ピアノ奏法

2015年9月から始めたピアノ初心者(♂)です。大人がゼロからピアノを始めた記録です。レッスンに通っています。
2018/07/30(月)
脳卒中?で加療中にお亡くなりになられて残念です。まだそんなにお歳をとっていないはずなのですが。
氏のブログのファンでずっと読んでいました。このブログからも右サイドの上の方にリンクさせてもらっています。

kazさんは日本流のピアノレッスンにありがちな問題点をいつも考えつつ、往年の名ピアニストの演奏に魅せられながら、音楽的に弾くことの意義を模索しておられた方と思います。
実際の演奏もとても心に響く演奏だそうで、ぜひ聞いてみたかったです。


気になった過去記事から。
故kazさんのブログ、ピアノのある生活、ピアノと歩む人生 より
自分の内部に入ってスパークさせる
http://2013815piano.blog.fc2.com/blog-entry-1476.html


>「あっ・・・この人の演奏・・・いい・・・上手・・・素敵」という演奏に共通しているのは、
> その人は、移動が素早いのだ。反対に、「音符はバッチリ弾けていてミスもないし、
> 一生懸命弾いているんだけど・・・」という人は、移動と打鍵が同時なのだ。

>「鍵盤に指を置いて、鍵盤に触ってから打鍵せよ」という鉄則。移動が緩慢だと、これができない。
> これまた気づいていたことだが、ショパンのノクターンのような、スロー系の曲だと、
> 移動までスローになってしまう人が実に多いような気がする。どのような曲であれ、音型であれ、
> 準備してからコントロールしてから打鍵・・・なのだ。移動は素早く・・・そして鍵盤に指を置いてから、
> それから意識して打鍵・・・これはピアノ演奏の基礎・・・かもしれない。


素敵な演奏をする人は、「移動は素早く・鍵盤に触れてから・意識して打鍵」をやっているらしいです。

先日、フジコ・ヘミングの映画を見てきましたが、上記の弾き方のように見えました。一般的な弾き方よりも少しスローな演奏が多いのですが、ポジション移動は素早いです。
彼女は音色がきれいで歌うような演奏という評判で、その秘訣は、音量のバランスが絶妙なのだとは個人的に思っているのですが、もう一つはやはり打鍵直前の準備・コントロールなのでしょうね。

もしかしたらピアニストには当たり前のテクニックなのかもしれませんが…
映像では速すぎて気付きにくいけど、どのピアニストも、きっと速い箇所でも意識上ではそうやっているのでしょうか。


素敵な演奏をするためのコツは「先読み&打鍵の準備」にありそうですが、どう実現するかを考えると…
・読譜でいく場合、なるべくたくさんの音を目で素早く先読みする。
・暗譜でいく場合、数音先まで頭の中で素早く先読みする。

このどちらかが必要でしょうね。
どちらも、曲の音そのものはすべて覚えている前提でしょうか。

高速なポジション移動をするには、体で覚えないと難しい部分があるので、体でも頭(耳)でも覚えておく必要があるのでしょうね。

2018/07/09(月)
レパートリーの維持方法は、2年前に記事にしていましたよ。
すっかり忘れていましたけど…

レパートリーの維持方法 (2016/5/24)
http://kemoneco.blog.fc2.com/blog-entry-86.html



それから2年経ってどうなったのか…?

曲によって、週に1回弾けばOK、2週間に1回でOK、1週間に何回か弾かないと心配、など差があることが分かりました。
復習に楽譜が必要な曲、記憶だけでいける曲など、これもまちまちですね。


弾き合い会を前にして、今弾ける曲を確認していたのですが、やはり好きな曲ほど弾く機会も多いので、ちゃんと覚えているものですね。
1時間ほど次々と弾きまくって確認したところ、維持できている曲数は17曲ほどでしたが、人前でも暗譜で大丈夫そうなのは10曲くらいでしょうか。
何曲かは楽譜を見ないと弾けないですねー。音は忘れないけど、指遣いが怪しくなるので、楽譜でそのへんの確認が必要になります。


今の所、過去曲の維持にかける労力は1日に0~10分以下で、適当に思い出しながらやっている程度なので(ぉぃ)、もう少し真剣にやれば20曲は常に弾ける状態にできそうな感じはしました。



ここで、曲の維持方法や復活方法に関して、先達の知恵をお借りして、参考にしてみたいと思います。
個人的にこれは!と思った要点だけ書き出したので、ぜひ詳しくは元記事をお読みになって下さい。
どれも詳しく長く書かれていますよ。


ピアノの先生の場合
いつまでもレパートリーにしておくためには
http://piano-pipi.jugem.jp/?eid=924

・時々弾いていればOK。
・維持することで表現力が上がる。


ピアニスト・ピアノの先生の場合
持ち曲として維持したい!過去曲を復活させる方法
https://chihiropiano.com/howtoplay/180216-2/
・完成度を落として維持する。
・曲リストをローテーションさせる。
・本番前に念入りに弾いて再仕上げ。


ピアニスト・ピアノの先生の場合
大人のピアノ(3)レパートリーを確保する方法
https://ameblo.jp/muse7777/entry-12007339330.html

・1日1曲だけ復習し、曲リストからローテーションする。
・時々は1曲に集中練習してレベルアップを図る。


昭和29年発行 ピアノの技法(翻訳本)
・週に1回は弾く。曲リストからローテーションする。
・注意深く維持していれば、より深い解釈に到達できる。
・ただし、テクニック的にまだ到達できていない曲、好きになれない曲は除いた方がいい。



プロの方は覚えていないとならない曲数が多いから、ローテーションしながら毎日少しずつ弾く感じなのですね。

興味深いのは、維持し続ける効果をあげられていることです。
弾けるようにするためだけではなく、維持し続けることによって表現力が上がるという意見が複数ありました。
これは見逃せませんね!
(*´∀`*)


とはいえ、大多数のピアノ学習者は、維持のための労力を嫌って、それを行う人はだとも書いてありました。
生徒が望まないから、ピアノ教師が曲の維持を勧めることもあまり無いともあります。
そういうものなのですねー



まとめると、

・プロでも復習しないと曲を忘れてしまうので、地道に曲の復習をルーチンワーク化している。

・1曲あたり、週に1回程度は弾く。

・少しの時間でもいいから毎日、復習することが大切。

・時々復習していれば、再度仕上げる時間がかなり短縮される。

・維持し続けることによって、表現力が高まったり深めたりすることができる。

こんなところでしょうか。


レパートリーがあると楽しいし便利なので、あまり労力をかけずにうまく維持したいですね(^^

2018/04/05(木)
清塚信也さんといえば、TVによく出ているイケメンピアニストですよね。
ドラマ コウノドリのテーマソングの作曲者でもあり、あのちょっとせつない曲調が好きです(^^

今月に札幌でコンサートがあるので、行ってきます。
ε=εε=ε=εε= (((*・ω・)



YAMAHAのサイトにある、清塚信也さんのインタビュー記事(2)より
https://jp.yamaha.com/sp/products/musical-instruments/keyboards/pianist-lounge/smt/spotlight/009/p02.html

>「弾き真似とは、いかに本当に弾いているようにみせるかを教えるものです。一番印象に残っているのは映画の『さよならドビュッシー』で橋本愛さんに演奏指導したときのことです。

あの映画では、清塚さんは先生役で出演していましたね。


> 彼女が『月の光』を弾くというシーンがあって、実際は僕が弾いているその音に合わせて、彼女が弾き真似をするんです。
> 本当のピアニストは動きが柔らかいんですが、素人がピアノを弾こうとすると鍵盤を上から下へ押すという動作になってしまう。同じ事をピアニストがやったらミスに繋がってしまいます。
> ですから彼女には、鍵盤に触っていて、弾いた後に手を上に上げる、つまり下から上に動かす方が、ピアニストらしいモーションだと教えてあげました。すると手首から肘にかけての動きがだんだん柔らかくなっていって、その動きで弾くと曲の出だしのところがとても上手く弾けるようになりました。
> それがとてもいい音だった。フォームから入るのって大事なんだなと改めて勉強になりました」


これはなかなか深いですね。

素人へのピアノ演技指導で、打鍵後の下から上への動きをさせたら、ピアニストらしい演技になっただけではなく、手首が柔らかくなって、いい音色で上手に弾けるようになったそうです。
少し前に記事にした、アニメでトムがやっている動き ですかね。


カタチから入るのって重要なんですね!

もし、このブログを読んでおられる、独学・初心者の方がおられましたら、試してみて欲しいです。
楽に・いい音で弾けるかも…

2018/03/09(金)
アップライトを借りて練習してきました。
土日は予約でいっぱいなので、あえて平日の夜です。

やはり、アコピ特有の、瞬発力と深さで音を出す感覚をつかむには、週一のレッスン以外にも定期的に弾かないとだめですね。
( ´Д`)

あと、アコピはやっぱり手に優しい w(´∀`*)w
170118piano.jpg


せっかくなので、難し目 (当社比) の曲ばかり弾いてきましたが、グランドや電子ではできても、なんかうまく弾けない箇所があるんですよ…
この間の知人宅で弾いた時にも感じていましたが、やはり同じ現象です。

具体的には、「エリーゼのために」の後半の左手のラの同音連打と、中間部の2回目のターンです。
同音連打は3 2 1で弾くのですが、やりにくい…
1回目のターンはフレーズの切れ目なのでまだいいのですが、2回目のターンは、もたつかないように軽い音で高速に弾きたいのに、音が抜ける…
(ノД`)

どうやら、アップライトの壁に遭遇したようです。
そんなのは、上級者の話なんだろうねと思ってたらそうでもなかったです。
「エリーゼのために」を弾くようになると、この壁にぶちあたると、質問の回答にありました。
アップライトでラの連打を静かに弾くのは極めて難しいけど、グランドでは簡単だとあります(;゚Д゚)
まさに、この通りで…
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1299869327



ターンを早く軽やかに弾こうとすると、アップライトでだけうまくいかないのは、この子供のケースと同じかも。
この先生によると、それは上達した証らしいので、前向きにそう思っていきますか(^^;

http://kana77.com/gakki
> 今日のレッスンで、「先生、家のピアノ〔アップライトピアノ〕で弾くと、今弾いた様にすべての音が鳴らなくて、、、出ない音があるんです、、、」って 高学年のYちゃん

> アップライトピアノとグランドピアノは見た目の違いはもちろんの事、構造、音がなる仕組みが違います。

> ある程度のレベルになると
> 自分の動き通りにピアノが反応してくれず、あれ?って感じることがありますよ

> これを感じてくれたYちゃん
> そこまでピアノが上達したって事!私はこの質問をされて、嬉しさを感じたのでした《笑》



グランドは鍵盤を戻しきらなくても次の音が出せるので、そのおかげで連打や高速な箇所、弱音がとても弾きやすいのですが、アップライトでは鍵盤を上まで戻さないと発音できないので、意識して指を上げないといけないのですよね。

そういうものだと思って弾き方で対処すればいいのですが、これもピアノの適応力の一つなのでしょうね。



帰り際、管理人さんから、「発表会の練習ですか?」と聞かれました。
有名曲とか、難所ばかり弾いてたからかな(^^;

2018/02/28(水)
アラフォー以上には懐かしい、トムとジェリーですが(^^;
クラシック音楽が多数使われているのですよね。

トムとジェリーの「ピアノコンサート」の回ですが、トムがピアニストになって「リストのハンガリー狂詩曲第2番」を弾きます。
動作が曲と合っているだけではなく、弾き方がちゃんとピアニストの動きになっているそうです。(書籍:ピアニストの脳を科学する より)
打鍵後に徐々に指を立てる腕の動きが、ピアニストの動作をちょっとおおげさに表現しているのかな?

この動画では、アニメの映像に合わせて弾くという、凄いことをやっています(;゚Д゚)
https://www.youtube.com/watch?v=iResPN9z9U0



 | Copyright © 大人のねこふんじゃった All rights reserved. |  Next

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ