電子ピアノ

2015年9月から始めたピアノ初心者(♂)です。大人がゼロからピアノを始めた記録です。レッスンに通っています。
2016/12/26(月)
前回の記事、音色を作るの続きです。

ピアノ経験者には当たり前すぎるお話なのでしょうが…
(´・ω・`)

率直にピアノの先生に聞いてみました。
(※理論より感覚派の先生なので、一般論ではなく感じたまま、そのままの感想を述べていると思います)


けも 「生ピアノと比べて、電子ピアノを弾いた時にできないと感じることってありますか?」

先生 「どんなタッチで弾いても音が変わらないことですね。音を作れない。」

 と、指をくいくいさせて、こんな風に弾いても、こんな風に弾いても、変わらないのよ~
 と訴えております( ´Д`)


先生 「あと、なぜか電子ピアノの方が音が抜けたりしやすい感じ。しっかり弾かないといけない。」

 そういえば、電子ピアノで粒を揃えるのは生ピアノより難しいと言っているピアニストの方がいました。


先生 「電子ピアノでは手が痛くなったりするからあまり弾きません。」

 これも同じ話を聞いたことが。。。
 ちなみに、先生は本番前には、1日8時間とか練習するそうですが、
 生ピアノで手が痛くなったことはないらしい。


先生 「指の練習にはなると思います。」

 それが救いかな( ´Д`)



基本的に生ピアノしか弾かない先生で、演奏の仕事でいろいろな場所で弾くそうです。
たまに仕事でオルガンや電子ピアノやキーボードを弾くこともあるそうですが。
V-PIANOという、グランドそっくりな100万円を超える電子ピアノを弾いているのを見たことがあるのですが、
やはり違いは大きいのですね。




というわけで、だいたい予想通りの回答でした。

目指す所が「大人の趣味の電子ピアノ弾き」で、
生ピアノは弾かないというのであれば何も問題ないのでしょうが、

レッスンは生ピアノ」とか、「生ピアノも弾けるようになりたい」場合は、
やはりできること・できないことの違いを意識して練習しないとならないのかもですね。


ピアニストでも練習に電子ピアノを活用している方はおられるので、その使い方が参考になるのかもしれません。
強く弾かないとか、課題を限定するとか、そもそも頭を「電子ピアノモード」に切り替えてしまうとか、
書いてあるのを見ました。
みなさん工夫しておられるようです。


リチャードクレイダーマンはコンサートのツアー中、コルグのポータブル型電子ピアノをホテルに持ち込んで、練習していたらしいですね。(動画は日本語字幕付き)




それにしても、ピアノの貴公子も年取ったのですね。。。(ボソッ

スポンサーサイト
2016/12/01(木)
ピアノを弾く音が隣の部屋にどう聞こえるか、実験してみました。
私は隣の部屋に行き戸を閉めて、電源オフのまま家族に適当に鍵盤を押してもらいます。

「ゴトゴトゴトゴト…」

すごい響くじゃないですか!(;゚Д゚)
なんていうか、打鍵音のうち、低音の成分のみが伝わってくる感じです。
ピアノの前で聞こえる音とはぜんぜん違います。


耐震ジェルや厚手のクッション防振材など、いろいろ工夫して振動が床に伝わらないようにしているのですが、
どうやら振動ではなく、ピアノタッチを再現するための内部のシーソー式のハンマーアクションがぶつかる音が
鍵盤の中から空中に出てきた音のようでした。特に鍵盤を離す時がうるさいですね。

壁の厚さは10センチはあるのですけどね。
低音の防音は非常に難しく、容易に壁を突き抜けると聞きますが、まさにそんな現象です。

うちの家族は、音は聞こえるけど、寝れるから気にならないと言っていますが、
敏感な私にはかなり気になるレベルです(;゚Д゚)
うちは1階ですが、夜中なら2階にも聞こえそう…


グランドピアノのタッチに似せた電子ピアノは、みんなシーソー式のハンマーアクションを内蔵しているので、
打鍵音がある程度するのは仕方がないのですよね。
鍵盤の中身の比較。ここはけっこう勉強になります。

徹底比較!電子ピアノの基礎知識 ~鍵盤(タッチ)について vol.1改訂版
徹底比較!電子ピアノの基礎知識 ~鍵盤(タッチ)について vol.2改訂版

徹底比較なのに、上記サイトにはカシオとコルグが出てきませんけど( ´Д`)

ちなみに、カシオだと安いプリヴィアでも鍵盤は軽いですがしっかりシーソーが入っているので、けっこう打鍵音がするようです。
コルグはRH3とNH鍵盤があるので、後者なら静かですね。



そこで、購入して4ヶ月しか使っていない、コルグのSP-170Sを久しぶりに出してきました。

打鍵音が静か!

ほとんど無音で弾けるんでないかな?w

静かすぎて、指が鍵盤に当たる音が時々聞こえます。意図しない激突を感じた時はタッチの修正にいいかも。
上から叩くようなタッチは先生から注意されますもんね。
底付き音は、脱力を無視して思い切り強く弾けばゴンと低い小さな音がしますが、よほど強く弾かないかぎりは気にならないと思いました。

今までは真夜中に弾くときはppとかpppとか、ゆっくりとかでおそるおそる弾いていたのですが、
(そういう弾き方も時には重要な練習らしいですが)
SP-170Sならある程度普通に弾いて問題なさそうです。


今後は、深夜や午前の早い時間に弾く場合はコルグSP-170Sで、それ以外はカワイES8でという使い分けでいこうかと思います!

生ピアノと電子ピアノを時間帯で使い分けしている人はいますが、電子ピアノ2台でこういう使い分けをしている人は見たことがありませんw

色々なピアノを経験した今ではSP-170Sはアップライトみたいなタッチに思えますし、強弱が段階的とか、
音が貧弱で伸びが足りないとか、不満はたくさんありますが、それを踏まえた上での静かな練習用と位置づければ、価値は高いと思うのです。


このコルグの無音鍵盤(NH鍵盤)の良さに気が付いたので、後継機のB1とか、同じ鍵盤を積んだSP-280が気になりだしました。。。
ちなみに、B1はいちおうダンパーレゾナンス機能があるし、新サンプリングなので音がけっこうよさそうです。
SP-280はもともと音はいいみたいですし(ダンパーレゾナンスは無かったかも)
実売4万円前後で88鍵のピアノタッチの無音鍵盤で、深夜に練習できると思えば、安いものです。

 

B1は標準で金属ペダル付きです。SP-170Sを買う前に発売していればよかったのに。。。
( ´Д`)

2016/11/09(水)
その1の続きです。
なるべく生ピアノに近くなるような設定を考えました。

見ての通り、ふだんの使用は「EXコンサートグランド」で、ステレオエフェクトはなんだかわざとらしく聞こえるので、OFFにしています。
リバーブは気分で入れたり切ったりです。
161109ES8.jpg


●トーンコントロール
簡単なイコライザですね。
EXコンサートグランドはちょっと音が明るすぎる気がしました。
そういうものなのかもしれませんが、中高音を少し抑えた方がふだん弾く生ピアノに近い感じがするので、ミッドカットでちょうどいい気がします。
161109ES8-1.jpg


●タッチカーブ
数段階で選べますが、反応を少し敏感にしています。
電子ピアノに詳しい教育者の方は、みなさん、この設定を推奨しますので。
生ピアノの発音ポイントを意識して打鍵しないとタッチがすかすかになるので、そこは注意が必要ですね。
161109ES8-2.jpg


●ダンパーノイズ
録音をアップする時は切っていますが、練習中はONです。
これは、ペダルを踏んでダンパーが弦からいっせいに離れる時の「シャーン」という音と、
ペダルを戻す時の「ボコ」という音の両方の音量設定です。
こんな機能、要らないと思うのですが、マニアックな機能ですね~

ペダルを勢いよく戻すとうるさいですし、ゆっくり/途中まで戻すと小さな音になります。
せっかくなので、うるさくないように注意して足を操作する練習用にしています。

ちょっと踏むだけでペダルが利き始めるので、2-14のハーフペダルポイントを深くしてもいいかもしれません。
161109ES8-3.jpg


●キーアクションノイズ
鍵盤を操作したときに、生ピアノの中からアクションがカタコトいう音を再現しています。
でも、電子ピアノの中の鍵盤の音の方がうるさい( ´Д`)
さすがにこれは要らない気がしてオフにしましたw
161109ES8-4.jpg


●ハンマーディレイ
主に弱く弾いた時に、ハンマーが少しスローになることによって、発音が僅かに遅れるという、生ピアノの動作を再現します。
生ピアノだと弦が振動して、ある程度の距離を空気中を伝わってから耳に届きますが、ヘッドホンで耳元で鳴らすと、音のタイミングが違うのではないのかなと思い、少しだけ設定してみました。
数値を大きくするほど、発音の遅れが顕著になります。
161109ES8-5.jpg


●ミニマムタッチ
鍵盤をゆっくり押した時に音がしない、生ピアノの動作を再現します。
初期設定ではどんなに弱く押しても音が鳴りますが、それで慣れると生ピアノでは弱音の加減ができなくなりますからねー
ここは必ず変更した方がいいのではないかと思います。
7に設定していますが、最大値の10でもいいかもです。アップライトだと数字が大きい方が近い気がします。
161109ES8-6.jpg


2016/10/26(水)
カワイのES8ですが、設定項目が豊富なので生ピアノ(グランド)に近くなるような設定にしています。
そもそも、こういう設定がしたくて、この機種にしたというのもあります。
ちなみに次点候補はヤマハのCP4 STAGEか、P-255でした。

●ダンパーレゾナンス

161026piano1.jpg

メーカーを問わず、だいたい、10万円を超えるような機種あたりからこの設定がついてくることが多いですね。
右ペダルを踏んだ時の響きの量を設定します。
当初は7あたりでやっていたのですが、生ピアノはペダルを踏み込むと、ものすごい響きなので、
今は、MAXの10に設定しています。これでちょうどいいか少し足りない位です。

響きの量というよりは、音の濁りを発見しやすくする効果を目指しています。
最大値にするとちょっとうるさく感じますが、そもそも生ピアノ自体がこんな感じですし。

踏み換え忘れはすぐ発見できるようになりました(^^;
あとは楽譜に指示はなくても、和音の流れや聞いた感じで踏み換えポイントを増やしたりとかもします。
踏み込み量をリアルタイムに加減しながら弾くことを目指したいですが、それは上級者の技でしょうか。

電子ピアノばかりやっている人は、音の濁りに鈍感とか聞いたことがあるのですが、
ダンパーレゾナンスの機能が弱くて、踏みっぱなしでも音が汚くならないからだと思うのです。
どこかのブログで、電子ピアノの高齢の生徒さんが、生ピアノでもペダルをずっと踏みっぱなしで弾くとありました。
すさまじい濁りになると思うのですが… 家の電子ピアノの感覚なのでしょうね。
 

●ストリングレゾナンス

161026piano2.jpg

弦同士の共鳴音の設定です。これもMAXの10で生ピアノに近くなりました。
例えば、音がしないように低音のドを押さえたまま、1オクターブ上のドなどを強く叩くと、
音が減衰する時に、低音のドが「もぁあん」と音を出します。
生ピアノでもよく実験して比較してみています(^^;

一昔前は、電子ピアノにはこの機能がなくて、だから電子はだめだという論調のブログを読んだことがあります…

和音を弾いた時の音の混ざり方が自然になりますし、ペダルを踏んで弾く時に、倍音関係の弦が共鳴して、
リアルな音がするようになります。
これがピアノ本来の音なの!という感じです。

電子ピアノ的にはDSPチップで演算しているようですが、弦の数を考えると、相当CPUパワーを
使う難しい機能だと思います。
おそらく価格が高くなるから、安い音源からは省かれる機能ですね。



設定項目はまだまだあるので、それは次回以降の記事で…

2016/04/27(水)
1月の記事で、ピアノ用に買ったノイズキャンセリングヘッドホンについて書きましたが、
もう使っていません。。。
(´・ω・`)



だめだったのではなくて、安いのに予想外に性能がよかったので、
もっと上の世界が見たくて、高いやつを買いました。
これって、電子ピアノを買い換えた時と似たパターンですなw


約1万円のノイズキャンセリングヘッドホンです。
耳にすっぽりかぶせる密閉型なので、耳が痛くなりません。
そして、なかなかの静寂性。
カタログスペックではソニーの3000円のと大差ないのですが、使ってみると、こちらの方が断然静かです。
静かな中でピアノが弾けるって、集中できていいです。

例のテストで聴覚優位と出る私は、物音とか騒音に邪魔される体質なので、
こんなとこにこだわってしまうんですよね。

これも高音側はそれほど消さないらしいので、人の声やインターホンのピンポンはある程度聴こえるようですが、だいぶ小さくなりました。


普通の人は、普通のピアノ用ヘッドホン(楽器モニター用)でいいと思います。
とはいえ、ピアノ用ヘッドホンの相場は5千円~8千円位で、そんなに安くはないですね。。。


このヘッドホンの欠点を探すと、密閉型なのに多少、外に音が漏れるという点でしょうか。
あと、謎メーカーなので英語の取り説しかないし、保証があやしいw
特に要望してないのに商品が届く前に日本語マニュアルをPDFで送ってきましたが、無くても使えます。図を見ればいいから。
電池の入れ方はマニュアルを見ないと予想できない、びっくりするところをいじりますw

 | Copyright © 大人のねこふんじゃった All rights reserved. |  Next

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ