大人のねこふんじゃった2017年10月

2015年9月から始めたピアノ初心者(♂)です。大人がゼロからピアノを始めた記録です。レッスンに通っています。
2017/10/16(月)
ピアノを演奏するためには、握力を鍛える必要があるとかないとか、いろいろな意見がありますよね。
どうやら積極的に握力の筋トレはしない方がいいようなのです。
グランドピアノの重い鍵盤を弾きこなしていく中で、自然に鍛えられる程度でいいのかなと。

上智大学の古屋晋一准教授が世界で始めて、音楽家の高速な手指の動きの働きを発見したそうです。(2015年10月)
以下に論文の概要が載っています。
高速にピアノが弾ける人ほど、握力が弱く・指の動きが速く・二の腕の筋肉が強いそうです。
http://www.sophia.ac.jp/jpn/info/news/2015/10/globalnews_1652/20151027press?kind=0&target=press



「二の腕の筋肉が強い」ということは上腕三等筋ですね。
前腕を押し下げる筋肉は強い方がいいようです。


古屋晋一准教授の著書によると、プロのピアニストは打鍵時に上腕ニ等筋を緩める動作が見受けられたそうです。
重力を活用して前腕を落とす動きなのですね。いわゆる脱力?重力奏法?
ただし、スピードや音量が増すと上腕三等筋を積極的に使わないといけなくなるので、力を抜く場合と入れる場合があるようです。
強弱で奏法が変わることを意味していそうです。




プロは省エネで効率のいい筋肉の制御を行なっていて、しかもそれが速さにつながっているということになるのですね。

興味のある方は、上智大学のリンク先にある長文の英語論文を翻訳してみると、さらに詳しく解説されているので、読んでみると面白いと思います。

その中で興味深かった箇所は、

握力が強いと打鍵が遅くなる原因は、強い筋肉の剛性が指の精密な動作を阻害しているようである。

上腕三等筋を鍛えると演奏能力が向上する可能性があるので、試してみてはどうか。

という部分でしょうか。


これらの研究結果は画期的なことだと思いますが、24名の卓越したピアニストを解析した結果論であって、それらを踏まえてどのような学習・トレーニングが最適なのかは、これから試されていくようになるのかもですね。(研究を支援したヤマハにがんばってもらわないと…)


ちなみに、私の握力は人並みか、あまりない方かも…
握力を鍛えずに上腕三等筋を鍛えてみようかなと思うのですが、ダンベルを使うと握力も上がってしまうので、いい方法はないかなーと考え中です。


スポンサーサイト
2017/10/12(木)
日中、某高級楽器店に出入りしていたところ、
小学生くらいの子供がお店に入ってきて、私に「こんにちは!」とあいさつしました。

(゚Д゚) ポカーン



えーと。。。

ピアノ講師か店員と間違えていませんか? ( ´Д`)


まぁ、昼間にスーツを着て楽器店にいれば、そう見えても不思議ではないのかも。
クールビズが嫌いなので、ノーネクタイにはしていませんが、それも関係あるのかな?

音楽関係者に見えたのは、よしとしておきましょうかね…


次に同じシチュエーションになったら、「はい、こんにちは」と軽く笑顔であいさつしてみますかw

2017/10/03(火)
ピアノのレッスンに通い始めて、最初のうちは「もっと歌って」と言われましたが、そういえば、いつの間にか言われなくなりました。

実は頭の中では最初から歌っているので、だんだんと技術が付いてきたら、あとはそのまま演奏に反映できているのかもしれません。


作曲家&ピアノの先生のブログに、興味深い記事がありました。

楽器の演奏で「歌う」とは?
http://lessonblog.sonoragarden.com/?p=107#more-107
※リンク先ですが、見るだけなら問題ないですが、別な記事リンクをクリックすると、MicroSoft系ブラウザではサポート詐欺の広告ポップアップが出るので、ご注意を。(Chromeでも出るみたいです)
Firefoxでは問題なかったですが、 リンクタグは消しておきました(2017/10/4)


アンチMSなので、私は遭遇しませんでしたが、世界的に大流行しているようですね… 日本人もかなり引っかかっているみたいです。参考情報↓
【詐欺】Windowsセキュリティ重要な警告の消し方 アンチウイルスサービスでエラー!?
https://blogs.yahoo.co.jp/fireflyframer/34177559.html




本題に戻ります(^^;

> 歌詞がなくて、メロディーを歌う時、どうやって歌いますか?

> 「らーららー」とか「タラッタラー」とか
> いわゆる、オノマトペ(擬声語)を使いますね。

> このオノマトペ的歌は、音楽フレーズのつながりや、長さ短さ、
> 強さ弱さ、 固さ柔らかさ、ニュアンス、温度、明暗、勢い、喜怒哀楽・・・など
> 音楽のエネルギー状態をそのまま表わします。


ほぅほぅ(゚Д゚)
みんなそう歌っているのですね??

私は音名で歌う人ですが、上記のような音楽のエネルギーも大いに含んでいます (≒熱唱)

オノマトペ(擬声語)って言葉は初めて聞きましたけど、子供とかそういう風に口ずさみますよね。



> だから、楽器の演奏者は
> 口には出さなくても、そんなふうな歌を心の中で本当に歌っています。
> それが「歌う」ということです。

> 実際、演奏をする時、
> 心の中でそのフレーズをどういう発音でどう歌っているかによって、
> 出てくる音はその通りに変わってきます。

なるほどー 〆(・ェ・o)メモメモ

頭の中での歌い方なんて、先生からは教わらないし、聞いたこともないので、ここは我流でやっていましたが、案外、正しかったのかもしれないです。


私の場合は、楽譜に書けないレベルの微細な間やテンポの変化を、頭の中の楽譜で再現しているのですが、そこに音色のイメージも加えると、もっと表現がよくなるのかもしれないと思いました。
ていうか、生ピアノでの探求が必要ですが(^^;

 | Copyright © 大人のねこふんじゃった All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ