大人のピアノ

2015年9月から始めたピアノ初心者(♂)です。大人がゼロからピアノを始めた記録です。レッスンに通っています。
2017/07/07(金)
●事前準備

 コンクールの前の週は、会社の帰りや前日に小学校のグランドピアノを借りて練習しました。平日でも空きがぜんぜん無くて、ずいぶん遠くの行ったことの無い小学校で弾いたりとか。。。

 6月のピアノサークルで弾いたときに、ミスタッチをけっこうしてしまったので、自分では余裕で弾けるつもりなのですが、あえてかなりゆっくりな練習とか、右手を歌って左手だけで弾くとか、音名暗譜のやり直しとか、そんなことをやっていました。
 暗譜の強化のためにやったのですが、同時に細かなバランスや流れ・響きの再調整ができたので、新たな発見があってよかったかもしれません。
 インテンポの通し練習は楽しいけどあまり意味がないと聞いたことがあるので、それはほとんどしませんでした。確認に1日1~2回程度で。

 ちなみに、前日夜、家で練習してたら大地震が起きてびっくりしましたよ(;゚Д゚)
 また地震が起きて電気やガスの供給とか止まったらイヤなので、さっさとお風呂に入って寝ました.zZZ



●当日の心構え

 演奏を聴いてくださる方への敬意というのも、ピアノろまん先生がいつもブログで言われているように、意識してみました。
 審査員であっても一人の聴衆であり、いい音楽に出会いたがっているとどこかの審査コメントで読んだことがあります。
 それを考えると、舞台に出る時には聴いてくれる全ての人に対して「一緒に楽しもう!」という気持ちで笑顔にしたいですし、演奏後のお辞儀では「聴いてくれてありがとう!」という気持ちで、笑顔で応えるべきでしょうと思って、やってみました。
 男性の出演者でそれをやっているのは私だけのようでしたので、いいのか悪いのかは分かりませんが…



 演奏は伸び伸びと楽しむ意識で行ないました。演奏者が楽しんで感動していなければ、聴いている人も楽しめないし伝わらないと、音楽家が異口同音に述べていますから。
 なにしろ曲目がツェルニーとアニソンとキャサリンですし(汗

 しかしながら、曲を丁寧に細かく作りこんで再現するだけでは「計算ずくの優等生みたいな演奏」と言われてしまうし(去年の私)、曲に没頭すれば「感情過多の陶酔プレイ」になってしまいそうで、どちらに偏りすぎてもだめなのでしょうけど、両方の要素がないと聴いてる人を楽しませることはできないと思うんですよね。
 この矛盾する要素のバランスをとりながら、正解のない、永遠に完成の無いものを目指すから、芸術なのでしょうか。
 演奏はほぼミスなく、でも表現はいつもより少し濃く、まとめました。緊張は感じつつもベストに近い演奏ができたのではないのかなと。もしかしたら今までで一番いい演奏ができたかも。。。
 審査コメントには2曲目と3曲目は美しい演奏でしたと書いてあったので、美しく・なおかつ意思が伝わる演奏になったようです。


●他者の演奏を聞いて

 朝一から来てるし、出番が終わったからさっさと帰るというのも、出演する人に失礼かなと思ったので、最後まで聴いてました。とはいえ、私のように最初から最後までいた人は、数名だったかと思います。
 一人で来てるし、暇人と思われたかな。。。(うちの奥さんは病気で来れなかったのです。残念がっておりましたが


 古典派の曲目を入れるという出場条件をクリアするために、「エリーゼのために」をプログラムに入れる人がけっこういるのでは?と思ったのですが、そうでもなかったです。

 1人だけ、感動的な「エリーゼのために」を弾く人がいました。YouTubeでいろいろなプロの音楽家のエリーゼを聞いたことがあるのですが、それに匹敵する鳥肌物の演奏でした。
 ちなみにその方は男性で、もう1曲、ラフマニノフの難しそうな迫力のある曲を弾いて優勝されていました(゚Д゚)


 上位数名の方は、お名前をネットで検索すると、受賞歴とか特集記事に載ってたりとか、そんな情報が出てきます。みなさん、コンテスターなのですね(^^;

 高齢な方も出ていらして、本当にピアノが好きで、ずっと弾き続けてきたんだなと思いました。
 (私以外の特別参加賞を受賞された方の中には、かなり年齢が上の人もおられました)


 中には、途中で暗譜が分からなくなって音を探す人とか、たくさんミスしながらも一生懸命弾いてる感じの人もいましたが、それはそれで「がんばれー」という思いで、心の中で声援を送らせてもらいました。
 そういう演奏は、コンクールとしての評価は落ちるのかもしれないですが、人間味やチャレンジ精神を感じて、応援したくなります。

 言葉は交わさなくても、よい演奏会という物は、奏者と聴衆の双方で作り上げるものだと思うのですよね。

スポンサーサイト
2017/07/03(月)
日曜はピアノコンクールに出てきましたよ。
外国製高級ピアノの専門店、井関楽器のコンクールです。
賞金総額100万円、賞も10名まで用意してあるとあって、参加者数がすごく多く、48組も出場者がいました。

出場条件は40歳以上、ピアノ演奏で報酬を得ていない(アマチュア)、10分以内なら曲数は自由、ただし全部暗譜、古典派(ベートーヴェン、モーツァルト等)の曲を1曲は含めること、となっていました。
「初心者から出ていいそうだから、出てみませんか」と年頭に先生に勧められたので参加することにしていました。

170703iseki.jpg


当日、私の出番はなんと、朝2番目!
早々に出番を終えて、あとは人の演奏を聞くだけなので、そのへんは気が楽だったかもです。
出番前にやってきて、最後の結果発表にまた来るパターンの人が多かったようですが、私は全部聞いてましたよ。朝9時から夜7時半くらいまでw
さすがに疲れましたが、審査員の方も同じですからねー


参加者は8割が女性で、自己紹介の作文が全員分プログラムに載っているのですが、幼少期からピアノをやっている方が多かったですし、ピアノへの思い入れも皆さんすごいです。
音楽科を出た方も多いし、元ピアノ教師もいましたし、プロと思われる人もいました。名前で検索するとコンサート情報が出てきた… (そのプロと思われる方でも優勝はしなかったのが興味深いです。3位だったかな?)

演奏曲は95%以上がクラシックでした。
ベートーヴェンのピアノソナタを弾く人が圧倒的に多く、曲は速いし長いし、音符が多いし、一番後ろで聞いてたのに皆さんとても大音量で弾いてて迫力あるしで、すごかったです。
スタインウェイのコンサートグランドですから、小さな音から大音量まで自在ですよね。
悲愴第3楽章が最も多かったかな?
そんな曲を何曲も暗譜でバリっと弾く人ばかりですよ。

どうも、私は完全に場違いな所に来たようです。
( ´Д`) カエリタイ…






そして夜8時半ころに結果発表。審査にけっこう時間がかかったみたいです。
1日中、スタインウェイの音色を聞けたし、素晴らしい演奏にも出会えたしで、疲れたけどよかったよかったと思い、受賞者の名前をメモし始めていたのですが。。。 私の名前が載ってる!?

((((;゚Д゚))))エエェェェェ

(つд⊂)ゴシゴシゴシ (;゚Д゚)


上位4名が入賞し、5位以降が特別参加賞だそうで、その中の「いい感じですね賞」をいただきました。
しかも賞金(けっこう高額)まで… ありがとうございます。

審査員の方がこの分りにくい賞w の意味を説明してましたが、「最も演奏がズンと心に響いた人の賞」だそうです。この賞は全員一致ですぐに決まったとか。

170703piakon.jpg




私の場合は難しいクラシックなんか弾けないので、もう開き直って、とにかく楽しんでのびのび弾くことと、聴いて心地よい演奏を追及して自分らしく表現することを目指しました。

「ド緊張」で指が震えるくらいの中ですが、ほとんどミスはしなかったですし、演奏内容も今までにない深みでできたような気がします。
そういえば、金曜は有給を取ってピアノの先生のコンサートに行って、スタインウェイの生の響きに浴してきたので、それが耳にいい影響を与えたのもあるかも。



ちなみに演奏曲はこの3曲でした。
(参加者全員・全曲に講評が付きます)

①ツェルニー100番練習曲の5番

 これでも古典なので、参加条件を満たしています。
 ペダルを使わない曲なので、レガートと音の切り方に神経を使いました。ていうかレッスンで矯正されましたw
 意外にも音色がきれいだと誉められました(審査員2人ともから)
 この曲は主旋律に同音連打が多く、楽譜の運指は同じ指なのですが、音が切れないでピアノらしく弾くには、難しいけども同音指換えが理想なので、その弾き方に運指を直しました。
 そのために鍵盤をやや滑らせる斜めタッチを使っているのですが、そのタッチで音色がきれいに聞こえたのかもです。
 ていうか、ホールの奥から単音の音色を聞き取って評価対象にするとは、おそるべし審査員の耳…


②Innocent (天空の城ラピュタのオープニング)

 原曲は最初がピアノで中盤から壮大なオーケストラなのですが、映画を見て以来、何度も繰り返し聞いては感動していますんで、思い入れもハンパないです。
 曲はとにかくとことん緻密に作りこんだ上で、静と動の対比をドラマチックに、かつ繊細に弾きました。
 力強い箇所は計算ずくではなく、その場の雰囲気や響きで違う弾き方にはしています(なぜか自分の中で抑制が入る)
 曲の構成と音色とキャラクター表現がよかったらしいです。
 あとは響きをちゃんと聴いて弾いている様子がよかったとか(そんな所も見てるんだ!(゚Д゚) )


③愛のテーマ(キャサリン・ロリン)

 ロマンティックに、両手ともいつもよりも、余裕をもってたっぷりの表現で弾きました。
 レッスンが終わってから1年半も弾き続けていますが、少しずつ自分でアイデアを入れてだいぶ表現は変わったかも。
 聴いて心地よい表現と、魅きこまれるように深みが変化する流れを研究して、ストーリーを作りました。
 これもキャラクター表現がよかったと書いてあり。


ピアコツの角聖子氏や、ピアノろまん先生が常々、難易度の追求ではなく、心に届く演奏が最も重要で音楽の本質であるとおっしゃっており、私もそれを目指してましたので、その点が評価されたのがうれしいですね。

ピアノの先生と、練習に付き合ってくださった皆様に感謝します m(_ _)m


(akaneさんが予告していたように、次の練習会の二次会は私のおごりになるという流れなのですね?w)
2017/05/16(火)
ピアノろまん|完全な音楽 から
https://hajimetepiano.blogspot.jp/2016/09/blog-post_26.html

> 音楽は本番での臨場感や高揚感のほか、微妙な音の狂いやちょっとしたミスの中で「感じる」ものが必ずあります。でも録音で聴く音楽はほとんどが完全な形の音楽。編集されていたり、何回も撮り直したものだったり。

> 演奏家は、細部の細部にこだわり地道な練習を積んで極限の緊張の中で自分の完全な理想を求めて演奏会での演奏に臨む。でも100パーセントとは絶対いかない。。これはとっても悔しい。でも実は演奏家もそれはわかっているのです。それを含めて「どう届けるか」にその演奏家の哲学が表れますし、モチベーションでもあります。

> ミスをミスでないように演奏し続けるのはプロしかできません。

> 私はミスや失敗や音の微妙な揺らぎ、それを含めてが音楽を聴くという事だと思います。音楽は時間の芸術と言われますが、「その時の音楽を聴く時間」を楽しむのが本当の意味で音楽を楽しむ事です。

> 音楽の魅力は正解がないことと、永遠に完全になれない不完全さだと私は思います。


録音では分からないものがたくさんあるのですね。

その場の演奏は、そこで作られた1回限りの芸術みたいなものなのでしょうか。
毎回少し違うということは、そこが人間くささを感じる、楽譜のある即興演奏みたいなものと言えるのかもしれません。



昔、TVで歌番組を見ていたとき、生放送なのにいつも録音でクチパクしてる歌手と、ちゃんと生で歌っている人の違いを観察して、後者のよさを味わっていたのを思い出しました。
トップ歌手であっても、息継ぎやほんの僅かな声のトーンの乱れに人間くささやリアルさを感じて、ブラウン管超し(昭和の表現!w)であっても、いいなーと思って視ていたのです。



ピアノの弾き合い会に参加する目的は、人前で弾いてみたいとか、愛好家同士の交流などの目的があると思うのですが、それ以外にも、録音では分からない、その人の音や表現、演奏の呼吸を空気で、肌で感じたいというのもあるのではないかなと思うのです。
ましてや生ピアノの場合、電子ピアノとは段違いに音に個性が現れますから、そこも聴き所ですね!



さて、今週は3日間も弾き合い会を予定しています。たまたま連続したのですがww

そんなわけで、皆さんの生でしか聴けない演奏を楽しみにしていますので、よろしくお願いします。

私はYouTubeの録音とは一味違う、何か伝わる演奏をできたらなーと思ってます。
(=・ω・)ノ

2017/05/02(火)
大人がピアノを趣味とする場合、レッスンを受けるか、独学でいくか、悩むこともありますよね。

私の場合は、独学で始めようとしてキーボードと独習教材を買った結果、
ある程度独りで両手で弾けるのは分かったのですが、さまざまな情報収集した結果、
最初からレッスンを受けるのが正しい道だろうと判断して、すぐピアノ教室に行きました。


レッスンを受けても独学でも、どちらでも上達すると思いますし、どちらにもメリットとデメリットがあると思います。


今は少子化のため、大人のピアノコースは多いですし、進化した電子ピアノが裾野を広げていると思います。
また、独学向けでは、YouTubeでいろいろな演奏を見れますし、独習用の教材もたくさんあります。

ピアノをゼロから始めて2年弱、レッスン回数は74回になりましたが、その中で経験したことと、様々なサイトや書籍から、レッスンと独学についてまとめてみました。
なんとか同じ個数になるようにしましたよ。 (ちょっと、無理やり?)



●レッスンに通うメリット (*´∀`*)

・早く効率よく上達できる。 (小さなアドバイスでどんどん変わります)

・曲の仕上げ方、難所の突破方法などたくさんのコツや知識を教えてもらえる。

・脱力や体の使い方など、自分では外からうまく見れない部分の修正ができる。

・演奏の客観的なアドバイスがもらえる。 (先生の耳はすごいし、シビアです)

・生ピアノの弾き方、理想の音を見本演奏でダイレクトに教授してもらえる。 (あまり弾いてくれない先生もいるそうですが)

・人前演奏の経験を積むことができる。 (先生に見られていると、家でのようにはぜんぜん弾けません!)

・目標が明確になり、真面目に練習しないとならなくなる。


▲レッスンに通うデメリット ( ´Д`)

・敷居が高い。 (最初はものすごく勇気が必要でした。清水から飛び降りる気持ちで…)

・お金がかかるし、通う時間の捻出が社会人には大変かも。

・家が電子ピアノだと、レッスンの生ピアノとのタッチやペダルの違いの使い分けが難しい。 (それも重要な勉強なのですが)

・選曲に制限がかかる場合もあるかもしれない。(生徒の実力、先生の得意分野や、教室の方針など)

・曲の解釈について意見が違った場合に悩むかもしれない。(私は最終的には自分の感性を優先しているかも)

・基礎教材に飽きたり、曲がなかなか合格しなくて飽きたりとかするかも。 (スランプは上達のチャンスらしいですが)

・発表会への参加を勧められる。(参加したくない人にはマイナス要因。私は出ますが)



●独学のメリット (・∀・)♪

・時間に縛られず、プレッシャーの無い状態で、自由に弾ける。

・レッスン代がかからない。(個人教室6000円/月~、大手12000円/月~ 高名な先生だと1レッスン何万円とかも!)

・全て自分で調べて学習しないとならないので、研究する力が身に付くかもしれない。

・基礎教材からやるのも、バイエルをやるのも、基礎を飛ばしてひたすら曲集でも、自分で自由に決められる。

・無謀なことにも挑戦できる。(初心者が基礎教材を飛ばして、いきなりショパンの難曲を1曲主義で何年もかけて取り組むなど)

・始めるのも、中断するのも、止めるのも誰にも気兼ねなくできる。

・独学で弾けるというプライドや自負心を持てるかもしれない。


▲独学のデメリット (ノД`)・゜・。

・奏法や音楽が我流になってしまう恐れがある。 (悪いクセは直しても元へ戻ろう・戻ろうとするから常に修正し続けないとならない。プロでもトレーナーは必要)

・正しい練習方法が分からず、効率が悪い練習を繰り返してしまう。無理をして手を壊す可能性も。

・自己判断だと、曲を仕上げたつもりでも、本当はうまくいっていないまま次の曲にいってしまうかもしれない。

・壁に当たった時に乗り越えるのが難しく、自己否定感から挫折の原因となりうる。(小さな壁は次から次へと現れます)

・小さな成長や進歩を人から認めてもらうという満足感が得られにくい。

・人前で弾く機会が少ない。

・独学では中級までが上達の限界という説もある。



あくまでも趣味ですし、目指すレベルも人によって様々でしょうから、レッスンと独学のどちらもアリだとは思います。

メリットとデメリットを踏まえて、うまく補っていけたらいいですね!
(=・ω・)ノ



【参考にした情報】

ゼロからでもピアノは弾ける|途中で挫折しないために(大人のピアノの始め方)

ピアノろまん|ピアノレッスンの意義

書籍|ピアノがうまくなるにはワケがある: 努力よりコツ!

みんなのピアノ|大人のピアノ初心者。独学でピアノは弾けるようになるのか?

みんなのピアノ|独学ピアノに潜む危険性、独学では絶対に手に入れることができない情報とは?

ミヤガワ日記|ピアノが上手くない大人は独学はやめておいたほうが良い理由(ショパンのワルツ7番を弾いてみた結果)


2017/04/20(木)
私が通っているピアノ教室では、生徒さんに新年の書き初め(漢字一文字)をしてもらっています。
私が書いた今年の一文字は「情」です。

情報の「情」とも「なさけ」ともとれますが、感情の「情」という意味の方で。

なぜ音楽を聴くと感情が動くのか、また、自分で演奏しながら自分の感情を呼び起こしたい、
聴いていただいた人の感情に働きかけられるような演奏がしたい、
とそんな思いを込めて。。。





なぜ、人は「悲しい音楽」に惹かれるのか?アジアと欧米で理由が違った!
http://tabi-labo.com/170619/sad-music


年齢も国籍も多種多様な人に音楽を聞いてもらって、どのような感情の変化が起こったかを調査した結果、
悲しい音楽を聞くことには、癒しの効果があるそうです。

特に「懐かしさ」の感情を呼び起こすみたいですね。
東洋人の場合にはさらに「安らぎ」の感情も加わるそうで。これは文化の違いなんでしょうかね。



悲しい音楽はロマンチックな感情ももたらす -なぜ私たちは悲しい音楽を聴くのかが明らかに-
http://www.riken.jp/pr/press/2013/20130524_1/


悲しい音楽が心地よさを呼び起こすという研究結果があるようです。



「いつもロマンティックな曲ばかり弾くよね」と、ピアノの先生にも家族にも言われます。
そうかもしれません。。。
それに加えて、悲しい曲、マイナー調な曲もわりと好きなのですが、
これは自分の中で音楽に癒しを求めているのかもしれません。。。

 | Copyright © 大人のねこふんじゃった All rights reserved. |  Next

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ