自習・練習

2015年9月から始めたピアノ初心者(♂)です。大人がゼロからピアノを始めた記録です。レッスンに通っています。
2017/09/29(金)
夜中は、打鍵音の静かなSP-170Sで練習していますが、このピアノは強弱が階段状にしかつかないのですよね。実用範囲では5~6段階くらい?

渚のアデリーヌはメロディがほとんど重音なので、トップの音との音量差を出すようにしていますが、そこがうまくいっていないと、なんかカッコ悪いんですよねw
SP-170Sは強弱が段階的なので、狙った音量差にするのが難しく、イライラします( ´Д`)

しばらくそんな日々が続いて、久しぶりにES8(強弱が無段階・当たり前ですが)で弾いてみると。。。

「おお!重音がきれいに弾けてる!」

となっていましたw(´∀`*)w

正確には、3度で下がる進行と8度下を弾くのを片手でやるという、意外と難しい箇所です。

楽譜はこうなっていたので、もうこれに慣れちゃいましたが… 54は難しいです…
 54→1→53→1→42→1

先生は(たぶん)こう弾きました。シンプル?w
 53→1→53→1→42→1



おそらくですが、強弱が無段階なピアノでは、重音の音量差が付けばそれでOKみたいな感じになって、差が僅かでもちょっと多目でも、まぁOKみたいな聞き方になっていたのかもしれません。

ですが、強弱が段階的で不便なピアノで練習すると、決まった範囲内・音量差に収まらないと、はっきり失敗だと分かってしまうので、そこをうまく狙う練習になったのかもしれません。


まぁ、それができれば終わりでもなく、私的にはここは少しクレッシェンドしながら、入りから僅かにアッチェレランドさせたいと思うので、もっともっと繊細に追求していきたい箇所ではあります。
ここの数小節で、切ない感じを保ちつつ少しずつ喜びが増していく、そんな表現をしたいのです。

スポンサーサイト
2017/08/22(火)
細々と練習し続けております。始めたのは3月頃でしたっけ。
今は違う曲をレッスンしているので、独学状態です(^^;

「さらばピアノよ」も弾いてみたくなって、ベートーヴェン名曲集なんか買ってみたらエリーゼも入ってました。
古本で買ったブルグミュラー併用曲集にもエリーゼが入っているので、3種類の楽譜が集まりましたw

見比べてみると、けっこう違うのですねー
ペダルと強弱記号がまちまちなのですね。指遣いもそれぞれ違いがあります。面白いです。


7月に参加した大人のピアノコンクールで感動的なエリーゼを聞いたのですが(その方は最優秀賞)、ペダリングがすごく巧みだったように思います。
全域で踏んでいるような気がしましたが、楽譜に書いてあるような単純なON/OFFでは出せない音ですね。


出だしの部分だけをとっても、単純に楽譜通りに、左手パートで踏んで右手パートで離すと、なんだかカッコ悪い… これは違う…
ペダルを上げる早さと滑らかにつなげるタイミング、そして深さまで一箇所一箇所、よーく考えないと、美しくならないと思い始めました。
プロの演奏を見ると、踏み換えする場所も多いです。あの早さは難しいなーとも思ったりしますが。


というわけで、自分の耳と、曲がその箇所で何を求めているかを考えてペダルを練り直しています。
そうしているうちに、微妙なアゴーギグの入れ方・必要性にも気が付いてきました。


そんなわけで、ある程度弾けるようになったら、さらに深い所に気付いてしまって、完成はまた遠のいたのでした。(そもそも芸術に永遠に完成は無いのですが…)


この曲のレッスンは、いつ再開しようかな~ 来年かな?

先にやりたい曲がありすぎて、譜読みが追いつきません(^^;

2017/08/18(金)
しばらくレッスンも無かったので、久しぶりにグランドピアノで練習して感覚を取り戻しておかないとですね。
耳を研ぎ澄まして弾きます。


うーん、E5とF5がズレてるなー。直したい…
低音側もビーンて音がする鍵盤がある。。。 C3かG3かな? 音が不快なので、この1音だけ無意識に弱く弾いてしまいますw
170818piano.jpg



せっかくの生ピアノなので、ただの指練習ではなく、いつもはできないことをしますよ。


レッスンで「もっと倍音を出して」とか「響きの広がりをイメージして」とか「音を空間に飛ばして」と言われるのですよね。
脱力して、かつ鍵盤の芯をとらえないと出ない音らしいです。
できないと、単音を何度も弾かされますよ ( ´Д`)

手首をだるんだるんにしたり、わざと固めたり、肩の感じによる違いとか、いろいろ試してきました。
単音でも響きが変わりますよね。
目をつぶって弾いた方が分りやすい気もしました。



和音を別々の音量で弾こうとしてバラけてしまう箇所とか、家の電子ピアノでは難しくても、グランドピアノではうまくいくことがあるんですよね。鍵盤の重さが関係してるのかな?



それにしても、夜の学校だし空調もなくて室温とかちょっとアレですが、すごーく静かです。
廊下を引きずるように歩く、微かなスリッパの音も聞こえましたよ。

ん?

2階より上には私1人しかいないんだけど…(ここは4階)
気のせいかな。。。


帰り際、真っ暗な3階を通ったとき、鈴の音がしていました。
うーん。。。
気のせい、気のせ…
((((;゚Д゚)))

2017/07/24(月)
コンクール前の、とある日、夜の小学校でグランドピアノで練習をしておりました。

指の練習は家の電子ピアノでできるので、生ピアノを借りている時は曲練習というよりも、ペダルや響きなど、耳をメインに使う方向で練習しています。
あとは、音量の範囲や音色などタッチによってピアノのポテンシャルをどこまできれいに引き出せるか、確認してみたりとか。
これらは電子ピアノでは難しいですからね。


飽きてくると、雰囲気を変える 遊び 練習 に切り替えたりします。
テンポや抑揚や間を、そこのピアノや気分で微妙に変えます。
どこをどのように、どのくらい変化させるかは、曲に入りこんで感覚で。。。
だいたい、感傷的な方向へ変化させることが多いかもですが。。。

「雰囲気変え即興遊び」と自分では呼んでいます (^^;
(人前演奏時には、やりすぎを自重してますw)

感情の変化を自分で聞いて味わうのですが、もっといい表現を見つけたり、飽きた曲でも新鮮な感じになったりして、面白いのです(^^

これをやっていると、曲の全体のテンションの流れやバランスが明確になる気がしています。
曲に隠されたメッセージも見つかったりして、これもうれしいのですよね。


そんな感じで時間がきたので帰ろうとすると、管理人室につながるドアが開いてました(たぶんずっと)
今回の小学校の音楽室は管理人室のすぐ前なので、丸聞こえだったかも。。。

( ´Д`) ハズカシイ...


しかし、帰り際には管理人さんから「癒されます~」と言っていただけました。
(;゚Д゚) マジデ!?


渚のアデリーヌ、エリーゼのために、キャサリン・ロリン系、久石譲系ばかり弾いてたのですが、ロマンティックな箇所はとことん甘く、悲しげな箇所はとことん感傷的にとか、そんなことばかり試してたので、もともとテーマの分かりやすい曲をさらにストレートに伝えるような演奏になってたのかもです。

2017/06/18(日)
スタインウェイのピアノを初めて弾きました!
無料で40分ほど貸し切りです。
普通のピアノよりも1.5倍くらいの長さがありそうです。
いくら位するんでしょうね~ 4桁いくのかな?

170618steinway1.jpg


感想は、まず、タッチが浅い、敏感で音が出やすい、音がキラキラ、ペダルも浅い、ソフトペダルがほとんど効果なし、という感じでした。
普通のピアノの弾き方とは少し違うコントロールをしないとだめな感じがします。
噂に聞いてた通り、難しいですね~


170618steinway2.jpg


本番はなんとかうまく弾きたいところです。

170618steinway3.jpg

 | Copyright © 大人のねこふんじゃった All rights reserved. |  Next

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ