大人のねこふんじゃった2016年09月

2015年9月から始めたピアノ初心者(♂)です。大人がゼロからピアノを始めた記録です。レッスンに通っています。
2016/09/29(木)
「ピアチェーレ」代表の方のブログ、いかに音楽的に弾くかを追求されている方で、初心者な私にもすごく参考になる部分が多いです。
例によって過去記事3年分は全部読ませてもらいました(^^;



その中で気になった記事があります。

脱・刻み演奏
http://2013815piano.blog.fc2.com/blog-entry-1629.html
> しっかり読譜を行い練習をして、バイエル程度からソナチネ、そしてロマン派諸作品に到達する頃、
> つまり中級者レベルと世間で言われるようなレベルになった時、焦っても遅いのではと感じることがある。
> 間違いやミスそのものは少なく弾けるけれど、抑揚のない演奏になってしまうということ。
> 実は上級者とカテゴライズされるような人でも、ここで悩んでいる人は相当数存在しているようだ。
> 何故そんな不思議なことになってしまうのだろう?


練習曲をこなしていって、中級になった頃に気が付いても手遅れなことがあるらしいです。
名曲を楽譜通りに弾いても、名曲には聞こえないということでしょうか。
上級者になっても、そこで悩んでいる人はけっこういるとのこと。
そうなの。。。(;゚Д゚)




> 「私はどうせ○○さんのように音楽的感性なんかないし・・・」と自分で決めつけてしまっていることかもしれない。
> あるいは、「上達すれば、そちら(音楽的表現)も自然と身についていくのね?私はまだ初心者だからぁ」みたいな考え。
> 曲は難しくなっていくかもしれないが、それに比例して感性は伸びていくものでもない。
> だからある程度の曲を弾くようになると愕然とするのだ。「私のショパン、ズンチャッチャッ???」のように。

ここで述べられている感性とは、聴く力とか表現の引き出しということなのかな?と思いました。
そこで悩む人がいるということは、曲が難しくなっていくだけでは、自然に身に付くものでもないのかもしれません。
そうなる原因について、レッスンにおいても視覚を重視するあまりに、音楽的な感動が二の次になっているのではないかと推察されています。



この記事で紹介されていた動画が驚愕なのですが、
独学・ピアノ歴8ヶ月目でショパンのノクターン2番を弾いている方がいます。


たしかに、弾き方は習った感じではないような気がしますが、微妙で繊細な強弱やゆらぎの表現が素晴らしいです。ショパンらしさが出ていると思います。
独学ゆえに譜読みが不完全で音の間違いがあるらしいですが、初心者の演奏には聞こえません。
ピアノを10年・20年と習っていても、こういう表現にならなくて悩んでいる人が多いらしいのに、独学でピアノ歴8ヶ月でできているのは。。。



どうすれば音楽的感性を向上できるのか、
初見の天才になれる方法の中に、表現を磨くヒントが書かれていましたので、それを読み解いてみます。

http://www.happypianist.biz/music/MENU-hyougen.htm
> いかに相手の心に響いて、相手を動かせるかがポイント。
> 心に響いて感情をゆり動かなさいと、感動はないのです。
> 自分がもし、こういう演奏を聴いたら、感動がグッと胸に突き刺さる!
> その、演奏者の仕掛け が大きければ大きいほど、
> 聴いている人は、どんどん演奏に引き込まれます。


初中級の子供のレッスンでは練習曲を進めることがメインで、芸術的な本気の表現までは教えていない。
「記号を守って、感情を込めること」は練習曲の弾き方。
http://www.happypianist.biz/music/hyougen-kodona2.htm


先生の指示に従うだけでは感性は向上しない
http://www.happypianist.biz/music/hyougen-sainou2.htm


芸術的な演奏は、基礎を積み重ねるうちに到達するのではなく、
好奇心や情熱、探究心を駆使して、自分なりの工夫をたくさん行なうことが不可欠。
http://www.happypianist.biz/music/soho1.htm

↑このページで紹介されている本、すでに全部持っていましたw



おそらくですが、理想のサウンドを求める何か強烈な欲求が自分の中にあれば、
レッスンで教わる以外からも、例えば様々な音源やピアノ曲のCD、演奏会、コンサートを聴いたり、
ピアノ教師のブログやメルマガ、奏法の本などあらゆることからヒントを得て、
表現方法を分析・習得したり、自分の演奏を変化させて感じるということを、常に模索し続けるようになるのではないのかなと。
そういう取り組みや研究をしていれば、自然に耳や感性も磨かれていきそうです。


しかも中級になってからでは手遅れらしいので、初級のうちから行なうべきであると(゚Д゚)


もしかして、上の動画の人の目指すところは、私が目指しているものと似ている所があるのかもしれません。
私は明らかに実力を超えるショパンに挑戦しようとかは思わないのですが、曲への憧れや、理想の音を出したいという強い思いや熱心な姿勢が感じられて、共感を覚えるのです。

スポンサーサイト
2016/09/26(月)
今年の1月からずっと参加し続けているので、もう6回目ですね。
ピアノ歴5ヶ月目で「愛のテーマ」を弾いた時は驚かれたようですが、
もうピアノ歴は1年になったので、インパクトはなくなってきたかも(^^;
そして、あまり難しい曲が弾ける気もしないので、当分は今のレベルだと思います(^^;



いつものように前日は、あやしいおじさんと練習をしました。
今回は、本番と同じ場所・同じピアノを使用でw


弾き合い会は当初6名+主催者3名の予定が、どんどん増えて合計13名になっていました。
こんなに大人数の前で弾いたことないし((((;゚Д゚))) ヒョエー


2曲用意していったので、1曲目(一巡目)はキャサリン・ロリンの「ほんとうの喜び」を弾きました。
先生にはスケールのタッカ練習をやるように言われていて、まだ完璧ではないのですけどね。。。

ミスタッチをちょっとしましたが、前日に弾いた感覚では伴奏が出すぎた気がしたので、少しメロディを強調してみました。
先生いわく、『緊張している中で「間」をきちんととるのは難しく、上級の技です』と言われていたのですが
(;゚Д゚)
中盤以降も焦って速くならずに、何箇所かのritとa tempoや微妙なテンポの揺れもしっかりゆったりできたので、そこは大丈夫だったかな?


2曲目の「悲歌」はさすがに何回も人前で演奏しているし、前日にも練習したので、ミスもなく、わりと余裕をもってほぼ完璧に弾けました。
w(´∀`*)w
楽譜にコードは書いていないのですが、弾きこんでいるうちに伴奏のコード名がなんとなく分かるようになって、小節の頭で、1~2小節分の進行をパっと思い浮かべながら弾く余裕ができました。
上級者はみんなこの位リアルタイムに先読みできるのでしょうけど。。。


他の参加者は初めての方が3名くらいおられました。
小学校~中学校までピアノをやっていて、そこで中断して、大人になって再開したという方ばかりです。
みなさん、なかなか難しい曲を弾かれています。
ショパンのノクターンは人気曲ですね。
ベートーベンの「月光」が心に沁みました。

やはり、人の生演奏を聞くのはすごく刺激を受けると思った、弾き合い会でした。

そして、人前演奏の機会を持つほどに上達するという言葉を信じて、またピアノ道を歩んでいこうと思います。






あ、レッスンの練習してない… ((((;゚Д゚)))
2016/09/21(水)
久しぶりにヤマハのアップライトピアノで練習しました。
ずっとグランドを弾いていたので、アップライトは半年ぶり位かな?

いきなりの違和感、楽譜の位置が低い!近い!近すぎ!
家のデジピより低くないかこれ?w

160921piano.jpg


半年前は感じなかったのですが、鍵盤の感触が独特というか、
真ん中のドより上はやたら軽いのですが、それ以下になるほど重いし、
いや、低いほど重いのは当たり前なのですが、その差がこんなに顕著だっけ?
という感じです。
あと、ストロークが多く感じました。

考えてみると、アップライトは構造上バネで鍵盤を戻すし、鍵盤を押す途中で重くなる「カックン」が
少ないですよね。(アフタータッチ)
家のデジピもしっかり「カックン」があるので、どうやらいつの間にか
それを感じて意識して弾くようになっていたのかもしれません。
「カックン」が弱いとキーボードに近い感触になるのかも。


それ以外にも、音量の幅、強弱の付けやすさ、響きなどグランドとはかなりの差が。
こんなに違うものだっけ?と思いました。
きっと、私自身も以前より敏感になって違いを感じやすくなっているのかもしれません。

ヤマハとカワイのグランドはよく弾くので、すぐ感覚が慣れるのですが、
このアップライトはちょっと時間がかかりました。



とはいえ、もし可能なら自宅に、アップライトとデジピの2台体制なんかに憧れますけどね。
音色作りと表現はアップライト、夜間の指練習にデジピと使い分けたいです。

2016/09/18(日)
ピアノの叙情詩の中ではずいぶん悲しげな曲です。悲しいけど美しいって感じがします。
少しずつ盛り上がる音は、思い出の中の悲しみがこみ上げてくるイメージなのでしょうか。最後は慟哭ですね、きっと。

pからfまでの繊細な強弱と、テンポの揺らぎと「間」をうまく入れるという、なかなか表現命な曲です。この曲集は全部そんな曲ですが。。。
楽譜に書いていない「間」の取り方が難しくて、楽譜には私のオリジナルな「間の大きさ」を現す記号なんかを書き入れています。
クラシックのロマン派の典型的な表現の練習って感じなのでしょうか。

3月のピアノサークルと、この間のピアノ教室の弾き合い会で演奏しました。
うちの家族は私が弾く曲ではなぜかこれが好きらしいです。私も感情入れまくりで弾きますし(^^;

作曲者のキャサリン・ロリンが師匠のギロックの死を悲しんで書いた曲なので、大切な人の死を想像する、又はそういう記憶を思い出しながら聞いてもらえると、より、曲の真意に近づけるかもしれません。



2016/09/15(木)
昨日は、午後からかな?突然、ブログのレイアウトが崩れてしまい、いろんなテンプレートに替えてみましたが
直りませんでした。
プラグインを外しても直らないし、私だけでなくて、他の人のブログでも起きていたので、
おそらくFC2で挿入される強制広告が悪さをしていたと思うのですが。。。

サイドメニューが落ちてしまうという現象なんですよね。

ちなみに、IEでは問題なく、Firefoxでだけ起きました。
なので気が付かない人も多かったかも?
そして、今朝になったら直っていると。。。
(´・ω・`)

そんなわけでドタバタのついでに、少し大人っぽいテンプレートに変えました。
まぁ、子猫ですが。

大人っぽくしたので、ブログの読者層の平均年齢が上がるかもしれません。
きっと、2歳は上がるはずです。
猫だけに。

2016/09/12(月)
ピアノ教室で雑誌に載せるための集合写真を撮る集まりがあり、
ついでに何か1曲弾くということで、ミニ発表会でした。

レッスンは決まった時間にしか行かないので、他の生徒さんに遭遇することがなく、
興味深かったです。

大人に教えるのを得意としている教室なので、生徒さんは高齢者が多いと聞いていたのですが…
やはりそうでした。この日は私が最年少のようで(^^;


ピアノはあまり弾けないけど曲を作るために来ている人、
隣の市から来ている人、60代から始めて3年目の人など、さまざまです。



自己紹介などしている中で、先生は私のことを他の生徒さんに、
「とても素敵な曲を弾く人」と言っていたそうで。
なにげにハードル上げてる! (;゚Д゚)アワワ


私は前日から「愛のテーマ」を再度練習して、当日の朝もまた練習して
しっかり暗譜しておいたので、準備万端(?)です。
しかし、その場で急遽曲を変更し、あまり準備していない「悲歌」を演奏しましたw
/(^o^)\

こっちの方が大人っぽいし、聞いて楽しめるかなとその場で思ったのです。


少人数とはいえ、聞かれてる中での演奏は、やはりかなり緊張しますね。
ホントに難しいです。
何かが震えますよw
とはいえ、ミスしてもいいから、しっかり表現を大きくとるようにしました。

感情こめ過ぎるとミスが出やすくなるんですよね。。。
でも、無難な演奏はつまらないでしょうから、挑戦します。

ミスタッチは2箇所くらいありましたが、いつものようにゴマカシタので、
まぁ分からないでしょうw


生徒さんから「素晴らしいです」「ほかの曲も聞いてみたい」とコメントを
いただいたので、伝わる演奏はできたのだと思いたいです。

2016/09/06(火)
9月でピアノをゼロから始めて、今月でちょうど1年です。レッスン歴も1年。
w(´∀`*)w

最初は続くか分からなかったけど、続きましたねw 今後も続くと思います。


過去1年を振り返って、1ヶ月毎に何が課題になってて、何を思っていたのかを、記録を見ながら簡単にまとめてみました。

ゼロから始めた人の成長と苦闘の記録として、後世に役立てばいいなと…


0ヶ月 ピアノって鍵盤重っ! なので、鍵盤が激重な電子ピアノ(KORG SP-170)を買う

1ヶ月 演奏するとは表現すること。歌うように弾く。ていうか声に出して歌え!

2ヶ月 3連符、ユニゾンに苦戦。手元を(なるべく)見ないで楽譜を見て弾く訓練

3ヶ月 ペダルの練習、音色の使い分け。3度の進行に苦戦

4ヶ月 キャサリン・ロリンの曲に着手。大人っぽい雰囲気がたまらない。小学校の生ピアノを借りて弾き始める

5ヶ月 最高クラス音源の電子ピアノ(KAWAI ES8)に買い替え。初めての人前演奏会は、わりとうまくいったけど、すごい緊張した!!

6ヶ月 表現することは楽しいぃぃ

7ヶ月 (あからさまな、又は分からないような)テンポルバート、間の取り方の工夫。強い感情の表現

8ヶ月 透明な音を出す。難易度10の曲に苦戦 (田所氏のサイトのレベル)

9ヶ月 イメージをどうやって曲にのせるか。個性を出すにはどうするか

10ヶ月 和音と脱力した手首の使い方。曲に合った音色の使い分け

11ヶ月 和音と脱力した手首の使い方。きれいに響く音の追求

12ヶ月 1年前にあこがれた曲の完成(ラピュタオープニング)



こうしてまとめると、濃い内容に見えますね。
レッスン以外からもいろいろなことを吸収しようと、常に思ってはいます。


今後も、レッスンと地道な練習と研究を続けて、伝わる演奏を目指していきます。
電子ピアノも弾きますが、あくまでも生ピアノ重視で!

 | Copyright © 大人のねこふんじゃった All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ