電子ピアノ弾きを目指すか、生ピアノ弾きも目指すか

2015年9月から始めたピアノ初心者(♂)です。大人がゼロからピアノを始めた記録です。レッスンに通っています。
2017/03/02(木)
私のように、自宅で電子ピアノで練習している場合、

①今後も電子ピアノしか弾かない

②レッスンは生ピアノ

③発表会や弾き合い会などで、たまに生ピアノを弾く

この3パターンくらいが考えられますね。


①は、仮にレッスンに通ったとしても、電子ピアノコース であれば悩みませんよね。
②はけっこう深刻で難易度が高いと思われます。先生が生ピアノの弾き方をどのくらい求めるかによりますが。
③は求めるレベルによるのでしょうか…



ピアノが、ただ音をなぞるオルゴールのような楽器なら、電子ピアノでも生ピアノでも大差ないのでしょうけど、
そうではないのですよね。
「生ピアノを弾いてみたら電子ピアノと同じ音程の音を出せたから、私はピアノが弾ける」 (ドヤァ
と言うには、ちょっとはばかられるのが芸術たるところ( ´Д`)



◆電子ピアノと本物のピアノの弾き方の違いについて
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1137701391

> 私は、大人&電子ピアノの生徒さんは、希望があれば、電子ピアノのほうで教えています。
> そして今までの傾向では100%電子ピアノを選択されます。というのは、
> 生ピアノでぜんぜん思うように弾けないことが、すぐに自覚できるし、
> 家で「ちゃんと弾けている」というのが、実は、ぜんぜん弾けてないってことに・・・
> 子供でも気づくでしょうから

生ピアノの弾き方を学習していないと、その難しさや、うまく弾けていないことに皆、気が付くということらしいです。
私も最初にそういう選択肢を示されたら、そうしたかも…
((((;゚Д゚)))




電子ピアノと生ピアノの弾き方が全く違う という点から、対策方法を調べて考えてみたいと思います。




●電子ピアノを使用しての、表現などの上達方法、練習方法やコツを教えてください
http://www.convivace.jp/co_362.shtml


長年、生ピアノを弾いてきた方が電子ピアノで再開し、ベートーベンの悲愴を弾けるまで復活したけど、
生ピアノで弾いたときにあまりの違いに唖然としたそうです。

> 小さい頃にピアノを習っていた方が、ブランク後に電子ピアノを購入してピアノを再開されるケースはよくありますが、
> その時に、ご指摘のように生のピアノとの違いに愕然とされる方が多いようです。

唖然とするということは、電子ピアノでは上手に弾けても、生ピアノでは全然ダメに聴こえたのでしょうね。
そんなに違うんですね…


> やはり小さい頃に生のピアノで練習をしてきていますので、長いブランクがあっても、
> タッチや音の聴こえ方などがしっかりと身に付いているのだと思います。
> このような感覚は、そう簡単に身に付くものではありませんし、
> とても大切なものなので、大事にしていきたいものです。

「そう簡単に身に付くものではありません」 (;゚Д゚)ガーン

この質問者は、子供の頃からの長年のピアノで耳を鍛えていたから、ダメダメなのが分かったのでしょうね。
私なら分からないかも ( ´Д`)
生ピアノの音の聴き方は難しいのですね。


上記質問のページでは、明確な回答はないのですが、生ピアノをイメージして弾くしかないと思うというのが、
一応の答えになっています。



●ピアノの指の力のつけかたについての質問への回答
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1479294309


指の力をつける という考え方には否定的な回答が多いですね。
着目したのは本題というよりも、回答の中にあったセリフで、

> 電子ピアノで練習している子は、グランドピアノとの違いを熟知した上で、グランド用の弾き方で練習しているはずです。

グランド用の弾き方 というのがピンときました。

私なりに把握している「グランド用の弾き方」の例ですが、


電子ピアノから始めた場合、素人発想で強弱のみで考えると、

・小さい音は弱く弾く(力を入れない)、
・大きい音は強く弾く(力を入れる)

と単純に考えますし、そういう風に弾いて再現できますが、
そのまま生ピアノでやると、小さい音はかすれ、大きい音は痛い音になると…
レッスンで何度も直されます…


生ピアノは、音を出すための力の使い方が逆、とまでいかないまでも全然違うと思います。
これは私がレッスンで直され続けて悟った感覚なので、表現が適切かは分かりませんけど。

・小さい音は力を入れる(打鍵のスピードと深さの調整)、
・大きい音は重さを使って弾き、瞬間で力は逃がす(汚い音を避ける・脱力)

和音や早い箇所ではまた違うのですが、単音ならこんな感じってことで。


「こう弾けば生ピアノはこう反応するはず」というのを感覚で身に付けて、
電子ピアノでは再現しない奏法でも、イメージして弾けばいいと先生も言っていました。
生ピアノで学習した結果を、感覚頼みで復習するという方法ですね。




●電子ピアノの生徒にはどんなレッスンをすればいいのか
http://www.convivace.jp/co_313.shtml


> これまでの私の経験では、自宅で電子ピアノで練習をしていても、
> 非常に表現力豊かな演奏ができているお子様もわずかですがいるのです。

すごい生徒ですね!
自宅が電子ピアノでも先生をうならせるピアノができる可能性はあるのですね(*´∀`)
わずかしかいないようですが…
(´・ω・`)


> そのような生徒さんに共通していることは、親御さんが「音楽」をよく理解されていることです。
> おそらく、電子ピアノの位置づけと、生のピアノとの違い、そして音楽に期待されていることを、
> 親御さんがお子様に上手に伝えているのではないでしょうか。

生ピアノとの違いや、音楽のあり方を親が教えているのですか。
ここは参考になりますね。
大人のピアノなら、自分でそれを調べたり考えて実践できるはずですから…



> 音楽はテクニックだけでできているわけではありませんので、その曲で作曲者は何を伝えたかったのか、
> その曲で何をイメージするのか、どういう気持ちでその曲を弾くのか、 どういう音楽にしたいのか、
> 生徒さん自身がよく考えて、生徒さんなりの曲の解釈や、生徒さんなりの音楽が作られていくことが
> 重要だと思っています。

耳が痛い( ´Д`)
毎週のレッスンでも、先生は「こう弾きなさい」ではなく「あなたの表現を出して」と要求されていると感じます。
ここは常に模索している部分ですねー
(´・ω・`)

> これは、生のピアノで練習されている生徒さんにも当てはまるもので、生のピアノで練習しているからといって、
> 自動的に優れた音楽性が身につくものではありません。 しかし、電子ピアノで練習されている生徒さんは、
> よりテクニック一辺倒に陥りやすいので、それぞれの曲の解釈やイメージについて意識させるように
> 導いていった方がよいと思います。

電子ピアノだと、強弱(とそれに比例した音質の変化)のみで、
生ピアノのように、音色を作るための無数の弾き方を考える過程(いわゆる音作り)がないので、
テクニックにしか目が向かなくなりがち、ということなのかもです。
楽器の表現力の違いが、音楽性の向上に少なからず影響するのですねー

そういえば、「具体的な情景と理想の音を描いてから弾きなさい」と言われたことが…



●電子ピアノで練習している生徒さんが、発表会で成功する秘策!?
http://ontsure.net/blog-entry-424.html


発表会の本番前に連日、生ピアノをスタジオで借りて集中練習すると、本番がうまくいったという話が載っていました。
体と感覚を生ピアノモードにすっかり切り替えてしまう方法ですね。





というわけで、自宅で電子ピアノを使っている人が生ピアノを弾けるようになるための方法を、ざっくりまとめてみると、

(1)まずは生ピアノの弾き方を学習する。

(2)普段から生ピアノの弾き方で、電子ピアノを弾く。

(3)生ピアノでの感覚や表現を経験で覚え、家ではそれを再現するイメージで電子ピアノを弾く。

(4)曲の解釈やイメージを深く考えて、音楽的表現を向上させる努力をする。

(5)できるだけ、生ピアノをレンタルして弾く。本番前には何日も弾き続けると良い。


こんな感じでしょうか。
ピアノという楽器の奥深さと難しさには敬服するばかりで、
なかなか難しい問題ですが、大人なら工夫と努力で、きっとできるはず!(゚Д゚)
というか、近づくくらいは。。。


私はできていないので、まだまだ学習中です。。。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
私の場合、ピアノ始めて速攻で教室に通い始めたからか、あと音感が大した事ない、って理由かもですが、強弱の幅や倍音の響き方に関しては、電子と生の違いはそんなに気にならずに、何とかその時々で調節できてるつもりではいます。

ただ、ペダルは別ですね( ;´Д`)
家では良い感じに音が混ざってるぜ!とか思ってその調子で教室で弾くと、自分でもギョッとします。笑

家で電子ピアノを弾く時間は、練習でもあると同時に、大事な憩いの時間でもあるので、何とか上手い事、生でも電子でもどっちでも綺麗に弾けるようになりたいですな( # ´Д`)
音感が向上したりすると、また色々気になってくるんでしょうねきっと。。
2017/03/02(木) 19:41 | URL | モル作 #-[ 編集]
> 私の場合、ピアノ始めて速攻で教室に通い始めたからか、あと音感が大した事ない、って理由かもですが、強弱の幅や倍音の響き方に関しては、電子と生の違いはそんなに気にならずに、何とかその時々で調節できてるつもりではいます。

モル作さんは、レッスンの生ピアノと自宅の電子ピアノを頻繁に交互に弾いているから、感覚の切り替えでうまく対応できているのかもですね。

電子ピアノは鍵盤の底の固さがなんかイヤなんですよねー
それを避けて打鍵していると「電子ピアノ弾き」と言われちゃうし( ´Д`)


> ただ、ペダルは別ですね( ;´Д`)
> 家では良い感じに音が混ざってるぜ!とか思ってその調子で教室で弾くと、自分でもギョッとします。笑

これはダンパーレゾナンスが可変設定できれば回避できるかもです。
パラメータをMAX近くに設定すれば、生ピアノ並みにワンワン共鳴しますからw
RP401Rはそこが固定なのが惜しいです…

ペダルの操作は悩みますねー
電子ピアノの外付けペダルは可変タイプでも浅いものばかりなので、違いすぎるんですよね。
(超高級機種はグランドみたく踏み代での重さの変化を再現しているようですが)
アップライトだと軽くてストロークが深くて、どこで切れるか分からないしw
グランドは途中がえらい重くて、ノイズを出さない踏み方に気を使うし…


> 家で電子ピアノを弾く時間は、練習でもあると同時に、大事な憩いの時間でもあるので、何とか上手い事、生でも電子でもどっちでも綺麗に弾けるようになりたいですな( # ´Д`)

憩いの時間!それはありますねー
モル作さんはレッスンでグランドの弾き方が鍛えられていそうです。

電子ピアノは録音して聞きなおすことができますが、生ピアノは基本的に
弾きながらリアルタイムに五感で感じないとならないので、超ムズいですねw

2017/03/02(木) 20:18 | URL | けもネコ #mQop/nM.[ 編集]
私もモル作さんと同じく、生ピアノに触るとペダルの濁りはビビりますね~
弾いてて、汚なっ!ってよく思います笑

ペダラーとしては由々しき問題ですが
生ピアノは個体ごとに踏み心地が全然違うのもやっかいなとこです
2017/03/08(水) 13:11 | URL | びこ #-[ 編集]
> 私もモル作さんと同じく、生ピアノに触るとペダルの濁りはビビりますね~
> 弾いてて、汚なっ!ってよく思います笑

電子ピアノ側でめちゃめちゃ濁る設定(≒生ピアノ)にしておくと、
無意識に回避するようになりそうですw


> ペダラーとしては由々しき問題ですが
> 生ピアノは個体ごとに踏み心地が全然違うのもやっかいなとこです

ロリニスト(ぉぃ)としても、ペダルの個体差は悩みどころですね~

グランドなら弾く前に何度か空踏みして、譜面台の脇からダンパーの動きを見て、ペダルの深さを把握できますが、
アップライトはそれができなくて、困りましたw
生ピアノは、弾きながら踏み具合を耳でリアルタイムに調整していくのがベストなんでしょうねー
最近はそうしてます(^^;

2017/03/08(水) 14:05 | URL | けもネコ #mQop/nM.[ 編集]
計画だけは時々練ってる例のPianoteqが、いかにスタインウェイっぽく鳴るといわれてても、、、そうなんですよね~ 生ピを実際に触ってみて、どんな挙動をするかを確かめないと、どの程度それっぽくて、どこが足りないかを判断しようがないんですよねぇ・・・

鍵盤も次はRoland A-88にしよっかな~と思ってましたが、木製鍵盤のMIDIキーボードもあるらしく、KAWAI VPC1が3本ペダルもセットらしいし、Pianoteq専用プリセットベロシティカーブもあるらしいし、これにしよう!ピッチベンド付きは安いM-AUDIO Keystation 88にすっか♪グフフ・・・とか思ってたんですが、、、w

そもそもウチの周りは蛮土過ぎて、引っ越さない限り「(1)まずは生ピアノの弾き方を学習する。」ができないっww 第一段階から二正面作戦は頓挫ですwww あうぁー\(^q^)/

てか、知恵袋読むともう自分なんかが「ピアノ」っていう単語を使ってると命が危なくなりそうな雰囲気ですねww ちょっと「電子」「デジピ」強調しときますw

けもさんは、二正面作戦ていうか、いかにして生ピに照準を合わせるか問題にかなり苦心されてますよね。。。でも、大変ながらもそれを楽しんでる感もかなりありますよねw
2017/03/09(木) 19:00 | URL | くだダヰナ #-[ 編集]
> 鍵盤も次はRoland A-88にしよっかな~と思ってましたが、木製鍵盤のMIDIキーボードもあるらしく、KAWAI VPC1が3本ペダルもセットらしいし、Pianoteq専用プリセットベロシティカーブもあるらしいし、これにしよう!ピッチベンド付きは安いM-AUDIO Keystation 88にすっか♪グフフ・・・とか思ってたんですが、、、w

MIDIキーボードとかは分からないのですが、楽器店でいろんな電子ピアノを弾いた感じでは、生ピアノっぽい感触なのは、やっぱり木製鍵盤ですかねー
くださんに機能的におすすめと思うのは、ヤマハのCP4STAGEなんですけどね。木製鍵盤だけどコンパクトでMIDI機能あるし、タッチもかなりいいようですよ!(私が欲しいw)


> そもそもウチの周りは蛮土過ぎて、引っ越さない限り「(1)まずは生ピアノの弾き方を学習する。」ができないっww 第一段階から二正面作戦は頓挫ですwww あうぁー\(^q^)/

レンタルするか、教室に行くか、自宅に置くしかないですからねー
( ´Д`)


> てか、知恵袋読むともう自分なんかが「ピアノ」っていう単語を使ってると命が危なくなりそうな雰囲気ですねww ちょっと「電子」「デジピ」強調しときますw

独学ですしそこまで強調しなくても大丈夫では(^^;


> けもさんは、二正面作戦ていうか、いかにして生ピに照準を合わせるか問題にかなり苦心されてますよね。。。でも、大変ながらもそれを楽しんでる感もかなりありますよねw

なにしろ、先生が妥協しないで生ピアノの弾き方を要求してきますんで(;゚Д゚)
これは、電子ピアノと生ピアノの両方を使いこなせる、賢者を目指すしかないかなとw

2017/03/10(金) 09:58 | URL | けもネコ #mQop/nM.[ 編集]
>レンタルするか、教室に行くか、自宅に置くしかないですからねー ( ´Д`)

公民館も遠いんすよぉ・・・
このあたりは、選ばれし者以外が弾くとマジで犯罪者扱いされかねない国だし、、、
生ピへの興味は当面封印で、と思ってたら、、、

>くださんに機能的におすすめと思うのは、ヤマハのCP4STAGEなんですけどね。木製鍵盤だけどコンパクトでMIDI機能あるし、タッチもかなりいいようですよ!(私が欲しいw)

!!
これオールインワンじゃないですか!PCに繋がなくていい、DAWいらんし、音源いらん!ヤバイ欲しいww 誘惑やめてつかーさいw(いい情報ありがとうございます!)てか、どんどん値段が上がっていくどうしようww

けもさん先にこれ買って詩人として全国ツアーしてください!!

>なにしろ、先生が妥協しないで生ピアノの弾き方を要求してきますんで(;゚Д゚)
でも先生、別に完全なる生ピ原理主義者ってわけでもないんですよね?w 前の記事内容も含めて見る感じ「デジピなんて滅べばいいのに!」じゃなくて、うまく使えって仰ってるみたいだし

>これは、電子ピアノと生ピアノの両方を使いこなせる、賢者を目指すしかないかなとw

けもさんは完全なるヲタクです!!すばらしいwww かなりいい師弟だと思いますww
2017/03/10(金) 23:08 | URL | くだダヰナ #-[ 編集]
> 公民館も遠いんすよぉ・・・
> このあたりは、選ばれし者以外が弾くとマジで犯罪者扱いされかねない国だし、、、

選ばれし勇者しか弾けない国ですか…


> これオールインワンじゃないですか!PCに繋がなくていい、DAWいらんし、音源いらん!ヤバイ欲しいww 誘惑やめてつかーさいw(いい情報ありがとうございます!)てか、どんどん値段が上がっていくどうしようww

CP4STAGEは値段高いですけど、内容からいくとお買い得な設定に思えます。
ステージピアノなんで耐久性高そうですし、鍵盤が素晴らしいという感想が多いです。


> けもさん先にこれ買って詩人として全国ツアーしてください!!

欲しいでんすけどねー(^^;
ねこふんじゃったツアーでw


> でも先生、別に完全なる生ピ原理主義者ってわけでもないんですよね?w 前の記事内容も含めて見る感じ「デジピなんて滅べばいいのに!」じゃなくて、うまく使えって仰ってるみたいだし

まぁ先生も仕事でいろんな鍵盤を弾くみたいなので、使い分けましょうみたいな所はあるようです。
電子ピアノは高い機種ほどいい感じとは言ってました。
鍵盤は象牙調が使いやすいとかなんとかw


> けもさんは完全なるヲタクです!!すばらしいwww かなりいい師弟だと思いますww

ピアノヲタクなのは間違いないですねww

2017/03/13(月) 01:15 | URL | けもネコ #mQop/nM.[ 編集]
URL:
コメント:
Pass:
秘密:
 

 | Copyright © 大人のねこふんじゃった All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ