大人のピアノ

2015年9月から始めたピアノ初心者(♂)です。大人がゼロからピアノを始めた記録です。レッスンに通っています。
2017/03/24(金)
ピアノを弾いているとき、いつも頭の中でドレミで歌っています。
てか、そうしないと曲が出てこないし、弾けないのですよ…
なんていうか、曲にも乗れないし…
暗譜してても、楽譜を見ていても同じです。

みんな、そうしているのかと思っていたのですが、どうやら違うようなのですね。
(´・ω・`)


そういえば子供って、大きな声でドレミで歌って曲を覚えたりしてますよね。
(;゚Д゚) ハッ!

私は 「見た目は大人、脳は子供」 なのか?w

頭脳は大人であると思いたい…





「両手とも歌うのか?」 と聞かれそうですが、たぶんそうです。

ちょっと何曲か頭の中で再生してみますよ…

右手が楽で左手がややこしい箇所は、左手を歌っていました。
ロリンちゃんの曲は、左手が広くて難しいですしね。
そして、右手と左手のパートを行ったり来たりしている… なんだこれ…
どうやら、脳内の歌手はシングルタスクのようですw
その代わり、左右の切り替えは自由なようで。

両手ともややこしい箇所や早い箇所は、全部の音名を頭の中でリアルタイムに言うのは
難しいので、楽譜の画像イメージ、指の形、鍵盤の模様、和音のパターンとかコード、
勢いで弾く(ぉぃ)とか、なんかいろいろ併用しているみたいです。



どうやら、この先生が推奨する方法に近いのかもしれません。

☆★☆絶対に忘れない暗譜のしかた☆★☆
http://blogs.yahoo.co.jp/pfmelody/14075402.html



絶対に忘れない、ということはないのですが、緊張しても大丈夫ですし、ピアノが無い所でも復習できるので、たくさん曲を覚えれていられます。

ドレミで唱えるのは、音楽の基礎であるソルフェージュの要素らしいので、それを常に必須にしているから、演奏が楽になって、表現に集中できたり、曲に没頭できるのかもしれません。


ソルフェージュでは、ドレミで歌うという訓練があるらしいですが、

「いや、それって当たり前でしょ。歌ってないと覚えられないし、
弾けないし。」


と常々、思っていたのですが、わざわざそういう訓練があるということは、
普通の人は、そういう風に曲を覚えないのかもしれませんね。


みんなどうやって曲を記憶して、演奏時に取り出してるんだろ???
はっきり言ってです…

スポンサーサイト
2017/02/16(木)
HSPという、アメリカで提唱された新しい心理学の概念があります。
(ハイリー) (センシティブ) (パーソン)、敏感すぎる人という意味です。

人口の約20%に生まれつき備わる遺伝的性質とされ、そうでない人からは理解不能な敏感すぎる感覚を持っています。

医学的には、感覚器官が優れているということではなく、セロトニンという脳内の神経伝達物質の移動に関する遺伝子が人と違うことにより、セロトニンが滞ってしまって感覚の処理が強化されすぎてしまうという説が検討されていますが、まだ未解明のようです。

基本的に、本人は生きづらさや、他人と相容れない阻害感を感じて悩みますが、
職業や芸術などにマッチすると、優れた成果を出すことにもつながったりするようです。


このサイトにおおまかな説明と、テスト項目がありますが…
私は間違いなくこれですわ(^^;

HSP(繊細すぎる感性をもつ気質)は 心の病気ではありません
http://ameblo.jp/cool77/entry-11726926222.html




きっかけは、家族がこの本を買ってきたことで、そういう概念を知りました。
ちなみに、うちの奥さんもHSPです(お互い、少しずつは違うけど)
あと、親が普通で、子供がHSPというパターンもあるようです(親から理解できない感性の子供)




おそらく、音楽家は、みんなHSPだろうと思うのです。

例えばショパンが、弟子がピアノで下降するフレーズを弾いた時、
ショパンはその短いフレーズを聞いただけで、憂いを感じて遠い祖国を
思い出して涙した、というエピソードを本で読みました。

キャサリン・ロリンの「悲歌」をピアノの先生が生徒に勧めたけど、
生徒さんはその曲を聞くだけで泣いてしまうので、違う曲に変えた話とか…
そこまで極端なレベルにはありませんが、その感覚はよく分かるし似たことは日常です(HSPあるあるかも?)


ピアノの先生にもHSPは多そうです(全員がそうではないと思いますが、私の先生は間違いなくHSPと思う)
ピアノ関係のブログをたくさん読んでいると、感性や文章から、たぶんHSPだろうなという人がいます。そんなに多くはないですが。
このブログを読みに来ておられる方の中にも、いるかもしれませんね。。。


いますか??

(=・ω・)ノ

いたら、こっそりでいいから、教えて下さい。。。


生まれつきの損な役割のようにも思えますが、HSPであってもその性質を知れば、生き辛さの理由に納得したり、他人との感覚の違いに納得できたり、自分の生かし方をうまくコントロールできるかもしれませんね。

HSPの敏感な感性が、趣味の音楽には役に立ちそうだというのが救いです(^^;



このサイトも参考になります。

感受性が強い人の特徴と適職を知って才能を引き出す方法
http://spi-con.com/it-is-a-strong-sensitivity/



「私って繊細過ぎる?」と感じるなら、知っておきたい意外な才能
https://matome.naver.jp/odai/2146485286486895901?page=2


2016/11/01(火)
あるピアニストの一生 の中から、
おすすめピアノ曲一覧(難易度別おすすめピアノ教材)→本人はこの一覧をどのように使っていたか
とたどると、興味深いページに行き着きます。

このページに気が付かない人もいるかも?
私も、今行こうとしてけっこう探しました(^^;

一覧表の作成経緯と田所ピアノ教室のレッスン方法
http://mathemarimo.bird.cx/public/kyozai_kasetto.html



ここを読むと、この膨大な曲のレベル分けは、生徒のレッスン時に選ばせるためのものと分かります。

初心者:レベル10までは1年に3レベルアップ、

中級者:レベル10~20は1年で2レベルアップ、

上級者:レベル21~は1年で1レベルアップ

ぐらいだったようです。


ブルグミュラー25がレベル6~10ですから、1年ちょいでブルグ25を卒業する感じなのですね。
しかも、3曲同時進行なので、それはそれでかなりハイペースな気が。
そこから先になると1年に2レベル程度なので、ブルグ卒業後、さらに1年半後にエリーゼのレベル13へ到達ってとこでしょうか。


人によって進度は様々でしょうから、そのまま当てはめることはできないと思いますが、
よほどの才能があっていい先生についているか、曲をいいかげんに仕上げていないかぎりは、
この進度を大きく上回ることはないと思うので、この進度が理想の一つくらいに思っていれば
いいのかなと思いました。

しかも、大人のピアノですから、上達速度は加齢と共にゆっくりになっていくと思いますし(^^;


そんなわけで、レベル8~10の曲が身の丈に合っていると感じている私がエリーゼに挑戦するのは、
2年は後にした方がよさげです。
そもそも上達し続けるとは限りませんが、今やっても美しく仕上がらないと予想するのです。

2016/09/06(火)
9月でピアノをゼロから始めて、今月でちょうど1年です。レッスン歴も1年。
w(´∀`*)w

最初は続くか分からなかったけど、続きましたねw 今後も続くと思います。


過去1年を振り返って、1ヶ月毎に何が課題になってて、何を思っていたのかを、記録を見ながら簡単にまとめてみました。

ゼロから始めた人の成長と苦闘の記録として、後世に役立てばいいなと…


0ヶ月 ピアノって鍵盤重っ! なので、鍵盤が激重な電子ピアノ(KORG SP-170)を買う

1ヶ月 演奏するとは表現すること。歌うように弾く。ていうか声に出して歌え!

2ヶ月 3連符、ユニゾンに苦戦。手元を(なるべく)見ないで楽譜を見て弾く訓練

3ヶ月 ペダルの練習、音色の使い分け。3度の進行に苦戦

4ヶ月 キャサリン・ロリンの曲に着手。大人っぽい雰囲気がたまらない。小学校の生ピアノを借りて弾き始める

5ヶ月 最高クラス音源の電子ピアノ(KAWAI ES8)に買い替え。初めての人前演奏会は、わりとうまくいったけど、すごい緊張した!!

6ヶ月 表現することは楽しいぃぃ

7ヶ月 (あからさまな、又は分からないような)テンポルバート、間の取り方の工夫。強い感情の表現

8ヶ月 透明な音を出す。難易度10の曲に苦戦 (田所氏のサイトのレベル)

9ヶ月 イメージをどうやって曲にのせるか。個性を出すにはどうするか

10ヶ月 和音と脱力した手首の使い方。曲に合った音色の使い分け

11ヶ月 和音と脱力した手首の使い方。きれいに響く音の追求

12ヶ月 1年前にあこがれた曲の完成(ラピュタオープニング)



こうしてまとめると、濃い内容に見えますね。
レッスン以外からもいろいろなことを吸収しようと、常に思ってはいます。


今後も、レッスンと地道な練習と研究を続けて、伝わる演奏を目指していきます。
電子ピアノも弾きますが、あくまでも生ピアノ重視で!

2016/08/30(火)
発表会など、人前で演奏する機会を持つ場合、どのくらいの練習期間をかけるものなんでしょう?

http://pianeys.com/selection/level3/
ピアノ発表会おすすめ曲 というサイトにレベル別のおすすめ曲と、仕上げるまでの期間の目安が載っていました。

ブルグミュラー前半~後半のピアノレベルの人の場合、
 譜読みに1ヶ月
 テクニック的仕上げに1ヶ月
 暗譜と表現力仕上げに1ヶ月

3ヶ月もかけるんですね!
( ゚Д゚)

ちなみに、ソナチネレベルの人の場合、さらに上記に追加でもう1ヶ月
かけると良いとも書かれていました。
4ヶ月ですかー


この間、参加したピアノサークルでは、年に1回の発表会にむけて、
1年前から練習するというお話をされている方もいました。
(;゚Д゚) すごい…



私がここ半年ほど弾いているキャサリン・ロリンの曲は、田所氏のサイトによるとレベル8~10、
ブルグミュラー後半レベルでしょうか?
ピアノサークルの弾き合い会には4回参加しましたけど、練習期間2ヶ月で弾いた曲には
まだミスが出るので、ぎりぎりか、ちょっと不足な感じはありました。
やはり、2~3ヶ月はかけないと人前演奏にはまだちょっと厳しい感覚ですので、
上記サイトの目安は、自分のやった感じとだいたい一致している気がします。

レッスン期間も同じくらいかかっているので、先生の目(耳)からみても
そのくらい必要に見えるのでしょうね。

一人で弾いて楽しむレベルなら、1ヶ月でよさげなのですが(;´∀`)



しかし、1曲に3ヶ月かけると1年に4曲ですかー。
時間がかかる分、曲数を平行してやった方がよさそうですね。
私は複数曲体制でないと飽きるので
(;´∀`)

今はレッスン2曲+次の2曲の予習の、4曲平行体制にしています。1年に8曲は仕上がるかな?
もっとやりたいですが、そこまでの時間は…

曲数をこなすことも必要でしょうから、いつも自分のレベルぎりぎりの選曲ではなくて、
あえて易しい曲もとりまぜながらやった方がいいのかもと考えています。

 | Copyright © 大人のねこふんじゃった All rights reserved. |  Next

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ