大人のねこふんじゃった2018年12月

2015年9月から始めたピアノ初心者(♂)です。大人がゼロからピアノを始めた記録です。レッスンに通っています。
2018/12/27(木)
心をこめればこめるほど、表現力が向上して、素晴らしい演奏になって、魔法の表現ができて、みんなが感動する… わけではないと思うのです。

前回の記事を否定しているわけではありませんが(^^;


ムジカオンラインショップブログより:簡単な曲にも心を込めて弾けますか。 「これでもか」ってくらい、感情を押し出したり、押し込めたりするんですヨ。
http://mouri-saori.musicalabel.net/blog/?p=6579


> 表現するためには絶対に心に壁を作らないことです。
> 素の自分を出すことです。

私の場合、レッスンで、集中しないでさらっと運動的に弾いてしまった箇所は、先生からすぐ指摘が入ります(^^;
心をこめるとは、丁寧に弾く・集中する・自分を解放する・自分を出すことなのでしょうか。
そうであるなら、もちろんこれは目指すべきことですよね。



しかし、心をこめるだけで素晴らしい音に具現化されるわけではないようなのです。

このピアニストの方は、1音1音、必要な音を創り上げていくそうですよ。
膨大な作業ですが、「○○の感情を表しているように聞こえる音を出す」のは技術の積み重ねなのですね。

音の葉インタビュー 演奏と体3 より
https://otonoha-concert.com/interview/nakazawayoriko.html


> 当時は心を込めることに120%のエネルギーを注いでいたんです。
> 「この作品はこういう曲だから、それに対する自分の気持ちはこうなんだ!」って。でも、録音してみると、
> その気持ちとはかけ離れた音になっていますから、じゃあまだ気持ちの入り込み方が足りないんだ、っていう感じです。

> そういうことが続いていく中で、「これは気持ちじゃない、技術なんだ」ってことにだんだん気がつきました。
> 「音をつくる方法」っていうのがどこかにあって、それを見つける、研究することが、
> 悲しい曲を悲しく聞こえるように演奏するために必要なことなんだ、って。




kazさんの過去記事:処方箋のないピアノレッスン から
http://2013815piano.blog.fc2.com/blog-entry-3023.html

> 音並べ演奏の原因の一つが、この楽譜を読むということと音符を読むということの混同ではないかと思う。
> 「なんだかな・・・」という場合、大体音符しか読めていない。楽譜を読み取っていくことで、表現というものにつながっていく。
> 表現って、なんとなくウッフ~ンと感情を込めればいいというものでもない。

人を感動させる演奏をしていた、故kazさんは、楽譜に書いてあることしか読めていないと、ショパンを弾いても音並べになると言われています。
だからといって、いくら感情をこめても、うまくいかないのだと。

ショパンの有名な曲を弾けるくらいまで上達できる人は、大人から始めたピアノではほとんどいなさそうですし、子供の頃からやっていても限られた人だと思うのですが、
そこまで到達してスラスラ弾けても、楽譜の表面上には書いていない・でも必要なたくさんのことを読み取って演奏できないと、中身が無いということになるのですね。
厳しいですね…


> 音並べの演奏の二つ目の原因が弾き方。脳内で感じたものを、具体的に弾き方というものを通して音として具現化されていかないと、
> 自分の脳内だけでは人に伝わらない。

たしかに、音に具現化する方法を知らないと、できないですよね。
悲しい音、暖かい音、切迫した音、クリアな音、怒った音、etc…
タイミングや間、ペダルの深さや和音のバランスまで全部絶妙に関連し合っているから、難しいですよね。


> 音符ではなく楽譜を読む、汲み取っていく。そして身体、指に反応させて、弾き方として具現化する。
> 「読譜」と「奏法」ということになるのだろうか?僕の個人的な考えだと、これを自力で発見、開拓していくのは非常に難しい。
> 「なんとなくただ弾いているという感じなのよねぇ」と感じることはできる。
> でもその先に自分一人だけでは進めない。よほど耳の鋭い人、身体中が音楽で溢れかえっているような人だったら別かもしれないが、
> 多くの場合、「教えてもらう」必要があるのではないだろうか?
> 誰に?それは自分のピアノ教師だろうと思う。

音に具現化する方法は、教わらなければ自力で発見するのは極めて困難らしいです。
よほどたくさんの音楽を聴いてきた蓄積があるか、センスに恵まれているかでないと…
kazさんは耳コピでもたくさんのクラシック曲を弾けたそうですし、相当な才能の持ち主だったと推察します。



「聴いて盗む」ことはできると思うんですよね。表現の耳コピ? 聴いて分かれば引き出しが増えそうです。
それでも相当、その曲が好きになって心を動かされたり、時間をかけて徹底的に聴きこんだりしないと難しいとは思いますけども。
kazさんは「歌から盗む」と言われていました。声楽の歌い方をピアノ演奏に応用するのですと。



まとめると、
心をこめるだけでは、魔法のように音に具現化はしてこない。
曲の様々な表情を音に変える具体的なやり方は、学んで身に付けていくもので、自力で全て発見していくのは困難。
ということのようです。


そして、この3つが合わさって、いい演奏になるのでは?と思うのでした。
左脳的な技術論と、右脳的な感覚・精神論のどちらも演奏には必要なはず。

① 1音1音、追求して創り上げた理想の音が頭の中や楽譜の書き込みにあって
② 音への具現化方法を技術として習得して (無数にあるので、まずはその曲に必要とする物から)
③ 心をこめて演奏する


おそらくピアニストはそういうことを経て、多くの魅力的な演奏を期日までに用意できる、プロフェッショナルなのでしょう。
アマチュアや趣味のピアノでは、そこまでの作業は1年に1回の発表会用の曲くらいにしかできないかもしれないですが、
レパートリーのうち、何曲かををそこまで磨いておくと、幸せになれるのかもしれない?とも思うのです。
自分の代表曲というのは、そういう曲なのかもしれませんね。

2018/12/22(土)
20~30人位の集まりでピアノを披露する機会が、今月に2回ほど、ありました。
弾くのは私だけで、聞く方は楽器をやらない一般の人です。(;゚Д゚)
持ち時間は5~6分なので、2曲の組み合わせがいいかな?
頼まれたからには、なるべく楽しんでもらえる選曲と、心地よく・分かり易い表現、綿密な準備と練習を… ということで、一週間位前から真剣に取り組みましたよ。
慣れた曲だけと、片手ずつ注意深く弾いて、磨き直しをしました。


2曲やる場合、曲調が違う組み合わせにしたいので、
「渚のアデリーヌ」「ラピュタ オープニング(空から降ってきた少女)」「エリーゼのために」から2曲を組み合わせて弾きました。
①悲しげだけど美しい曲 ②暖かく癒される曲 という流れが、感情の変化が大きくて好きなので(^^;
しかしどれも有名な名曲なので、ミスすると目立つんですよね ( ´Д`)


アマチュアやプロを含めた、さまざまな演奏家が、「人の心に届くような演奏」を最も大事にするようになった時に、それからの演奏がガラリと変わり、キャリアに大きな変化があったという話をいくつも読んだことがあります。
「ピアコツ」の最後の方にも、「エリーゼのために」で人の演奏を変えたエピソードがあり、そのお話にも心打たれました。
きっと、それが音楽するための極意の一つなのかなと。
その考えは常に大事にしていますし、ピアノを始めた当初からずっと持ち続けています。
始めは自分の音で自分が楽しむために、だったのでしたが。


緊張を克服するために、聞いている人たちがいない物と思って弾くとか、カボチャと思って弾くと聞いたことがあります。
私はそれとは真逆に、想いは聞いてくれる人にしっかり向き合って弾きました。(体は横向きですが)
歌うように、語りかけるように…
顔芸はしません(できません)が、曲の心象風景に応じて自分の感情は変化させます。
しかしやりすぎないように、冷静さもどこかに持ちつつ…
もちろん、それでも緊張しますけどね。


結果、ものすごく喜んでもらえてびっくり!(゚Д゚)
「感動した!」などいろんな感想をもらえました。
大半は私のピアノキャリアを知らない人ばかりなので、「初級者にしてはいいんじゃない?」的なものではなかったのかなと。
ピアノ歴を知っている人も、「去年とはぜんぜん違う」と言っておられました。
実力はあまり変わっていないと思うのですけどね。何箇所かミスしてるし(;´∀`)
とにかく、楽しんでもらえることが最大の目的でしたから、それは達成できてよかったかなと。
私の本番をあまり見たことがない、うちの奥さんも涙ぐんでいたそうで(なぜに?)


同じ様な手ごたえがあったのは、昨年、コンクールを受けた時でした。
その時は他人と競う場だとか、審査の点数とか、そんなことは全く考えず、私が曲から感じた感動を音で現し、審査員の方に伝えて一緒に楽しんでもらいたいという想いで弾いていました。


音楽をするために大切なものは何なのかということを、忘れないようにしたいなと思うのでした。

2018/12/10(月)
ブログ村でいつもお見かけする先生と門下生のコンサートです。
2年前に、ピアノ仲間からチケットをもらって参加しました。
今年はだれにも誘われていませんが、自発的に行ってきましたよ。

181210piano.jpg

出演者のうち5名は東京在住なのですね~

難易度の高い曲が多かったです。
私のレベルで判断できることではありませんが、みなさんレベルが高く、中身の濃い・深い演奏だったように思います。聞きごたえがありますね。

少ないですが毎回、災害募金もさせていただいております!

毎回出演するピアニストの 園 修一さんも、影ながら応援しております(^^

2018/12/05(水)
録り溜めていた「題名のない音楽会」を観ていたのですが、全国から選ばれたアマチュアの音楽家がオーケストラと共演するという企画がありました。
地区予選と本番の2回に分けての放映です。

審査の基準は、上手なだけではなく、熱いものを感じるかどうかという点が、重要視されたそうです。
演奏が激しいというのではなく、静かな曲であっても、演奏者に熱いハートを感じるという…
そういう、心に届く音楽は私も好きですね~ いつもそんな演奏を目指していますし、よく聞く YouTube はそんな演奏を選んでしまいます。


北海道からは楽器の人は落ちて、小学生の声楽の少年が本選に出ていました。
変声期前のボーイソプラノと、邪念の無いまっすぐな表現が、審査員のハートをつかんだそうです。


ちなみに楽器は様々で、「草笛」という人もいてその表現の高さには驚きましたよ(;゚Д゚)

私が一番、心惹かれたのは、車椅子のサックス奏者と、オカリナの方ですかね。
審査員のプロのサックス奏者の方がうなっており、『楽器なのに、これはもはや「歌」』と絶賛しておりました。

オカリナの方が吹いた曲は、自分の代表曲なのだとおっしゃっていました。
毎日、練習の最初に必ず演奏するそうです。


自分の代表曲というのは何だろう…
愛着のある特別なレパートリーとも言えるでしょうし、徹底的に磨き上げられて、魂の入った演奏ができるレベルに達した曲 なのかもしれません。
いつでもどこでも人前演奏の準備ができている状態とも言えるかもしれませんね。

私も、気に入った曲は常にレパートリーとして持っているのですが、一定レベルで満足するのではなく、特別なレパートリー曲は、どこまでも磨き続けていこうかなと思うのでした。


みなさんは、自分の代表曲を持っていますか?

 | Copyright © 大人のねこふんじゃった All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ