大人のピアノ

2015年9月から始めたピアノ初心者(♂)です。大人がゼロからピアノを始めた記録です。レッスンに通っています。
2017/04/20(木)
私が通っているピアノ教室では、生徒さんに新年の書き初め(漢字一文字)をしてもらっています。
私が書いた今年の一文字は「情」です。

情報の「情」とも「なさけ」ともとれますが、感情の「情」という意味の方で。

なぜ音楽を聴くと感情が動くのか、また、自分で演奏しながら自分の感情を呼び起こしたい、
聴いていただいた人の感情に働きかけられるような演奏がしたい、
とそんな思いを込めて。。。





なぜ、人は「悲しい音楽」に惹かれるのか?アジアと欧米で理由が違った!
http://tabi-labo.com/170619/sad-music


年齢も国籍も多種多様な人に音楽を聞いてもらって、どのような感情の変化が起こったかを調査した結果、
悲しい音楽を聞くことには、癒しの効果があるそうです。

特に「懐かしさ」の感情を呼び起こすみたいですね。
東洋人の場合にはさらに「安らぎ」の感情も加わるそうで。これは文化の違いなんでしょうかね。



悲しい音楽はロマンチックな感情ももたらす -なぜ私たちは悲しい音楽を聴くのかが明らかに-
http://www.riken.jp/pr/press/2013/20130524_1/


悲しい音楽が心地よさを呼び起こすという研究結果があるようです。



「いつもロマンティックな曲ばかり弾くよね」と、ピアノの先生にも家族にも言われます。
そうかもしれません。。。
それに加えて、悲しい曲、マイナー調な曲もわりと好きなのですが、
これは自分の中で音楽に癒しを求めているのかもしれません。。。

スポンサーサイト
2017/04/12(水)
私は、聞いて覚えた旋律は頭の中でドレミ変換して歌っています。
絶対音感は無いせいで、鍵盤で確認するとズレている箇所があって、ムリヤリ感が強いですw


子供のころ、たぶん小学生の頃から、今に至るまでずっとそうなのです。
学校の授業以外で楽器を習った経験は無いのですけどね。


もはやこれはクセなので、どうしようもないのですが、音楽が耳に入ると常にドレミ変換しようと頭が働くので、それが落ち着かないのです。
実はけっこうな悩みなんですよ。
(´・ω・`)
ドレミを当てはめて覚えたメロディは、頭の中では、もはやドレミでしか流れてきませんし…



絶対音感がある人は音楽以外の生活音を含めて、すべてドレミに聞こえてしまって落ち着かないという悩みがあるそうですが、
絶対音感が無いのにドレミ変換が働いて落ち着かないというのは、理由が分かりませんよね。



そんな人っていますか?



同じような悩みを持つ人を、教えてGooで発見しました。
この方も絶対音感はないけど、ピアノを10年以上やっていた経験があって、音を聞くとドレミが頭の中に入ってきて落ち着かないという悩みを持っています。
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/1632940.html


もう一つ、興味深い記事を見つけました。
ギターのためのアドバイスですが、毎日、簡単な曲をドレミで歌い続けると、数ヶ月もすると
世の中の曲がだんだんと、ドレミで聞こえるようになって来ると…
その能力が演奏の役に立つそうです。
ソルフェージュ能力の訓練ですかね?
http://ameblo.jp/funky9th/entry-11300387508.html



どうやら、絶対音感が無くても、ドレミ変換能力らしき物は身に付く可能性があるのですね。
大人から始めたピアノには、有効かもしれませんね。


私の場合は、小さい頃から音楽は好きだったようで、無意識に聞いて分析?を続けるうちに自然にやるようになったようです。
天然ソルフェージュ歴、うん十年って感じかも。
音楽を聞くと勝手にドレミ変換しようとして頭が落ち着かないという弊害・悩みはありますが、
今ピアノを弾いているのは、その困った感覚を前向きに活用してみようという、流れか何かなのかもしれません。

さて、どう活用しますかね…
パート毎にドレミで曲を覚えて弾くとか、頭の中でドレミで歌いながら弾くということは、ピアノを始めた当初からやってます。

2017/03/30(木)
ピアノを始めた頃は、左右の手の開く差は僅かだったのですが、今は左右で1センチ以上、違います。

左手の方が大きく開くんですよねー。なんでだろ?

左手は跳躍が多いし、手を大きく開く曲ばかりなので、そのせいかな?
右手も広げる練習した方がいいんですかね。

指の独立とかスピードアップとか脱力のトレーニングはやっているのですが、
手を広げるのは、しばらくやっていなかったです。


そういえば、最近読んだピアノの本で、大人は加齢で腱の結合が緩んで
手が開くようになることがあるとかなんとか書いてありました。





(;゚Д゚) ハッ!!

老化現象!?

2017/03/24(金)
ピアノを弾いているとき、いつも頭の中でドレミで歌っています。
てか、そうしないと曲が出てこないし、弾けないのですよ…
なんていうか、曲にも乗れないし…
暗譜してても、楽譜を見ていても同じです。

みんな、そうしているのかと思っていたのですが、どうやら違うようなのですね。
(´・ω・`)


そういえば子供って、大きな声でドレミで歌って曲を覚えたりしてますよね。
(;゚Д゚) ハッ!

私は 「見た目は大人、脳は子供」 なのか?w

頭脳は大人であると思いたい…





「両手とも歌うのか?」 と聞かれそうですが、たぶんそうです。

ちょっと何曲か頭の中で再生してみますよ…

右手が楽で左手がややこしい箇所は、左手を歌っていました。
ロリンちゃんの曲は、左手が広くて難しいですしね。
そして、右手と左手のパートを行ったり来たりしている… なんだこれ…
どうやら、脳内の歌手はシングルタスクのようですw
その代わり、左右の切り替えは自由なようで。

両手ともややこしい箇所や早い箇所は、全部の音名を頭の中でリアルタイムに言うのは
難しいので、楽譜の画像イメージ、指の形、鍵盤の模様、和音のパターンとかコード、
勢いで弾く(ぉぃ)とか、なんかいろいろ併用しているみたいです。



どうやら、この先生が推奨する方法に近いのかもしれません。

☆★☆絶対に忘れない暗譜のしかた☆★☆
http://blogs.yahoo.co.jp/pfmelody/14075402.html



絶対に忘れない、ということはないのですが、緊張しても大丈夫ですし、ピアノが無い所でも復習できるので、たくさん曲を覚えれていられます。

ドレミで唱えるのは、音楽の基礎であるソルフェージュの要素らしいので、それを常に必須にしているから、演奏が楽になって、表現に集中できたり、曲に没頭できるのかもしれません。


ソルフェージュでは、ドレミで歌うという訓練があるらしいですが、

「いや、それって当たり前でしょ。歌ってないと覚えられないし、
弾けないし。」


と常々、思っていたのですが、わざわざそういう訓練があるということは、
普通の人は、そういう風に曲を覚えないのかもしれませんね。


みんなどうやって曲を記憶して、演奏時に取り出してるんだろ???
はっきり言ってです…

2017/02/16(木)
HSPという、アメリカで提唱された新しい心理学の概念があります。
(ハイリー) (センシティブ) (パーソン)、敏感すぎる人という意味です。

人口の約20%に生まれつき備わる遺伝的性質とされ、そうでない人からは理解不能な敏感すぎる感覚を持っています。

医学的には、感覚器官が優れているということではなく、セロトニンという脳内の神経伝達物質の移動に関する遺伝子が人と違うことにより、セロトニンが滞ってしまって感覚の処理が強化されすぎてしまうという説が検討されていますが、まだ未解明のようです。

基本的に、本人は生きづらさや、他人と相容れない阻害感を感じて悩みますが、
職業や芸術などにマッチすると、優れた成果を出すことにもつながったりするようです。


このサイトにおおまかな説明と、テスト項目がありますが…
私は間違いなくこれですわ(^^;

HSP(繊細すぎる感性をもつ気質)は 心の病気ではありません
http://ameblo.jp/cool77/entry-11726926222.html




きっかけは、家族がこの本を買ってきたことで、そういう概念を知りました。
ちなみに、うちの奥さんもHSPです(お互い、少しずつは違うけど)
あと、親が普通で、子供がHSPというパターンもあるようです(親から理解できない感性の子供)




おそらく、音楽家は、みんなHSPだろうと思うのです。

例えばショパンが、弟子がピアノで下降するフレーズを弾いた時、
ショパンはその短いフレーズを聞いただけで、憂いを感じて遠い祖国を
思い出して涙した、というエピソードを本で読みました。

キャサリン・ロリンの「悲歌」をピアノの先生が生徒に勧めたけど、
生徒さんはその曲を聞くだけで泣いてしまうので、違う曲に変えた話とか…
そこまで極端なレベルにはありませんが、その感覚はよく分かるし似たことは日常です(HSPあるあるかも?)


ピアノの先生にもHSPは多そうです(全員がそうではないと思いますが、私の先生は間違いなくHSPと思う)
ピアノ関係のブログをたくさん読んでいると、感性や文章から、たぶんHSPだろうなという人がいます。そんなに多くはないですが。
このブログを読みに来ておられる方の中にも、いるかもしれませんね。。。


いますか??

(=・ω・)ノ

いたら、こっそりでいいから、教えて下さい。。。


生まれつきの損な役割のようにも思えますが、HSPであってもその性質を知れば、生き辛さの理由に納得したり、他人との感覚の違いに納得できたり、自分の生かし方をうまくコントロールできるかもしれませんね。

HSPの敏感な感性が、趣味の音楽には役に立ちそうだというのが救いです(^^;



このサイトも参考になります。

感受性が強い人の特徴と適職を知って才能を引き出す方法
http://spi-con.com/it-is-a-strong-sensitivity/



「私って繊細過ぎる?」と感じるなら、知っておきたい意外な才能
https://matome.naver.jp/odai/2146485286486895901?page=2


 | Copyright © 大人のねこふんじゃった All rights reserved. |  Next

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ