大人のねこふんじゃった2016年10月

2015年9月から始めたピアノ初心者(♂)です。大人がゼロからピアノを始めた記録です。レッスンに通っています。
2016/10/26(水)
カワイのES8ですが、設定項目が豊富なので生ピアノ(グランド)に近くなるような設定にしています。
そもそも、こういう設定がしたくて、この機種にしたというのもあります。
ちなみに次点候補はヤマハのCP4 STAGEか、P-255でした。

●ダンパーレゾナンス

161026piano1.jpg

メーカーを問わず、だいたい、10万円を超えるような機種あたりからこの設定がついてくることが多いですね。
右ペダルを踏んだ時の響きの量を設定します。
当初は7あたりでやっていたのですが、生ピアノはペダルを踏み込むと、ものすごい響きなので、
今は、MAXの10に設定しています。これでちょうどいいか少し足りない位です。

響きの量というよりは、音の濁りを発見しやすくする効果を目指しています。
最大値にするとちょっとうるさく感じますが、そもそも生ピアノ自体がこんな感じですし。

踏み換え忘れはすぐ発見できるようになりました(^^;
あとは楽譜に指示はなくても、和音の流れや聞いた感じで踏み換えポイントを増やしたりとかもします。
踏み込み量をリアルタイムに加減しながら弾くことを目指したいですが、それは上級者の技でしょうか。

電子ピアノばかりやっている人は、音の濁りに鈍感とか聞いたことがあるのですが、
ダンパーレゾナンスの機能が弱くて、踏みっぱなしでも音が汚くならないからだと思うのです。
どこかのブログで、電子ピアノの高齢の生徒さんが、生ピアノでもペダルをずっと踏みっぱなしで弾くとありました。
すさまじい濁りになると思うのですが… 家の電子ピアノの感覚なのでしょうね。
 

●ストリングレゾナンス

161026piano2.jpg

弦同士の共鳴音の設定です。これもMAXの10で生ピアノに近くなりました。
例えば、音がしないように低音のドを押さえたまま、1オクターブ上のドなどを強く叩くと、
音が減衰する時に、低音のドが「もぁあん」と音を出します。
生ピアノでもよく実験して比較してみています(^^;

一昔前は、電子ピアノにはこの機能がなくて、だから電子はだめだという論調のブログを読んだことがあります…

和音を弾いた時の音の混ざり方が自然になりますし、ペダルを踏んで弾く時に、倍音関係の弦が共鳴して、
リアルな音がするようになります。
これがピアノ本来の音なの!という感じです。

電子ピアノ的にはDSPチップで演算しているようですが、弦の数を考えると、相当CPUパワーを
使う難しい機能だと思います。
おそらく価格が高くなるから、安い音源からは省かれる機能ですね。



設定項目はまだまだあるので、それは次回以降の記事で…

スポンサーサイト
2016/10/18(火)
譜めくりが発生する曲や厚みがある楽譜は、コピーして巻物状にしてつなげています(折り目はページ単位)
これは自分で考えた方法ですが、多くの人が同じことをしているようです。
画期的な発案 だと思ったのですが。。。(ぇ
(´・ω・`)

今のところは最大4ページですが、譜面台に置けないくらい長くなったらどうするのかな。。。
まぁ、そんな曲をやるようになるのかどうかは不明なので、その時に考えればいいですかね(^^;



レッスンにはコピー楽譜を持っていきますが、最初は真っ白な楽譜も、まずは自分で指番号を修正したり、ブレスの位置とか間の取り方を考えて決め、間違えそうなタイとか、楽譜に書いていないけど微妙なcres.やritを付けたい箇所なんかを書き込んでいきます。
加線が3本以上の箇所は、瞬間的には読めないからドレミを書きます(^^;
リズムがつかめない箇所は薄い縦線引いて、拍を分析したりとか。
コーダが埋もれて見にくい所も強調したり。コーダはどこーだ?みたいな (あ、石投げないで
そこまで自力でやって、スムーズに弾けるようになってからレッスンに持っていきます。
ここまでは独学者と変わらないですね。

そしてレッスンでは、指摘されるたびに鉛筆で先生が書き込んだり、フレーズに色クーピーで曲線書いたり、次週も直っていなければさらに上書きとか。。。
書き込みだらけになりますよね(^^;
上書き・上書きでしまいにはオリジナルがもう見えなくなったりして(;゚Д゚)
最近は「てくび」とか「脱力」って大きく書かれ。。。( ´Д`)



ピアノ歴はまだ1年ですが、コピー楽譜を見比べると、古い物よりもここ数ヶ月くらいの楽譜の方が圧倒的に汚いことに気が付きました。
用紙全体の白さがくすんできていたり、折り目が破れてきたりとか。
どうやら、頻繁に弾く(見ている)楽譜ほどボロボロになっているのかなと。
最近の曲になるほど、徐々に難易度が上がっているから練習時間が長くなっていることもあるとは思いますが。
よく弾く曲はもう完璧に暗譜しちゃってるので、あまり楽譜は見なくなりますが、たまには楽譜を見ながら弾いてます。見てないと何段目あたりが曲のどのあたりかが分からなくなるし(^^;

汚れてしまった楽譜ほど、苦労した曲だったり、お気に入りの曲だったり、自分を成長させてくれた証なのかもしれません。

2016/10/12(水)
しばらく前にオートバックスから届いたDM、裏面がソルフェージュ課題になっていますw
目で見て頭の中で正しい音を鳴らせますか?
こんな簡単な課題でも実際に音を出すと、頭の中で考えたのと音は一致してても、感じるイメージが少し違ったりとかするんですよね
(´・ω・`)

161011solf.jpg



ソルフェージュというのは、音楽的な演奏をするために欠かせない基礎能力だそうです。

幼児の音楽教室や音高・音大ではやっていると思いますが、大人のピアノ学習者だとやらないのかもしれませんね。
ピアノ教室でも基本的にはあまりやっていないみたいです。
面白くないですもんね…
私のピアノの先生は「音階名で歌いなさい」とは言います。
けっこう難しいのが左手パートを口や頭の中で歌いながら、右手パートを弾いたり両手で弾いたりとかですね。



こんな記事を見つけました。
ソルフェージュを続けている人、やっていない人の違いって?
http://kyoto-hannaripiano.com/1901.html


●ソルフェージュをしていない人→機械的な演奏、譜読みが遅い、仕上げが遅い

●ソルフェージュをしている人→表情豊かな演奏、譜読みが早い、仕上げが早い

やっていないと、曲が難しくなった中級あたりでピアノの挫折につながる可能性があるらしいと…
やばい、ちゃんとやろう… ((((;゚Д゚)))



上達するためには、ソルフェージュは避けて通れないのかもです。
ていうか、先にソルフェージュがあって、その上にピアノの練習があるのが本来なようで。

ピアノ上達への鍵はソルフェージュにあった
http://matome.naver.jp/odai/2138604026656728501?&page=1


私の場合はどうなんでしょ?
上の記事を元に検証してみます。

視唱

音階名で歌うこと。これは常にやっています。というか、自分にとって必須な行為なので。

両手とも音階名で覚えているし、たぶん曲の90%くらいの箇所は弾きながら頭の中で歌ってます。アルペジオでさえも…w
子供の頃から(楽器はやっていなかったけど)耳にした曲はドレミで覚えるというクセがあるのですが、幸か不幸か自然に実行しているってことで。
そして、みんなそうかと思ってたら、多くの人が違ってて驚いたことが(;゚Д゚)
ブログつながりでは、ゆにくあさんが同じでした。


聴音

耳で覚えるのはわりと得意なようなので、がんばれば能力が伸ばせそう?
独学でどうやって進めるかが課題です。

いろんなピアノ曲をCDで聞くというのは、趣味で日頃からやっていますが、効果はあるのかな?
こんな表現がしたい、とかそういう発想のヒントや手法の源泉にはなると思うのです。
数えてみたら、ピアノのCDは40枚以上はありました。正確な枚数は不明ですw
ジャンルはクラシックや、叙情的な曲が多いかも。
ショパン、リスト、リチャードクレイダーマン、久石譲、中村由利子… うむ、偏ってますなw
mirageさんの影響で、和泉宏隆のCDも何枚か増えました。


楽典

あんまりやっていません(´・ω・`)
楽典の本はさらっと読んだ程度で…


初見奏

譜読みは苦手なので、最近また始めました。
これやると脳が疲れるんですよね( ´Д`)

あと、手元を見ないで弾くための鍵盤感覚を磨かないと難しいですよね。
さすがにピアノを始めて1年も経つと、音域が広い曲や和音が複雑な曲はもう手の感覚で弾かざるを得ないので、鍵盤感覚も徐々に広がってきてはいるのですが。


記事には書いていませんが、暗譜も上達のためには重要な要素らしいのですが、これも、ソルフェージュの要素ってことですよね。


ソルフェージュの必要性は薄々感じていて、気が向いた時にやっていますが、今後はもうちょっと真面目にコツコツ取り組んでいこうと思いました。
バランスよく鍛えないとですねー

2016/10/04(火)
ダイソーに黒猫の楽譜ホルダーが売っていました。
パッケージを見ると、楽譜用?(^^
楽器店だと1個1000円とかするので、100円なら、かなりお徳ですね!

161004gakufu.jpg



手足が長くて、黒猫というよりは黒ヒョウとかピューマのような気もしますが(^^;
pumaってブランドはこんな感じでしたっけ… あれ?

161004puma.jpg



材質はステンレス製らしくて、なかなか丈夫ですし重さもあります。しっかり楽譜をホールドできます。
写真は実際に使ってみたところです。ちなみに初見練習用の楽譜です。

161004gakufu2.jpg


まとめページもありました。
あら便利っ!ダイソーの黒猫ページホルダーが可愛いくて人気
http://matome.naver.jp/odai/2145716287033795501


ダイソーの商品って継続生産しない物が多いので、品切れするともう入荷しないことがけっこうあるんですよね。
興味がある方は無くなる前に入手した方がよさげです。

私ももう1個買っておこう (=・ω・)ノ

 | Copyright © 大人のねこふんじゃった All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ