大人のねこふんじゃった2018年07月

2015年9月から始めたピアノ初心者(♂)です。大人がゼロからピアノを始めた記録です。レッスンに通っています。
2018/07/30(月)
脳卒中?で加療中にお亡くなりになられて残念です。まだそんなにお歳をとっていないはずなのですが。
氏のブログのファンでずっと読んでいました。このブログからも右サイドの上の方にリンクさせてもらっています。

kazさんは日本流のピアノレッスンにありがちな問題点をいつも考えつつ、往年の名ピアニストの演奏に魅せられながら、音楽的に弾くことの意義を模索しておられた方と思います。
実際の演奏もとても心に響く演奏だそうで、ぜひ聞いてみたかったです。


気になった過去記事から。
故kazさんのブログ、ピアノのある生活、ピアノと歩む人生 より
自分の内部に入ってスパークさせる
http://2013815piano.blog.fc2.com/blog-entry-1476.html


>「あっ・・・この人の演奏・・・いい・・・上手・・・素敵」という演奏に共通しているのは、
> その人は、移動が素早いのだ。反対に、「音符はバッチリ弾けていてミスもないし、
> 一生懸命弾いているんだけど・・・」という人は、移動と打鍵が同時なのだ。

>「鍵盤に指を置いて、鍵盤に触ってから打鍵せよ」という鉄則。移動が緩慢だと、これができない。
> これまた気づいていたことだが、ショパンのノクターンのような、スロー系の曲だと、
> 移動までスローになってしまう人が実に多いような気がする。どのような曲であれ、音型であれ、
> 準備してからコントロールしてから打鍵・・・なのだ。移動は素早く・・・そして鍵盤に指を置いてから、
> それから意識して打鍵・・・これはピアノ演奏の基礎・・・かもしれない。


素敵な演奏をする人は、「移動は素早く・鍵盤に触れてから・意識して打鍵」をやっているらしいです。

先日、フジコ・ヘミングの映画を見てきましたが、上記の弾き方のように見えました。一般的な弾き方よりも少しスローな演奏が多いのですが、ポジション移動は素早いです。
彼女は音色がきれいで歌うような演奏という評判で、その秘訣は、音量のバランスが絶妙なのだとは個人的に思っているのですが、もう一つはやはり打鍵直前の準備・コントロールなのでしょうね。

もしかしたらピアニストには当たり前のテクニックなのかもしれませんが…
映像では速すぎて気付きにくいけど、どのピアニストも、きっと速い箇所でも意識上ではそうやっているのでしょうか。


素敵な演奏をするためのコツは「先読み&打鍵の準備」にありそうですが、どう実現するかを考えると…
・読譜でいく場合、なるべくたくさんの音を目で素早く先読みする。
・暗譜でいく場合、数音先まで頭の中で素早く先読みする。

このどちらかが必要でしょうね。
どちらも、曲の音そのものはすべて覚えている前提でしょうか。

高速なポジション移動をするには、体で覚えないと難しい部分があるので、体でも頭(耳)でも覚えておく必要があるのでしょうね。

2018/07/17(火)
るーるるる と呼んでもキツネは寄ってきやしませんよ(謎


●1日目

所要あって東京に行くことになったので、モル作さんに再びピアノ会を開催していただけました。
(前回は2017年5月です)

昼間に用事を済ませ、夜のピアノの集まりになんとか間に合いました。
それにしてもすごい暑さ! 36℃なんて未体験ゾーンですよ。(゚д゚)
基本的に道民は気温が30℃を超えると生存できないとされていますので(ぉぃ

割と広いスタジオで2時間ほど弾き合いました。
モル作さん、びこさん、やぢまさん、大竹さん、tomomiさん、私の6名です。

びこさんとtomomiさんがはじめましてでした。
お二人とも若い…(*゚ェ゚*)


モル作さん>ベートーヴェンをはじめとするクラシック曲に磨きがかかっておられました。そのうちベトソナを弾くでしょう。

びこさん>やっとお会いできてよかったです。summer、愛のテーマなど、やはり好みが近いですね。Melodies Of Lifeはさすがです!

やぢまさん>読譜力の高さが演奏の安定性の秘訣なのかなと思いました。ベニスの船歌、いいですね~

大竹さん>重いテーマを演奏で表現されていました。みんな赤い文字と教会を思い浮かべていたことでしょう。発表会がんばってください!

tomomiさん>見学のつもりで参加されたそうですが、みなさんからのリクエストで弾かれました(^^
やはり子供時代にやっていた人は上手です!

私が弾いたのはラピュタオープニング、渚のアデリーヌ、本当の喜び、恋はみずいろ、ザナルカンドにて、シータの決意、の順番だったかな?
けっこう弾きましたね。軽い気持ちで、あまり緊張はしなかったです。


そして二次会へ… 盛り上がりました( ^ω^ )



●2日目

開催前に少し時間があったのと暑さ回避でY電機にいました。
カシオのリアルな電子ピアノ、GP500を発見し、ガン見していると、すかさず店員さんが「どうぞ弾いてみて下さい」というのですが、「弾けるものなら弾いてミロ!」的なゴージャスな展示方法?お立ち台?のようにになってて、気が引けましたねー(汗

周りに人が少ないので音量控えめでサラサラ弾いてきました。
GP300もそうですがハンマーが中で動くのが見えるので面白かったですし、タッチは悪くないです。
音量を生ピアノ並みに出さないとなかなか判断は付きませんが、それは無理…
ヘッドホンを使いたかったです(*゚ェ゚*)


そして午後から、広いスタジオで2時間ほど弾き合いました。
モル作さん、ね~みさん、いもコンさん、こぺさん、私の5名です。
180717piano.jpg


いもコンさん、こぺさん、はじめまして!
女性陣はみなさんレベルが高くて聞きごたえがありましたよ(^^
ショパンが多くてうれしかったです。


モル作さん>昨日に続き、ベートーヴェン様のクラシック道を披露されてました。

ね~みさん>バラードがいいですね~ ブラームスもすごい…!

いもコンさん>表現の幅がすごいですし、感性で弾く姿に、リアルのだめ?まらしぃ?を見ました。

こぺさん>10分もの長い曲を暗譜ですし、すごく曲に入って弾いているみたいです。入魂のショパンですね!


私が弾いたのは、悲歌、ラピュタオープニング、恋はみずいろ、だったかな?
昨日はちょっと集中力が足りなかった気がしたので、この日は集中して弾いてみました。


そして二次会でピアノ談義へ。
あっという間に時間が過ぎた感じでした。


人の演奏を聴く(見る)のはとても刺激を受けます。
みなさん、2日間おつきあいいただきまして、ありがとうございました。m(_ _)m

帰ったら涼しい、というか寒かったです (°_°)

2018/07/09(月)
レパートリーの維持方法は、2年前に記事にしていましたよ。
すっかり忘れていましたけど…

レパートリーの維持方法 (2016/5/24)
http://kemoneco.blog.fc2.com/blog-entry-86.html



それから2年経ってどうなったのか…?

曲によって、週に1回弾けばOK、2週間に1回でOK、1週間に何回か弾かないと心配、など差があることが分かりました。
復習に楽譜が必要な曲、記憶だけでいける曲など、これもまちまちですね。


弾き合い会を前にして、今弾ける曲を確認していたのですが、やはり好きな曲ほど弾く機会も多いので、ちゃんと覚えているものですね。
1時間ほど次々と弾きまくって確認したところ、維持できている曲数は17曲ほどでしたが、人前でも暗譜で大丈夫そうなのは10曲くらいでしょうか。
何曲かは楽譜を見ないと弾けないですねー。音は忘れないけど、指遣いが怪しくなるので、楽譜でそのへんの確認が必要になります。


今の所、過去曲の維持にかける労力は1日に0~10分以下で、適当に思い出しながらやっている程度なので(ぉぃ)、もう少し真剣にやれば20曲は常に弾ける状態にできそうな感じはしました。



ここで、曲の維持方法や復活方法に関して、先達の知恵をお借りして、参考にしてみたいと思います。
個人的にこれは!と思った要点だけ書き出したので、ぜひ詳しくは元記事をお読みになって下さい。
どれも詳しく長く書かれていますよ。


ピアノの先生の場合
いつまでもレパートリーにしておくためには
http://piano-pipi.jugem.jp/?eid=924

・時々弾いていればOK。
・維持することで表現力が上がる。


ピアニスト・ピアノの先生の場合
持ち曲として維持したい!過去曲を復活させる方法
https://chihiropiano.com/howtoplay/180216-2/
・完成度を落として維持する。
・曲リストをローテーションさせる。
・本番前に念入りに弾いて再仕上げ。


ピアニスト・ピアノの先生の場合
大人のピアノ(3)レパートリーを確保する方法
https://ameblo.jp/muse7777/entry-12007339330.html

・1日1曲だけ復習し、曲リストからローテーションする。
・時々は1曲に集中練習してレベルアップを図る。


昭和29年発行 ピアノの技法(翻訳本)
・週に1回は弾く。曲リストからローテーションする。
・注意深く維持していれば、より深い解釈に到達できる。
・ただし、テクニック的にまだ到達できていない曲、好きになれない曲は除いた方がいい。



プロの方は覚えていないとならない曲数が多いから、ローテーションしながら毎日少しずつ弾く感じなのですね。

興味深いのは、維持し続ける効果をあげられていることです。
弾けるようにするためだけではなく、維持し続けることによって表現力が上がるという意見が複数ありました。
これは見逃せませんね!
(*´∀`*)


とはいえ、大多数のピアノ学習者は、維持のための労力を嫌って、それを行う人はだとも書いてありました。
生徒が望まないから、ピアノ教師が曲の維持を勧めることもあまり無いともあります。
そういうものなのですねー



まとめると、

・プロでも復習しないと曲を忘れてしまうので、地道に曲の復習をルーチンワーク化している。

・1曲あたり、週に1回程度は弾く。

・少しの時間でもいいから毎日、復習することが大切。

・時々復習していれば、再度仕上げる時間がかなり短縮される。

・維持し続けることによって、表現力が高まったり深めたりすることができる。

こんなところでしょうか。


レパートリーがあると楽しいし便利なので、あまり労力をかけずにうまく維持したいですね(^^

 | Copyright © 大人のねこふんじゃった All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ