、楽に自由に弾けることを目指せればなーと思っています。

2017/09/09(土) 16:54 | URL | けもネコ #-[ 編集]
>あ、ピアノのレッスンはずっと続けていますよ(^^;
すみません、他の方と勘違いしてしまいました~
アタマの老化ゆえということでお許しください。
2017/09/11(月) 21:18 | URL | 私はタワシ #-[ 編集]
お気になさらずに~(^^

2017/09/12(火) 16:22 | URL | けもネコ #-[ 編集]
けもさん、てっきり脱力は完璧だと思っていましたが、けもさんでもそんなことがあるんですね!?Σ(゚Д゚)
きっとお引越し作業が相当過酷だったんでしょう・・・お疲れ様でした。

第2関節をクイッってするの「マムシ」って言うんですか!?北の大地方面の方言ですかね?始めて聞きました!
力むとそうなるってことはやっぱり関節柔らかいんですねぇ。

自分は第1関節は内側になって、親指反ることはありますけど、第2は意識して敢えてクイッってしないと曲がらないみたいです。。

保持音とか、慣れない曲の譜読みの時とかは、自分もついつい力入っちゃいますw すごいわかります

リンク先見て、そういえば昔、鉛筆握る時、親指も人差し指も変な力入って、すごい変な形になってたのに気づいて、自分で直したの思い出しましたw おかげで字はほとんど線が繋がったフニャフニャ字になって、他人からは「達筆ぶりやがってw」とか言われますが、楽に書けるようになったんでおkですww

てか、和音をもっと脱力して弾けるようになりたいです!7thの基本形とか、つい力が入っちゃいます٩(′д‵)۶
2017/09/18(月) 19:44 | URL | くだダヰナ #-[ 編集]
> けもさん、てっきり脱力は完璧だと思っていましたが、けもさんでもそんなことがあるんですね!?Σ(゚Д゚)
> きっとお引越し作業が相当過酷だったんでしょう・・・お疲れ様でした。

脱力には気をつけて、いつも楽に弾いているつもりですが、力が入る箇所ってあるものなのですね~


> 第2関節をクイッってするの「マムシ」って言うんですか!?北の大地方面の方言ですかね?始めて聞きました!
> 力むとそうなるってことはやっぱり関節柔らかいんですねぇ。

北海道の方言ではないような気がします(^^;
ちなみに私の親指の第一関節は逆方向には全く曲がらず、第二関節が柔らかいのです。
うちの奥さんは親指の第一関節が逆方向に180度くらい曲がり、第二関節は逆にはいかないのですよ。
人によって全然違うのですよね~


> リンク先見て、そういえば昔、鉛筆握る時、親指も人差し指も変な力入って、すごい変な形になってたのに気づいて、自分で直したの思い出しましたw おかげで字はほとんど線が繋がったフニャフニャ字になって、他人からは「達筆ぶりやがってw」とか言われますが、楽に書けるようになったんでおkですww

くださん、自分で矯正したのはすごいですね~
そういえば、私もお箸の持ち方を大人になってから自分で少し修正した記憶がありますw
脱力って、文字を書く時にもお箸を使う時にも大事な気がしますね!


> てか、和音をもっと脱力して弾けるようになりたいです!7thの基本形とか、つい力が入っちゃいます٩(′д‵)۶

手を広げるカタチほど力が入るのですよねー
オクターブ奏なんか、手を傷める定番のようですし、まずは無理しないでやっていきたいところですね。

2017/09/19(火) 14:29 | URL | けもネコ #-[ 編集]
URL:
コメント:
Pass:
秘密:
 

 | Copyright © 大人のねこふんじゃった All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ