音色を作る

2015年9月から始めたピアノ初心者(♂)です。大人がゼロからピアノを始めた記録です。レッスンに通っています。
2016/12/13(火)
猫でも分かる音色の使い分け?
子供同士でもピアノをやっていると、こういう会話をしているんですかね。
http://www.piano.or.jp/report/03edc/mi-ko/2011/04/27_12488.html


> あなたの音には色が全然ないわね!」

て言われたら悲しいですよね( ´Д`)
強弱ではなく音質・音色・響きの使い分けでしょうか。

子供のレッスンでも1年も通えば、もう電子ピアノでは役に立たなくなるという事件を聞きますが、
電子ピアノでは音色の使い分けができないということなのかもしれないのですね。
生ピアノでできても、家の電子ピアノでレッスンを再現できなくて辞めちゃうという話もあるみたいで。



以前、ピアノをバリバリ弾く人に聞いてみたことがあるのですが、

 けも 「生ピアノの音色の使い分けって難しいんですよね」

 回答 「どう弾いても音色は同じじゃないの」


うーん、
そんなはずは。。。
(´・ω・`)
レッスンでも習って2週目位から音色の使い分けを指導されているんだけど。。。



この間の3人での弾き合い会で同じ質問を、長年クラシックを弾いてきたあかねさんに
聞いてみました。

 けも 「ピアノの音色は弾き方で変わらないという意見があるんですが…」

 あかねさん 「えっ? 弾き方で変わりますよね?」


おお、やっぱりずっと生ピアノでクラシックをやってきた方は、分かっていらっしゃる。
(*´∀`*)



家で電子ピアノだと、先生から音色の変化の存在や、使い分けの必要性を言われないと、
絶対に分からないことだと思いました。

家での練習で電子ピアノを弾くときであっても、このタッチでこう変化するはずとか、
よく考えて練習したいです。
特に打鍵の深さは相当注意して意識してないと、変なクセが付いちゃう感覚があります。



初心者はまだそんなことは考えなくていいのでは?という意見もありそうですが、


「ピアノ奏法の基礎」では、タッチと音色の関係について、
子供の初心者は教則本を数冊終えた頃から、
大人の初心者は最初からタッチの練習をしましょうと書いてありました。

曲が進んでからではなくて、ピアノを始めた当初からタッチを学んで習得すべきとあります。その方が効率的なのでしょうかね。

この記事へのコメント
初心者から音色を変えられるタッチを習得できた方が、身に付きやすそうですよね。

変な癖がついてから直すのは、難しそうです。

私の先生にタッチについて聞いてみたのですが、「今は楽しく弾けるようになることが大事」だということでしたので、今の時点ではタッチの詳しい指導を受けられませんでした。

先生によって色々な考え方があるのでしょうね。

ピアノをバリバリ弾く方も、「どう弾いても音色は同じじゃないの」と言われるということは、先生からタッチによる音色の指導は受けてなさそうですよね。

けもネコさんは、理想的な先生のレッスンを受けられて本当に良かったですね。


私の場合は、いつ教えていただけるのか分からないので、自分で研究しようと思い、最近発売されたバーナム1のDVDを、数日前に買ってみました。

先生に教えていただけるまで、それで勉強してみたいと思っています。

こちらの記事の、リンク先(ピティナの猫のタッチ)の話は分かり易くて、勉強になりました。

教えていただきまして、ありがとうございます。


2016/12/13(火) 21:47 | URL | mirage #MDo56pwE[ 編集]
> 初心者から音色を変えられるタッチを習得できた方が、身に付きやすそうですよね。
>
> 変な癖がついてから直すのは、難しそうです。

mirageさんは先生についておられるので、きっと最初からいい弾き方でやっておられるのだと思いますよ(^^


> 私の先生にタッチについて聞いてみたのですが、「今は楽しく弾けるようになることが大事」だということでしたので、今の時点ではタッチの詳しい指導を受けられませんでした。

「楽しく弾けるようになる」ですかー
私の感覚ですが、曲を追求していくうちに、余裕で弾けるくらいになると、自分なりに
自在に表現している感覚になって楽しくなるので、先生はそういうことを目指しているのでしょうかね?


> ピアノをバリバリ弾く方も、「どう弾いても音色は同じじゃないの」と言われるということは、先生からタッチによる音色の指導は受けてなさそうですよね。

その方は独学だったのかもしれません。今度聞いてみようと思います。
家のピアノは電子ピアノだとは言ってました。
ポピュラー志向の場合は、曲にもよりますがあまりタッチの要求はされないような気がしています。

ポピュラー曲を弾くピアニストでも、クラシック出身の人は、曲や音が奥深い演奏をする
という話を聞いたので、クラシックで要求されるような多彩で繊細な弾き方が
ピアノの奥義なのではないかと予想しています。


> 私の場合は、いつ教えていただけるのか分からないので、自分で研究しようと思い、最近発売されたバーナム1のDVDを、数日前に買ってみました。
>
> 先生に教えていただけるまで、それで勉強してみたいと思っています。

研究は大事だと思います!
いろいろ試してみた弾き方とかを取り入れてレッスンに持っていけば、
きっと先生の指導も一段と深くなるかもしれませんね。

私も先生にお任せというスタイルではなく、レッスンで聞いたことをヒントに、
それを自分でどんどん発展させて応用しようと常に思っています。

2016/12/14(水) 10:14 | URL | けもネコ #mQop/nM.[ 編集]
話題になった記憶あります!
今度,議事録をとったほうがいいですかね(笑)

最近では電子ピアノでさえ弾き方で音が変わるというか,曲にした時の印象が違うように感じています.
耳が悪いので,どうかはわかりませんが.

うまい比較の音源を作れればいいのですが.
ちょっと試したい気持ちがあります.
2016/12/14(水) 12:23 | URL | あやしいおじさん #-[ 編集]
弾き合い会で色んな人の演奏を聴いてると、曲のカラーとは別に、奏者固有の色調もかなり感じます。

電子ピアノは音をある程度、最適化されるので、少し均質にはなりますが、それでも固有の音色の違いは少し感じますねー。

けもさんの音は、くっきりしつつ滑らかなのが初心者っぽくなくて凄いと思います。
センスと努力、両方を感じます。
2016/12/15(木) 00:26 | URL | モル作 #-[ 編集]
おじさんも聞いていましたか(^^
こういう疑問はピアノを弾く人に会うたびに聞いてしまいます。
楽器店で聞いた時はピアノを弾ける店員さんでしたが、理解してくれませんでしたw


> 最近では電子ピアノでさえ弾き方で音が変わるというか,曲にした時の印象が違うように感じています.

電子ピアノでも機種によっては強弱に応じたサンプリング音の切り替えをやっているようなので、
弾き方での変化はあるとは思います。
ある意味、強弱に応じて出る音色が決まってくるので、弾く強さの範囲の調整で
印象がけっこう変わりそうですよね。

最近読んだ本では、音の切り方もピアノの奥義の一つなのに、生徒がおざなりにしすぎる
(そこに意識がいかない)という先生の嘆きを読みました。
ヤマハの電子ピアノだとスパっと切るかゆっくり切るかの音の違いも再現している
そうなので、そういう細かい違いは印象に大きな影響を与えそうです。

2016/12/15(木) 09:23 | URL | けもネコ #mQop/nM.[ 編集]
> 弾き合い会で色んな人の演奏を聴いてると、曲のカラーとは別に、奏者固有の色調もかなり感じます。

そうなんですよね。弾き方もあるし、指の腹の肉付きの差も演奏に大きな影響を与える
要素らしいので、ものすごく細かなニュアンスを再現できる生ピアノでは、人による違いが
大きそうですよね。
そんな視点が、弾き合い会の面白さと思います。

モル作さんの生ピアノの音をリアルで聞いてみたい!


> 電子ピアノは音をある程度、最適化されるので、少し均質にはなりますが、それでも固有の音色の違いは少し感じますねー。

上級者ほど多声の弾き分けが上手いので、電子ピアノでもそれをやられるとものすごく曲が奥深く聞こえるので、
音色の違いになって聞こえるように感じます。
そこに到達するための課題がインベンションらしいので、バッハ様の偉大さを感じるとともに
中上級への壁の厚さも感じますね(^^;


> けもさんの音は、くっきりしつつ滑らかなのが初心者っぽくなくて凄いと思います。

EXグランドの音色はくっきりキラキラ系なのでそのせいかも(^^;
最近はその音に飽きてきてSKグランドで弾いてます。この方が小学校の安いカワイのピアノに音が近いので。
なので、次回の録音からは印象が変わるかもです(゚Д゚)

2016/12/15(木) 10:01 | URL | けもネコ #mQop/nM.[ 編集]
けもさん、そのうち本でも出版しそうな勢いになってきましたね( ゚д゚ ;)
もはや評論家・・・!

電子ピアノじゃ無理とか言われちゃうと、電子ピアノしか弾ける環境が無い人にはしょんぼりするしか無い話です笑
まぁ気がついたら身についてる物だと信じて、今はあまり気にせず電子ピアノ叩いてようかと思います!
2016/12/15(木) 17:32 | URL | びこ #-[ 編集]
ピアノ教室に通っているので、ちゃんとしたアコピの弾き方と表現を求められる中での葛藤が、
こんな記事を生み出しています(^^;
電子ピアノ問題は「ピアノ教室あるある」の現象の1つみたいで、
私と同じことを考えている人をけっこう見かけます。

レッスンでは

「電子ピアノではそれでキレイに聞こえるかもしれませんが、これはピアノなのでダメです。響きません」

と何回も言われます… ( ´Д`)ガーン
その都度、奏法と感覚の調整で乗り切ってはいるのですが、理論と感覚の両方から「アコピの弾き方」を目指そうかと思ったのです。

世の中、私も含めて電子ピアノしか置けない人は多いと思うので、
何をどうすればアコピの弾き方に近付けるかを見い出していって、発見したことを
記録していければなと思っています(^^

まずは「脱力」と「手首の柔軟性」が響きや表現のキモのようなので、そこを日々追求している最中です。
もしかしたらこれが基本&究極なのかもしれませんが。。。!

2016/12/15(木) 19:13 | URL | けもネコ #mQop/nM.[ 編集]
同じ電子ピアノで同じ曲を弾いても、人によって違った感じにきこえたり、もしくは、同じ人がグランドで弾こうが安物電子ピアノで弾こうが印象か変わらなかったりするので、タッチによる音色の個性はかなり感じますね。
他者の演奏をあまり聴かない人には実感しにくいかもしれませんが。今は、YouTubeという便利なものがありますから。
コメントされたみなさんで、同時に同じ曲を弾いて比較とかも面白そうです。同じ機種があればなお楽しそうです。
2016/12/16(金) 20:11 | URL | ゆきなぎ #-[ 編集]
けもさん、初めまして笑
文中に登場させていただいてありがとうございます(๑´ㅂ`๑)

いくつか記事を拝見しました。
けもさんのブログはとても研究熱心で頭が下がります。それも上達の秘訣なんでしょうねー、きっと。

酔っ払って適当なこと言わないように気をつけなきゃw

あ、わたしもブログ始めてみました!
色々参考にさせていただきます^ ^
2016/12/18(日) 02:15 | URL | akane #-[ 編集]
私も弾き方で音色が変わると思います賛成です!

ただ、最近、我が家の電子ピアノくんも、
弾き方で音色が変わってるような気がしています。
ちなみにRolandのRP301なのですが、
気のせいなのでしょうか、
心の持ちようが変わったのか、精神的に成長したのか、
最近凄くいい感じです。

pが弱いのは私もです(笑)
来週、人前で弾いてくる機会があるので、
どうしたらpを後ろまで響かせられるか実験してきます(^^♪
2016/12/18(日) 14:05 | URL | 大竹真人 #-[ 編集]
> 同じ電子ピアノで同じ曲を弾いても、人によって違った感じにきこえたり、もしくは、同じ人がグランドで弾こうが安物電子ピアノで弾こうが印象か変わらなかったりするので、タッチによる音色の個性はかなり感じますね。

音の出し方は、おそらくいつもよく弾くピアノに無意識に最適化されるような気がします。
ピアノの先生が言うには、ふだん電子ピアノで弾いてる人が生ピアノを弾くとすぐに分かるという
話があります。何か特有なクセがあるのでしょうかね。

ふだん、電子ピアノの人がグランドを弾いても表現力が上がるわけでもないと思いますが、
ふだん生ピアノの人が電子ピアノになると、不具合とかあるのでしょうかね。
もしあるとすればそこが機能の差とも言えそうです。
あるいは、演奏上の明確な差というよりは、学習効率や耳の育成に関係があるのかもしれません。
耳が育たないとはどこかで聞いたような…
気になったのでまたいろいろな人に聞いてみます。


> 他者の演奏をあまり聴かない人には実感しにくいかもしれませんが。今は、YouTubeという便利なものがありますから。
> コメントされたみなさんで、同時に同じ曲を弾いて比較とかも面白そうです。同じ機種があればなお楽しそうです。

同じ曲の弾き比べは面白そうですねー
同じ機種というのはあまり出会いにくいですが、人気機種なら有り得るかもです。

2016/12/18(日) 19:13 | URL | けもネコ #mQop/nM.[ 編集]
> けもさん、初めまして笑
> 文中に登場させていただいてありがとうございます(๑´ㅂ`๑)

コメントありがとうございます!
こちらこそ、はじめましてw


> けもさんのブログはとても研究熱心で頭が下がります。それも上達の秘訣なんでしょうねー、きっと。

マニアックな記事を書いているような気がします(^^;
本とか文章を読むのは好きなので、たくさん読んで整理しているうちに疑問がわいて、
また調べて...という繰り返しです(^^;


> あ、わたしもブログ始めてみました!
> 色々参考にさせていただきます^ ^

ブログ開設、おめでとうございます!
私もプロフィール代わり・日記や動画紹介程度のつもりで開設したのですが、
最近は疑問点や頭の整理に使っている感じがしてきましたw

あかねさんのブログ、初期設定ではamebaをやっている人しかコメントできないので、
設定を直してもらえると、コメントを書けるようになっていいのですが(^^

2016/12/18(日) 19:33 | URL | けもネコ #mQop/nM.[ 編集]
> 私も弾き方で音色が変わると思います賛成です!

変わりますよねー
ただ、あまりにも微妙かつ繊細で脱力も必須なので、もはや
感覚で覚えるしかない感じはしています(^^;


> ただ、最近、我が家の電子ピアノくんも、
> 弾き方で音色が変わってるような気がしています。
> ちなみにRolandのRP301なのですが、
> 気のせいなのでしょうか、

同じ人が弾いても全く同じ演奏はないそうなので、
日々演奏は変化していくものらしいので、音に気持ちの変化が
現れているのかもですね~


> pが弱いのは私もです(笑)
> 来週、人前で弾いてくる機会があるので、
> どうしたらpを後ろまで響かせられるか実験してきます(^^♪

電子ピアノだとただ弱く弾けばpやppになりますが、生ピアノでは
音がかすれますよね。なので、実際に聞きながら練習しないとできないんですよねー
最近はあまりレッスンで指摘はされなくなってきたので、なんとなく感覚的に
つかめてきているような気がします...
なんというか、出したい音と鍵盤の深さの関係というか、そんなあたりを
意識するとうまくいく感覚です。

大竹さんはコンサートグランドを弾く機会が多いのですよね。
来週はクリスマスにホールで弾かれるのですか!
うまくいったら教えてください(^^

2016/12/18(日) 20:19 | URL | けもネコ #mQop/nM.[ 編集]
興味深い話ですね。
耳の育成に関係するには、一票を投じたく思いました。
テクニックのもとは耳という話を読んだこともあり。

自分自身、電子ピアノは3台目で、買いかえるごとに上位機種で年数で進化もしてるので弾いての機能の差は歴然ですが、新しいピアノになってから、演奏が生き生きしてきたと言われたことがあります。まあ、初代のは、ピアノが揺れるほど叩いても、フォルテに迫力が出ず、限界を感じていたということがあり、実際に、その電子ピアノでは表現しきれないと感想もいただきましたが、ピアノが駄目過ぎたというだけでなく、普段弾くピアノがグランドに近づいたら、実力もアップしやすいのかなあと思いました。

あと、以前に、安物電子ピアノで普段練習している人が、何だったかのコンクールで優勝した話がありました。その秘訣はなんだったのか、知りたいところでした。その人の使ってたのは、さっき「ダメ過ぎ」と書いた機種のさらに前の機種だったんですよ。
2016/12/18(日) 21:08 | URL | ゆきなぎ #-[ 編集]
> テクニックのもとは耳という話を読んだこともあり。

「聴き取ろう」と意識しないと耳は育たないという話を読んだり聞いたりします。
音が「聞こえている」のと「聴き取る」のは全く別であると。
騒音問題でもその音が気になるから特定の音への神経が
研ぎ澄まされて、僅かな音でも気になってしまうのですよね。
音楽に置き換えると、聴き取ろうとすればするほど、発達するはずですよね。


> 自分自身、電子ピアノは3台目で、買いかえるごとに上位機種で年数で進化もしてるので弾いての機能の差は歴然ですが、新しいピアノになってから、演奏が生き生きしてきたと言われたことがあります。まあ、初代のは、ピアノが揺れるほど叩いても、フォルテに迫力が出ず、限界を感じていたということがあり、実際に、その電子ピアノでは表現しきれないと感想もいただきましたが、ピアノが駄目過ぎたというだけでなく、普段弾くピアノがグランドに近づいたら、実力もアップしやすいのかなあと思いました。

電子ピアノって進化が早いので、3年もするとけっこう革新的な違いが起きていたりしますよね。
ローランドなんかは鍵盤の耐久性を100万回テストしていると言っていますが、
1日の練習時間に置き換えると、曲にもよりますが1~2時間も練習すると3年位で到達してしまう
可能性があるのですよね。
廉価なコルグのSP-170Sだと、1年以内に鍵盤が故障する話は非常に多いですし。
私は3年くらいで買い換えちゃおうかなと思っています。新機種に増えた機能が気になってしまうので…

そういえば高級機種で、フォルテの伸びを強化したという謳い文句があったと思います。
ゆきなぎさんが感じたように、フォルテの伸びは、そういう改良を施していないと出にくいのでしょうね。

電子ピアノの音源がよくなるほど、上達には貢献するという話は聞いたことがあります。
音がいいほど、練習のやる気も増しますからね~


> あと、以前に、安物電子ピアノで普段練習している人が、何だったかのコンクールで優勝した話がありました。その秘訣はなんだったのか、知りたいところでした。その人の使ってたのは、さっき「ダメ過ぎ」と書いた機種のさらに前の機種だったんですよ。

最近話題に上っている、ピアニストの反田恭平さんも自宅ではヤマハのクラビノーバで、
ハノンの1番?を弾いているシーンが放映されていましたが、指の練習というよりは腕の細かい筋肉の動きを、
弾きながら細かくつぶさに観察して研究していると言われてました。
生ピアノはレンタルで自宅外で弾いているようです。

電子ピアノが全てと思ってそれに依存してしまうとダメみたいですが、練習に活用しているピアニストの方のブログを
見ますので、うまく活用する方法はあると思うのですよね。
リチャードクレイダーマンが、世界中のコンサートの練習用に、コルグのSP-250をたくさん購入したと
いう話も古いけど有名ですね。
外国の音楽院でも、生ピアノの台数が生徒の数に対して足りなくて、電子ピアノも設置されているという話もありますし。

2016/12/19(月) 09:27 | URL | けもネコ #mQop/nM.[ 編集]
リンク、子供にしてはエラく大人びた会話ですねw
でも、子供って大人が言ったことをそのまま真似して言ったりするから、案外こういう会話もあったりするかもですねw

てか、キーマン先生の「ルイ・レーリンク」さんって、FF9のピアコレの演奏してる人じゃないですか!

ところで「音色」って、そもそもその人が属している「社会的世界」によって、定義が違いそうですよね(;´∀`)

シンセ界隈の人とかだと、基本的には「ある楽器の音=音色」だろうし(多分そのバリバリさんと、楽器屋さんはその定義の人?w)(もちろん同じ楽器でもベロシティで使い分けたり、サンプリング音源自体を変えたりするんでしょうけど)

多分それで、エレクトーン勢とかの人は、エレを虹色楽器、対してピアノをモノトーン楽器、水墨画とか喩えたりする人もいるのかなあと。

でも、ここでけもさんが問題している「音色」は、その水墨画の「墨の濃淡」ですよね多分。

当然、生ピ勢はミクロな視点で細部を追求していきますよね(外から見たら「??」かもしれんけどw でもそういうのってどの世界でもそうですよねw)

大きく見れば「水墨画」だけど、雪舟の絵と、大陸の絵じゃまた違うし、時代によっても人によってもまた。。。っていうw

ピアノの「音色」って、音量、音質を含んだ概念だし、グランドかアップライトか、メーカーごとの特徴、個体の古さ、状態、調律等々、あらゆるレイヤーで語れる多義的な概念ですよねぇ。。。

まあ自分は、柔らかい「ポーン」、硬くて強い「ツーン」ぐらいしかわからなくて、前けもさんがおっしゃってた「深い音」とかは未だに全然つかめてないですが(;´∀`)

ただ、違う世界の人とも、定義のすりあわせだけでも面白い議論になりそうではありますよねw
2016/12/19(月) 23:08 | URL | くだダヰナ #-[ 編集]
> リンク、子供にしてはエラく大人びた会話ですねw
> でも、子供って大人が言ったことをそのまま真似して言ったりするから、案外こういう会話もあったりするかもですねw

いやー、子供の演奏はあなどれないですよ。
大人の初心者が苦労するブルグ25を、小学校低学年で終えてしまったりしますから((((;゚Д゚)))
音色の変化も感覚でつかんでしまうようです。
うらやましい。。。


> てか、キーマン先生の「ルイ・レーリンク」さんって、FF9のピアコレの演奏してる人じゃないですか!

もしかしてすごい人が記事に関わっていたのですね!?
(;゚Д゚)


> でも、ここでけもさんが問題している「音色」は、その水墨画の「墨の濃淡」ですよね多分。

そうなんですよね。
音色には、和音の重なりとかの「音色効果」もありますが、
ここでは単音での音色の変化に着目しています。

他の楽器からみると、ピアノは単音での変化を出しにくい楽器と言えそうです。
だからこそピアノの歴史で、微妙な音色の変化を追求するようになったのかもしれませんね。


実は電子ピアノは単音でみた場合は、音色の変化を出しやすいのだと思います。
打鍵の強さ別にサンプリングしているので、強さ(速度)だけ変われば
音量と音質が同時に変わりますから、最弱音から最強音まで誰でも出せそうです。


生ピアノでは弱音になるほど、また強音になるほどきれいに弾くにはテクニックが難しくなるので、
素人が使える音量の範囲は限られてしまうのですよね。
あと、単音レベルでの音色のコントロールに関しては、鍵盤に指が当たる音や底付き音、
響きに影響を与える力の入れ方やハンマーの加速(しなり?)具合が音色を作り出すようなので、
それをコントロールするためには、強弱以外に様々なタッチが必要になるという。。。


> ピアノの「音色」って、音量、音質を含んだ概念だし、グランドかアップライトか、メーカーごとの特徴、個体の古さ、状態、調律等々、あらゆるレイヤーで語れる多義的な概念ですよねぇ。。。
>
> まあ自分は、柔らかい「ポーン」、硬くて強い「ツーン」ぐらいしかわからなくて、前けもさんがおっしゃってた「深い音」とかは未だに全然つかめてないですが(;´∀`)

生ピアノを弾く機会があったらいろいろ試してみてください。
反応が面白いですよ w(´∀`*)w

2016/12/20(火) 12:06 | URL | けもネコ #mQop/nM.[ 編集]
URL:
コメント:
Pass:
秘密:
 

 | Copyright © 大人のねこふんじゃった All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ