大人のねこふんじゃった2017年01月

2015年9月から始めたピアノ初心者(♂)です。大人がゼロからピアノを始めた記録です。レッスンに通っています。
2017/01/24(火)
今週末には弾き合い会あるのに、今週はずっと出張中なんですよね。
毎日練習したいのに。。。
ミニキーボードでも買おうかと思ったくらいですが、たぶん練習にはならないだろうな。。。
( ´Д`)



今日、泊まった、ちょっとオシャレなホテルのロビーに、グランドピアノが!

170124hotel.jpg


メーカーはボストンです。

170124hotel2.jpg

ダメ元でフロントの人に頼んでみました。

けも「あまりうるさくしないように弾きますから...」

けも「人形は避けたらちゃんと元に戻しますから...」

けも「ちょっと弾いていいですか?(ずぅずぅしい)」



ホテルマン「調律してないですけど、いいですよ」

w(´∀`*)w ラッキー! 調律してない...


調律はしていないらしいですが、指練習くらいにはなるでしょう。前向きにとらえます。
そもそも私の弾く曲はBGMみたいなのばかりだし、ペダルをフルに使うので、そんなに耳ざわりではないはず。。。
と思いたいのですが(;´∀`)

楽譜を置くのはなんだかやる気まんまんでアレなので、暗譜で。
音量はあまり出し過ぎないように、でも表情たっぷりで、堂々と。
6曲ほど弾きました。4曲もマイナー調に偏っていますがw
サマーの夢は何箇所か音を外しましたが、他の曲はほぼノーミスか、間違っていないフリで。

プレリュード1
サマーの夢
空から落ちてきた少女
愛のテーマ
悲歌
シータの決意


演奏中に、浴衣を着たおじいちゃんとか、そばを通っていきますが、自分の世界に入れば大丈夫です。
ボストンのピアノですが、微妙に音のずれている箇所はあるような気がしましたが、まあ大丈夫でした。
ただ、タッチによる音質の変化がヤマハともカワイとも違って戸惑います。

取引先の人たち数名はホテルのロビーで仕事や打ち合わせをしていましたが、
「えー!」とか「まじで!」とか聞こえてきましたw


「プロ?」
「昔やってたの?」

なんだかおおげさな反応ですが(^^;
いい練習になりました。

スポンサーサイト
2017/01/18(水)
小学校のアップライトピアノを借りて練習していました。
やはり、生ピアノの音色や鍵盤の感触はいいですね~
電子ピアノの、鍵盤の奥の固さとはかなり違います。

170118piano.jpg


管理票を見ると、このピアノは33歳のようです。
鍵盤とかまだきれいですよね。

170118piano3.jpg

とはいえ、来るたびにピアノの位置が違うし、鍵盤にドレミシールが
貼られていたりとか、なかなか粗雑に扱われている印象が。
まぁ、音楽室ではないので仕方がないのかも( ´Д`)


170118piano2.jpg

アップライトピアノはグランドに比べると音がこもりがちなのですが、
天井のフタを開けると少しはマシになります。
消音ペダルを踏んで、中の布の動きを見るのが面白いです。ビローン。
ソフトペダルを踏んでも音があまり変わらない理由も、グランドのハンマー当たり位置の移動と違って、打鍵距離の変更だからなのですが、中の動きを見ていれば一目瞭然ですね(でも踏む)

2017/01/11(水)
手首が固かった演奏家の方がレッスンを受けたところ、半年間、手首を回すだけのレッスンが続いたそうです。
(゚Д゚)
http://klavier-begleiter.com/pianolek4.html

この、「和音を弾いて音が鳴っている間、鍵盤を押さえたまま手首をぐるぐる回す」というのは手首を柔らかくするいい方法なのですね。
手首の脱力はさんざんレッスンでも言われ、常に意識しているので、試しにやってみたら問題なくできたのですが、稼働範囲や柔軟性を付けるともっと楽に弾けるようになりそうなので、続けてみようかなと思いました。



ちなみに、私がピアノを始めたころ、YouTubeで見る上手な人は共通して、フレーズの終わりにかけて、
だんだんと手首が上がって抜く動きをしていることを発見し、最初からカタチだけマネしていました(^^;

その頃読んでいた大人の初心者向けの本に、
「脱力は難しいですが、常に動かし続けることで力を抜くことができる」と書いてあり、
上手な人の、手首や腕全体が音楽の流れで動き続ける奏法を、脱力を目指して「コピー」していたのだと思います。
先生には、「見た目には分からなくても、常にどこかに向かって動き続けるのは正しいです」と言われました。



そうはいっても、曲が難しくなってくると手首を固定しがちで指だけで弾いてしまうようでした。
そこを乗り越えて手首を柔らかく使って歌えるまでは、ちょっと時間がかかりましたね。
閻魔帳レベル8の曲に3ヶ月かかったのですが、同時に手首の使い方の習得も兼ねていたからかもしれません。
先生から楽譜に「てくび」「脱力」と何箇所も書かれました(^^;;;
(それ以降は書かれていません)
力を抜くというのは本当に難しいです。。。
できている時と、できていない時の見極めも。。。
体の感覚で覚えるしかないですからね。



苦労した末に(?) 徐々に手首の使い方が身に付くと、音域の広い曲が楽に弾けるし、とても表現がしやすいのです。そして疲れません。
同じ様なレベルの曲でも仕上がりがスピードアップして、曲が仕上がるまでのレッスン回数がずいぶん減りました。
w(´∀`*)w
単に曲の難易度だけどんどん上げ続けるよりも、体の使い方の基礎を身に付ける方が、もしかして早く上達するのでは?と思った次第です。



ハノン1番を使って、理想的な手首の動きを解説しています。
ちなみに、同じことがいろんな本に出てくるので、基本なんじゃないかなと思いますが、本の文章だけではよく分からなかったのでした。。。
私はこんなにきれいにはできていないと思いますが、フレーズは(単音でも)常にこんな風に弾くことをイメージしています。

2017/1/12追記:動画リンクが切れました。( ´Д`)
替わりに参考になりそうな動画を貼ってみました。1分20秒位からの手首の使い方に注目です。



そういえば、ピアニストの反田恭平さんも、ハノン1番を使って体の使い方を研究していますね!(しかも電子ピアノで)
理想的な動きや力の入れ方・抜き方になっているか、自分で観察することは大事なのかもですね。

2017/01/03(火)
天空の城ラピュタのOPテーマです。シータがタイガーモス号 客船から落っこちてくるシーンからこの曲がかかるのですよね。
原曲も出だしはピアノで、そこが同じなので映画のイメージそのままなのですよね。

とても好きな曲なのでぜひ弾きたいと思っていたのですが、まず楽譜探しが難しかったです。
バイエルレベルのアレンジだと音が少ないか、サントラ版を無理にピアノ譜にした感じでいまいちなのでした。
作曲者の久石譲氏が自分でピアノ用にアレンジした珍しい楽譜、Piano Storiesはとてもいいのですが、
ちょっと難しいのでした。そこからあまり音を減らさずに、4和音を3和音にする程度で少しだけ
弾きやすくアレンジした楽譜を見つけたので、それに挑戦しました。

田所氏レベルでいくと11~位に感じました。和音進行がずっと続くしコードも凝っているので、最初は最後まで弾くのに30分とかかかりました(;゚Д゚)
初心者向けではないので指番号は書いていません。そこは自力で考えました。

とはいえ、昨年の春くらいからちょこちょこ練習してて、夏くらいにはレッスンも終わったので、あとは少しずつ自分でアレンジをして音を厚くしたり、アルペッジョを増やしたりして、曲をかっこよくする改造をしてました(^^;

自分で弾いても楽しいし、有名な曲なので人前で弾いても喜ばれます。
最近の私の定番レパートリーになりました(^^




ちなみに、録音は練習無しの一発録りです。
何箇所か気になる箇所はありますけど、やり直しとかめんどくさいので(^^;

音源は「SKコンサートグランド」に変えたので、過去の録音より少し落ち着いた音色になっているかもです。

2017/01/01(日)
あけましておめでとうございますw(´∀`*)w

ピアノ歴1年4ヶ月目のお正月です。
新年の初練習は天空の城ラピュタから「シータの決意」を弾いておりました。
アレンジしていない原曲なので楽譜がややこしいですが、意外と早く仕上がりそう。


昨年は人前で演奏するようになって、よりいっそうピアノに身が入るようになったような気がします。
いま過去記事を見ると、昨年の年頭にはそんなことは考えていなかったようでした。
あれ?(^^;

本やブログを読むと、人前での演奏の重要性を説く先生が多いので、基本に忠実に、
その通りに実行してみたら、効果は大きかったように思います。
基本は重要ですね!
知人の前で電子ピアノやアップライトピアノを演いた時も、喜んでもらえたので、
それも励みになります。


今年の目標を考えました。

・レッスンはサボらないで行く。
・もう少し面白いブログのコメントを考える。
・あまり真夜中に弾かないで、もう少し早い時間に練習して早く寝よう。
・猫と遊びすぎない。
・ピアノ以外のコンサートにも行く。
・生ピアノでの弾き方や表現を研究する。
・先生にコンクールに出るよう勧められたので、出てみようかな…


ピアノは基本を大切にしながら、マイペースでコツコツ進んでいこうと思います。
皆さん今年も宜しくお願いいたします。

 | Copyright © 大人のねこふんじゃった All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ