大人のねこふんじゃった2019年06月

2015年9月から始めたピアノ初心者(♂)です。大人がゼロからピアノを始めた記録です。レッスンに通っています。
2019/06/22(土)
先日、加古隆さんのピアノソロコンサートに行ってきました!
作曲家&演奏家だそうですが、昭和の大ヒットドラマ、「白い巨塔」の音楽を作った方だそうで。
(世代が違うので見たことありません…)
実はこの方を存じ上げなかったのですが、YouTubeでいくつか見てみて演奏が気に入ったから、
半年前からチケットを買ってあったのでした。
音色の美しさに定評があるそうなのですね。

あまり映像は無くて弦楽協奏ですが。


生演奏で気がついたのは、音が鳴る前に先に鍵盤を捉えているということでした。



少し前に録画したBSの番組で、坂本龍一さんのライブを見ていても気がついたのですが、
やはり鍵盤を触ってから鳴らしています
この映像はそれとは別ですが、中盤のゆっくりで手がアップになる箇所が分かりやすいかもです。


坂本龍一さんも音色に定評があるようですよね。魂の入ったピアノ・ピアニッシモを使うというか。



故kazさんもそう言われていたように思って、過去記事を探してみたら出てきましたよ。
演奏を拝聴したことはないのですが、kazさんも魂のピアノ弾きだったと思っています。

音より先に・・・
http://2013815piano.blog.fc2.com/blog-entry-2087.html


>「ピアノの人って動きが緩慢だよね」かつてルカに言われたことがある。緩慢?その意味だが、音を出す瞬間に指とか手が移動している・・・という意味らしい。
> つまり、ピアノに限らずだと思うが、音を出す瞬間の前に移動は済ませておくこと。これが楽器演奏の鉄則・・・なのだそうだ。
> そこがピアノの人は緩慢、意識化がものすごく下手・・・だと。

>「ピアノの人って動きが緩慢だよね?」このルカの言葉は、別に指の動きが鈍いとか、動かないとか、そのような意味とは違うように思う、
> ズバリ「準備が遅いよね?」ということのように思う。

> 音を出す瞬間の直前に「準備」が必要なのだ。自分の理想のサウンド、音世界を実際にピアノで出すために。
> 準備、それは移動と同時に弾く・・・では遅くで、弾く瞬間の直前には、その音の鍵盤に触れていなければならない。これができていない。緩慢だから。

> ピアノ以外の楽器とか、あるいはバレエ、そしてフィギュアスケートなどもそうだけれど、凡庸なパフォーマンスに共通しているのは、
> 動きとか音を出すとか、その前の準備が遅い・・・ということだ。意思を反映させる、
> つまり「このような音が欲しい」という明確なものを音として出すには、準備、感覚としては「音の先取り」のようなものが必要だ。
> 移動と同時の発音、そのような演奏はボヤッとしているというか、ガツンとしているというか、とにかく緩慢、凡庸な印象を与える。



そういえば、レッスンを受けていて同じような指摘を受けたことがあります。
必ずどんな音を出したいかイメージしてから鍵盤を弾きなさいと。


・・・


スミマセン、今でも言われています・・・
その箇所に似つかわしくない音を出してしまうと、「音色を作って下さい」と言われます(^^;

思うに、先に鍵盤に触ってから・又は上で準備してから弾くというのはそれもテクニックなのかもしれませんが、むしろ結果論としてそうなっているのかもしれないです。
次に出す音を先に頭の中で鳴らしたり、先取りしてよくイメージしているから、結果的に鍵盤を先に準備して弾くことになるのかなと。

どうやら私も鍵盤の準備は無意識にやっているようですが、たしかに、頭の中で先に音を読んでいないと確実にはできないですね。
感覚としては、今・弾いているところとは別に、次の小節を先に聞いている感じ?
それができていると余裕を持って弾けるし、次の音を確信を持って出せるので、ミスタッチも減るような気がしています。


上の記事でkazさんが言われた、「音の先取り」が、演奏の重要な秘訣なんだろうなと思うのです。

 | Copyright © 大人のねこふんじゃった All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ