大人のねこふんじゃった2017年05月

2015年9月から始めたピアノ初心者(♂)です。大人がゼロからピアノを始めた記録です。レッスンに通っています。
2017/05/24(水)
元ネタ



<3日目>
札幌に戻りましたが、さっそくピアノ三昧です (^^;


午前中:レッスンでした。(あやしいおじさんが先に来ていましたw)

午後:いつものメンバーで弾き合い会4時間、飲み会4時間 (^^

 今回は、あやしいおじさん、akaneさん、私の3人でした。
 小学校のヤマハのグランドでしたが、調律して3ヶ月なのに、F4の音が思いっきり狂っていました(;゚Д゚)

 ですが、3人でいっぱい弾きましたよ。
 あやしいおじさんがakaneさんからもレッスンを受けていました Σ(・ω・ノ)ノ



そんなわけで東京・札幌と、3日間で8名のピアノブロガーさんと交流をし、楽しませていただきました。
みなさん、ありがとうございます。
我ながら、よく体力が続くね(^^;





タイトルつながりで動画など。
私の好きな曲調&演奏スタイルです。こんな弾き方が理想ですね~


スポンサーサイト
2017/05/23(火)
※タイトルはネタです。 しかも古いw

ホワイトベース(北の大地)を脱走した、ニャアタイプの戦士、けもネコの旅…


<2日目>

けっこう広いスタジオで、ヤマハのグランドでした。
5人のピアノブロガーさんたちと、楽しいひと時を過ごさせていただきました。

ブログでよくお見かけする有名な方たちと一緒なので、緊張。。。
するはずが、あまりしなかったようです。 (*´∀`)

170523piano.jpg
(写真提供:ね~みさん)


>大竹さん

ドラクエ2から、この道わが旅を弾かれていました。
私も同じ楽譜を持っているので分かりますが、曲はけっこうページ数が多いのに安定の演奏で、翌日のコンクールは間違いないと確信しましたよ。
一曲だけ弾いてお帰りになられたのが残念です。



>モル作さん

2日目もありがとうございます m(_ _)m
前日よりも演奏のパフォーマンスがアップしているように見えました。
そしてやはり楽譜は無しです。
暗譜力がすごいです!



>ぶんごろさん

北と南からの奇跡の合流をしました(^^
華やかで煌びやかな演奏をされる方で、難曲を弾いてて圧巻でした!
ショパンとかいいですね~



>ね~みさん

謙遜されていますけど、リストとか楽譜が真っ黒なのを弾いていらして演奏はすごいですよ~
横から、タッチの使い分けとかさすがだな~と指を観察させていただきました(^^



>やぢまさん

コメントでお見かけしていましたが、最近ブログを拝見し始めました。
グリーグとか、ブログで聴いた曲を演奏して下さいました。
古典派クラシックのノンレガートの弾き方が本格的な感じに思えて、勉強になります。



>私の演奏

プレリュード1イ短調
Innocent
愛のテーマ
ロマンス
悲歌
シータの決意


たぶんこんな感じで弾いたような…
2日目なので、前日よりも弾けた感じはあります。
この日も、正確にキッチリ、ではなく、音楽的表現重視で自由に弾きましたよ(^^


スタジオで2時間、二次会で約3時間、ご一緒しました。
私が帰った後も、三次会が何時間か続いて盛り上がったようで(^^

みなさん、ピアノ愛が熱くて刺激になります。
お話しも面白いですし、演奏もさすがです!
YouTubeや録音よりもいっそう個性が感じられて、生演奏で伝わるものはすごく多いです。


皆様、長時間お付き合いしていただき、ありがとうございました。 m(_ _)m


その3へ続く。。。

2017/05/22(月)
週末は3日間、連続して弾き合い会でした。
なので区切りよく3回に分けて記事にしたいと思います。


サブタイトルに深い意味はありませんが、元ネタが分かる人は中年ということでw


<1日目>
東京に行く用事があり、モル作さんのはからいで2日間、弾き合い会を開催していただきました。
昼間に用事を済ませ、ヤマハで楽譜を見てから、夜に合流しました。
20170522yamaha.jpg

この日はこれしか写真を撮っていませんでした。しかも幽霊が映りこんで (違




モル作さん、タワシさん、私の3人で弾き合い会です。
みなさん、初顔合わせということで、どうやって識別しよう?とちょっと悩みましたけど、無事に合流できました(^^

スタジオでヤマハのグランドを1時間ちょっと弾きました。3人で交互にかなり弾いたように思います。

>モル作さん

すごく変態な人だったらどうしよう… とドキドキしていたのですが、気配りのある普通の方でした(^^;

ルクーペのL、カバレフスキーさんなど、全部暗譜で演奏されていました。
弾いている時の目線が遠くを見ていて、感性で弾く人なのかなーと思いましたよ。

響きに特徴ある曲が多かったですね。
モル作さんの生ギロックが聴けてうれしかったです!

何から何まで手配をありがとうございました m(_ _)m


>タワシさん

ブログの文体から予想したように楽しげな方でした。本物のタワシにウケましたw

演奏は、賛美歌メドレー、「マリュー愛の言葉(たぶん聞き間違い)」、から始まり、
曲調が多彩でしかも堂々と弾いていらして、ミスの箇所はまったく分かりませんでした( ´Д`)

歌い上げるような演奏表現に、「演奏しながら頭の中で熱く歌うタイプ」ですか?と聞いたらその通りでした。
実は私もそうなので、ピンときたというか、同じタイプでうれしかったです。


>私の演奏

Innocent(久石譲)
愛のテーマ(キャサリン・ロリン)
ロマンス(倉本裕基)
悲歌(キャサリン・ロリン)
シータの決意(久石譲)
サマーの夢(キャサリン・ロリン)

たしか、こんな順番で弾いたと思います。プレリュードの1か2も弾いたかも…
思いのほかミスしちゃいましたけど、慎重に弾くのではなく、音楽的表現優先の意識で弾きました。


二次会は串三昧でお腹いっぱいに…
食べすぎですw
楽しく美味しかったです(^^


そして、12時間後にはまたモル作さんと再会するのでした!

その2へ続く。。。

2017/05/16(火)
ピアノろまん|完全な音楽 から
https://hajimetepiano.blogspot.jp/2016/09/blog-post_26.html

> 音楽は本番での臨場感や高揚感のほか、微妙な音の狂いやちょっとしたミスの中で「感じる」ものが必ずあります。でも録音で聴く音楽はほとんどが完全な形の音楽。編集されていたり、何回も撮り直したものだったり。

> 演奏家は、細部の細部にこだわり地道な練習を積んで極限の緊張の中で自分の完全な理想を求めて演奏会での演奏に臨む。でも100パーセントとは絶対いかない。。これはとっても悔しい。でも実は演奏家もそれはわかっているのです。それを含めて「どう届けるか」にその演奏家の哲学が表れますし、モチベーションでもあります。

> ミスをミスでないように演奏し続けるのはプロしかできません。

> 私はミスや失敗や音の微妙な揺らぎ、それを含めてが音楽を聴くという事だと思います。音楽は時間の芸術と言われますが、「その時の音楽を聴く時間」を楽しむのが本当の意味で音楽を楽しむ事です。

> 音楽の魅力は正解がないことと、永遠に完全になれない不完全さだと私は思います。


録音では分からないものがたくさんあるのですね。

その場の演奏は、そこで作られた1回限りの芸術みたいなものなのでしょうか。
毎回少し違うということは、そこが人間くささを感じる、楽譜のある即興演奏みたいなものと言えるのかもしれません。



昔、TVで歌番組を見ていたとき、生放送なのにいつも録音でクチパクしてる歌手と、ちゃんと生で歌っている人の違いを観察して、後者のよさを味わっていたのを思い出しました。
トップ歌手であっても、息継ぎやほんの僅かな声のトーンの乱れに人間くささやリアルさを感じて、ブラウン管超し(昭和の表現!w)であっても、いいなーと思って視ていたのです。



ピアノの弾き合い会に参加する目的は、人前で弾いてみたいとか、愛好家同士の交流などの目的があると思うのですが、それ以外にも、録音では分からない、その人の音や表現、演奏の呼吸を空気で、肌で感じたいというのもあるのではないかなと思うのです。
ましてや生ピアノの場合、電子ピアノとは段違いに音に個性が現れますから、そこも聴き所ですね!



さて、今週は3日間も弾き合い会を予定しています。たまたま連続したのですがww

そんなわけで、皆さんの生でしか聴けない演奏を楽しみにしていますので、よろしくお願いします。

私はYouTubeの録音とは一味違う、何か伝わる演奏をできたらなーと思ってます。
(=・ω・)ノ

2017/05/11(木)
この間、小学校で練習したピアノは2本ペダルのヤマハでした。

省略されているのは、真ん中のソステヌートペダルです。
ソステヌートはほぼ上級者しか使わないでしょうから、関係ないですね(^^
左のソフトペダル(シフトペダル)は私でも少しは使います。

170511piano.jpg


昭和52年納入となっていたので、けっこう古いピアノなんですね~
音は問題ないのですが、ダンパーを踏むと戻りがすごく遅い鍵盤とかあって、そこは少し困りました( ´Д`)
湿度とかで調子が狂ったのかもしれません??

あと、ピアノが古いと、高さ調整式の椅子が壊れていることもありますね。

小学校のピアノは格安で借りられるのですが、調律は年に1回だし調整もそこそこなので、スタジオ等に比べると劣る部分はありますね。
(そもそも借りているのは部屋であって、ピアノはおまけですから)

2017/05/02(火)
大人がピアノを趣味とする場合、レッスンを受けるか、独学でいくか、悩むこともありますよね。

私の場合は、独学で始めようとしてキーボードと独習教材を買った結果、
ある程度独りで両手で弾けるのは分かったのですが、さまざまな情報収集した結果、
最初からレッスンを受けるのが正しい道だろうと判断して、すぐピアノ教室に行きました。


レッスンを受けても独学でも、どちらでも上達すると思いますし、どちらにもメリットとデメリットがあると思います。


今は少子化のため、大人のピアノコースは多いですし、進化した電子ピアノが裾野を広げていると思います。
また、独学向けでは、YouTubeでいろいろな演奏を見れますし、独習用の教材もたくさんあります。

ピアノをゼロから始めて2年弱、レッスン回数は74回になりましたが、その中で経験したことと、様々なサイトや書籍から、レッスンと独学についてまとめてみました。
なんとか同じ個数になるようにしましたよ。 (ちょっと、無理やり?)



●レッスンに通うメリット (*´∀`*)

・早く効率よく上達できる。 (小さなアドバイスでどんどん変わります)

・曲の仕上げ方、難所の突破方法などたくさんのコツや知識を教えてもらえる。

・脱力や体の使い方など、自分では外からうまく見れない部分の修正ができる。

・演奏の客観的なアドバイスがもらえる。 (先生の耳はすごいし、シビアです)

・生ピアノの弾き方、理想の音を見本演奏でダイレクトに教授してもらえる。 (あまり弾いてくれない先生もいるそうですが)

・人前演奏の経験を積むことができる。 (先生に見られていると、家でのようにはぜんぜん弾けません!)

・目標が明確になり、真面目に練習しないとならなくなる。


▲レッスンに通うデメリット ( ´Д`)

・敷居が高い。 (最初はものすごく勇気が必要でした。清水から飛び降りる気持ちで…)

・お金がかかるし、通う時間の捻出が社会人には大変かも。

・家が電子ピアノだと、レッスンの生ピアノとのタッチやペダルの違いの使い分けが難しい。 (それも重要な勉強なのですが)

・選曲に制限がかかる場合もあるかもしれない。(生徒の実力、先生の得意分野や、教室の方針など)

・曲の解釈について意見が違った場合に悩むかもしれない。(私は最終的には自分の感性を優先しているかも)

・基礎教材に飽きたり、曲がなかなか合格しなくて飽きたりとかするかも。 (スランプは上達のチャンスらしいですが)

・発表会への参加を勧められる。(参加したくない人にはマイナス要因。私は出ますが)



●独学のメリット (・∀・)♪

・時間に縛られず、プレッシャーの無い状態で、自由に弾ける。

・レッスン代がかからない。(個人教室6000円/月~、大手12000円/月~ 高名な先生だと1レッスン何万円とかも!)

・全て自分で調べて学習しないとならないので、研究する力が身に付くかもしれない。

・基礎教材からやるのも、バイエルをやるのも、基礎を飛ばしてひたすら曲集でも、自分で自由に決められる。

・無謀なことにも挑戦できる。(初心者が基礎教材を飛ばして、いきなりショパンの難曲を1曲主義で何年もかけて取り組むなど)

・始めるのも、中断するのも、止めるのも誰にも気兼ねなくできる。

・独学で弾けるというプライドや自負心を持てるかもしれない。


▲独学のデメリット (ノД`)・゜・。

・奏法や音楽が我流になってしまう恐れがある。 (悪いクセは直しても元へ戻ろう・戻ろうとするから常に修正し続けないとならない。プロでもトレーナーは必要)

・正しい練習方法が分からず、効率が悪い練習を繰り返してしまう。無理をして手を壊す可能性も。

・自己判断だと、曲を仕上げたつもりでも、本当はうまくいっていないまま次の曲にいってしまうかもしれない。

・壁に当たった時に乗り越えるのが難しく、自己否定感から挫折の原因となりうる。(小さな壁は次から次へと現れます)

・小さな成長や進歩を人から認めてもらうという満足感が得られにくい。

・人前で弾く機会が少ない。

・独学では中級までが上達の限界という説もある。



あくまでも趣味ですし、目指すレベルも人によって様々でしょうから、レッスンと独学のどちらもアリだとは思います。

メリットとデメリットを踏まえて、うまく補っていけたらいいですね!
(=・ω・)ノ



【参考にした情報】

ゼロからでもピアノは弾ける|途中で挫折しないために(大人のピアノの始め方)

ピアノろまん|ピアノレッスンの意義

書籍|ピアノがうまくなるにはワケがある: 努力よりコツ!

みんなのピアノ|大人のピアノ初心者。独学でピアノは弾けるようになるのか?

みんなのピアノ|独学ピアノに潜む危険性、独学では絶対に手に入れることができない情報とは?

ミヤガワ日記|ピアノが上手くない大人は独学はやめておいたほうが良い理由(ショパンのワルツ7番を弾いてみた結果)


 | Copyright © 大人のねこふんじゃった All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ