完璧ではない魅力

2015年9月から始めたピアノ初心者(♂)です。大人がゼロからピアノを始めた記録です。レッスンに通っています。
2017/05/16(火)
ピアノろまん|完全な音楽 から
https://hajimetepiano.blogspot.jp/2016/09/blog-post_26.html

> 音楽は本番での臨場感や高揚感のほか、微妙な音の狂いやちょっとしたミスの中で「感じる」ものが必ずあります。でも録音で聴く音楽はほとんどが完全な形の音楽。編集されていたり、何回も撮り直したものだったり。

> 演奏家は、細部の細部にこだわり地道な練習を積んで極限の緊張の中で自分の完全な理想を求めて演奏会での演奏に臨む。でも100パーセントとは絶対いかない。。これはとっても悔しい。でも実は演奏家もそれはわかっているのです。それを含めて「どう届けるか」にその演奏家の哲学が表れますし、モチベーションでもあります。

> ミスをミスでないように演奏し続けるのはプロしかできません。

> 私はミスや失敗や音の微妙な揺らぎ、それを含めてが音楽を聴くという事だと思います。音楽は時間の芸術と言われますが、「その時の音楽を聴く時間」を楽しむのが本当の意味で音楽を楽しむ事です。

> 音楽の魅力は正解がないことと、永遠に完全になれない不完全さだと私は思います。


録音では分からないものがたくさんあるのですね。

その場の演奏は、そこで作られた1回限りの芸術みたいなものなのでしょうか。
毎回少し違うということは、そこが人間くささを感じる、楽譜のある即興演奏みたいなものと言えるのかもしれません。



昔、TVで歌番組を見ていたとき、生放送なのにいつも録音でクチパクしてる歌手と、ちゃんと生で歌っている人の違いを観察して、後者のよさを味わっていたのを思い出しました。
トップ歌手であっても、息継ぎやほんの僅かな声のトーンの乱れに人間くささやリアルさを感じて、ブラウン管超し(昭和の表現!w)であっても、いいなーと思って視ていたのです。



ピアノの弾き合い会に参加する目的は、人前で弾いてみたいとか、愛好家同士の交流などの目的があると思うのですが、それ以外にも、録音では分からない、その人の音や表現、演奏の呼吸を空気で、肌で感じたいというのもあるのではないかなと思うのです。
ましてや生ピアノの場合、電子ピアノとは段違いに音に個性が現れますから、そこも聴き所ですね!



さて、今週は3日間も弾き合い会を予定しています。たまたま連続したのですがww

そんなわけで、皆さんの生でしか聴けない演奏を楽しみにしていますので、よろしくお願いします。

私はYouTubeの録音とは一味違う、何か伝わる演奏をできたらなーと思ってます。
(=・ω・)ノ

スポンサーサイト
この記事へのコメント
おお~3日連続弾き合い会なのですね!なんとも贅沢なスケジュールでうらやましいです。(そのうち1日はご一緒できますね。楽しみです)

今回の記事、人一倍ミスタッチが多いわたしには、大いに希望を与えてくれるものでした。
いや、謙遜抜きでほんとにひどいのです、わたしのミスタッチや音抜け。今回もお初でお目にかかる方々を、きっとひどくがっかりさせるだろうなあと思ってます。いつもの録音はたいてい何度もテイクしなおしてるので、生演奏のひどさはあんなもんじゃないのです。
それでも、
>録音では分からない、その人の音や表現、演奏の呼吸を空気で、肌で感じたい
そういってもらえると、救われた気分になります。

とにかく当日は大いに楽しみましょう!
2017/05/17(水) 10:13 | URL | 私はタワシ #5eVrhZok[ 編集]
> おお~3日連続弾き合い会なのですね!なんとも贅沢なスケジュールでうらやましいです。(そのうち1日はご一緒できますね。楽しみです)

たいしてレパートリーは多くないので、3日間、同じ曲を弾きそうですが、これはいい練習になるかもしれませんw


> 今回の記事、人一倍ミスタッチが多いわたしには、大いに希望を与えてくれるものでした。

ミスの数を競うのは、もう音楽ではなくて、何かプレイかゲームみたいな物になるんじゃないかなと思います。
技能点を競うオリンピック?スポーツ?的な感覚でしょうか?
テレビ番組のピアノ対決ではそんな評価だったりしたので、ちょっと残念な気持ちになりました。

心の師匠、角聖子氏の著作には「完璧に弾けても人の心には残らない」と出てきます。


> とにかく当日は大いに楽しみましょう!

楽しみにしてますよ~ よろしくお願いします!
w(´∀`*)w

2017/05/17(水) 12:11 | URL | けもネコ #mQop/nM.[ 編集]
完璧なものだけを聴きたいならCDで十分ですもんね!

それにしても3日連続は凄いですね笑
ちょうど私も参加できなくて残念ですが、いつかご一緒お願いします!
2017/05/18(木) 10:39 | URL | びこ #-[ 編集]
> 完璧なものだけを聴きたいならCDで十分ですもんね!

そうなんですよね。
ミスがなかったからいい演奏、ミスが●個あったから失敗とか、そんな風な決め付けは、音楽の鑑賞の仕方としてはちょっと残念な考え方かもしれませんね。


> それにしても3日連続は凄いですね笑
> ちょうど私も参加できなくて残念ですが、いつかご一緒お願いします!

3日連続して参加するなんて、普通じゃないですよねw

びこさんにお会いできないのがたいへん残念です(ノД`)
札幌でお待ちしております! w

2017/05/18(木) 12:58 | URL | けもネコ #mQop/nM.[ 編集]
けもネコさん、どうもです。
今回の記事、励まされますね(笑)
完璧ではない魅力…
確かに機械的にそつなく弾く演奏というのはすごいなぁ!!と思っても後に残らないというのか味気ない気もしますね。
人間のやること、完璧ということはほぼ無いと思われますが…

私は若きポリーニのショパンエチュードはそれこそ完璧かもと思うけど、でも好きではなかったりします。

その曲に対しての愛情というか好きな気持ちが感じられる演奏が好きです。
ブロトモさんの演奏はそれが感じられるから好きです(*^^*)

ではでは、お会いできるのを楽しみにしております!
2017/05/18(木) 14:13 | URL | ね~み♪ #-[ 編集]
> 今回の記事、励まされますね(笑)

それはよかったです(^^


> 完璧ではない魅力…
> 確かに機械的にそつなく弾く演奏というのはすごいなぁ!!と思っても後に残らないというのか味気ない気もしますね。

そうなんですねー
音が多くて速い曲なんかだと、もう演奏すること自体がすごいと思うのですが、楽譜通りに弾くという縛りがあっても、演奏者の解釈ですごく個性が入るみたいなんですね。実はそこが見せ所?聞かせ所なのかもですね。
きっと、そういうのが無いと、私がレッスンで言われた「優等生みたいな演奏」になるのかなーとも思いました。


> その曲に対しての愛情というか好きな気持ちが感じられる演奏が好きです。
> ブロトモさんの演奏はそれが感じられるから好きです(*^^*)

趣味のピアノの人の演奏は、好きで、楽しんで弾いているというのが感じられますものね~
プロでも、辻井伸行さんの自作曲集にはそんな雰囲気が溢れている気がしました!


> ではでは、お会いできるのを楽しみにしております!

こちらこそ、よろしくお願いします (*´∀`)b

2017/05/18(木) 17:57 | URL | けもネコ #mQop/nM.[ 編集]
こんにちは。
私のブログへコメントいただきありがとうございました。
弾き合い会ではよろしくお願いします。

完璧ではない魅力、考えさせられますね。
以前、MIDIの打ち込みで速くて長いトリルを入れたことがありました。人間には決してできない完璧なトリルになるはずだったのですが、逆に正確すぎて音楽に聞こえず、まるでパソコンのエラー音(笑)のようになってしまったということがありました。

人の作り出すゆらぎって不思議で魅力的ですね!

ではでは。(^^)/
2017/05/18(木) 19:42 | URL | やぢま #yoUxGug6[ 編集]
コメントありがとです♪

> 完璧ではない魅力、考えさせられますね。
> 以前、MIDIの打ち込みで速くて長いトリルを入れたことがありました。人間には決してできない完璧なトリルになるはずだったのですが、逆に正確すぎて音楽に聞こえず、まるでパソコンのエラー音(笑)のようになってしまったということがありました。

MIDIでトリルですか!
おそらくゲーム音みたくなりますよねw
人間のように立ち上がりを少しゆっくりにしないと、だめなんでしょうね。


> 人の作り出すゆらぎって不思議で魅力的ですね!

そういえば、奏法の本を読んでいると、どんなにがんばっても人間はメトロノームのような正確無比な演奏はできないとかなんとか書いてありました。
ゆらぎは常に含まれているのですね~


弾き合い会では、よろしくお願いします(^^

2017/05/19(金) 00:56 | URL | けもネコ #mQop/nM.[ 編集]
URL:
コメント:
Pass:
秘密:
 

 | Copyright © 大人のねこふんじゃった All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ