大人のピアノ

2015年9月から始めたピアノ初心者(♂)です。大人がゼロからピアノを始めた記録です。レッスンに通っています。
2018/03/29(木)
趣味のピアノと考えたとき、あこがれの1曲を年単位の時間をかけて完成させる人もいるでしょうし、短い曲や初級の練習曲なら2週間くらいで次へ行きたい人もいると思います。

発表会に向けて、とことん磨き上げることを目指す場合だと、半年~1年前から準備するという意見を何人かから聞きました。(これは暗譜するための期間も含めているのかも)


多くの人は1曲にどのくらいの期間をかけるのでしょうか?

リサーチしてみました。
(=・ω・)ノ


●中級くらい~の方の意見

一曲に費やす期間は、どれくらいですか?
https://ameblo.jp/springsnow5018/entry-11908075073.html#cbox

こちらの記事やコメントを参照すると、1曲を人前演奏レベルにもっていくまで、3~4ヶ月くらいの人が多そうです。


●ピアノ学習者のレベル別の目安期間

happypianist.net より 「ピアノ歴」と「曲の難易度」の目安
http://www.happypianist.net/music/NANIDO.htm

このサイトによると、ピアノのレベル別に、曲の難易度によってどのくらいの期間が目安なのか書いてあります。

実力に見合った曲の場合、

 初級者:1~2ヶ月
 中級者:2~4ヶ月
 上級者:4~7ヶ月

とありました。
実力を超える曲ならそれの2倍以上だそうです(曲よりも実力が高ければ、逆に短くなる)

想像以上に、中級以上の方の練習期間が長いのですね。


●大人のピアノ教室の先生の意見
http://kikkistyle.asablo.jp/blog/2015/03/17/7592416

あくまでもこの教室での基準(大人のピアノ・月2回レッスン)だそうですが、

・1~2ヵ月で合格なら、自分にとって簡単~やや簡単な曲。
・3~4ヵ月で合格なら、楽ではないけどトライしてみるには適した曲。
・5~6ヵ月で合格なら、やや無理のある選曲なので、余裕で弾けるようにはならないかも。
・半年以上かかる場合、仕上がっても完成度が低い恐れが高い。

自分の過去を振り返っても、曲によってレッスン期間が様々でしたが、これを読んでなるほどと思いました。


●ピアノサークルでの意見

2ヶ月毎に開催していた年に、ほぼ全部参加していたのですが、そこに来られた方が、「2ヶ月毎に新たに1曲を仕上げるのって、かなり大変だよね」と何人かの方が同意見で言われているのを聞き逃しませんでした。

私もそう思います(^^;
なので、何ヶ月か経ってから同じ曲を出したりしました(^^;;


◆まとめ

まとめると、曲(練習曲ではなく作品の方)を仕上げるのには、1曲あたり3ヶ月くらいが平均な感じがしますね。

おそらく、ピアノを始めたばかりの人なら、「1曲に そんなにかけるの!?(;゚Д゚)」と思うでしょうし、私もたぶんそう思ったでしょう(^^;
上達して曲がどんどん複雑に・長くなっていくと、それで普通になりますから(^^;


初~中級あたりでは、1曲あたり2~3ヶ月前後で仕上げる、またはそのくらいの期間で弾ける曲を選ぶのが、レベルに合っていて上達にもつながる、おおまかな一つの目安なのかもしれません。



理想は、難易度の違う曲を、複数同時進行でやることかもしれません。そういう意見を何箇所かで見聞きします。

少し難しい曲にはチャレンジ精神で挑めるし、壁に当たっても自分に発見された課題として見つめられると思うのです。

少し易しい曲なら美しい音で余裕をもって弾けるレパートリーになりそう。また、易しい曲でこそ学べる音楽的要素というのがあるそうです (角 聖子氏の著作より)

なにより、1曲集中だと飽きちゃうし…(禁断の発言


というわけで、少し難しい曲と少し易しい曲を組み合わせてやっていこうと思うのでした。

2018/03/22(木)
グランドピアノの中を眺めていると、音程によって弦の張られている数が変化するのが分かりますね。
真ん中から右側はみんな3本ですが、低音側は本数が減って太くなります。

この切り替わりの箇所って、滑らかに変化するのだろうか?と以前から疑問に思っていました。


まずは高音側でテスト。
弦の本数は一緒ですが、ダンパーの付く箇所と付かなくなる切れ目で比較します(単音・ペダルなし)
おや、ダンパーレスになった所から音がツヤツヤして響く(^^
こんなに違ったのか。
近所のダンパーが無い弦と共鳴していますね。
ペダル有りのフレーズであれば、この切れ目では響きに違いは起こらないでしょうが、右側はダンパーが無いので少し濁りながら鳴らすことになりますねー。
そんな高い音程にメロディはほとんど来ないでしょうし、高音ほど余韻が出ないので、実用上はほぼ問題無いのでしょうけど。


次に低音側
弦が3本の箇所と2本に減る箇所で比較。
おお!2本の方がまろやかな音。
音質がいきなり変わります。
やっぱり、滑らかな変化にはなっていないのですね(^^;
とはいっても、曲の中では分からないのでしょうけど。


この、機構上からくる音質の段差も、演奏表現に反映させるべきなのかは分かりませんが、もし違和感を感じることがあったら、その時に思い出してみると役に立つのかもしれません。

2018/3/26追記
 その後、低音側をまた違うピアノで試してみました。
 太い2本弦になる箇所→金属的・響く音・振動を感じる・迫力のある音
 隣の3本弦の箇所→澄んだ音・整っている・深みは減る

また違った感想になりました(^^;

2018/02/23(金)
ピアノレッスンあるあるの1つになるのでしょうけど、家のピアノと、レッスンのグランドの感覚の違いにとまどうという話をよく聞き(読み)ます。

家でアップライトの場合、グランドの鍵盤が重くて速さが出ないとか、ペダルが重いとか、厚い和音の連続が疲れるとか。

家で電子ピアノの場合、弱音の芯がなく響かない音量のコントロール幅が狭い左手うるさい音が抜けるペダルが濁るなど…


自分の経験も含めて、こんな意見が多いでしょうか?
ここにあげた箇所が、構造の違いからくる欠点とも言えるのかも。
電子ピアノの方が多い… 仕方がないですが。(´・ω・`)


しばらく弾いていると感覚が修正されてきたりもしますが、瞬時の切り替えはなかなかに難しいですね。
ピアノの先生クラスでも、しばらく電子ピアノを弾くとタッチが狂うという話しもありました。

みなさんはいつも、うまく切り替えできていますか?



思うに、「ピアノ力」の重要な要素の一つに、感覚の切り替え力、言い換えるなら楽器の個性への適応力があると思うのです。
同じように弾いて同じ音が出るのは、量産された電子ピアノの同機種くらいで、アコピ同士でも違いは大きいですものね。


音大生やプロでも電子ピアノとアコピを上手に使い分けているとか、ピアニストが瞬時にホール毎のピアノに合わせられるのは、「弘法筆を選ばず」の格言通りなのかなと。


アマチュアで対策できるのは、レッスンで先生が「そう、その響き!」と言った時の、音と感覚をしっかり体で覚えて、うまく再現できるように訓練し続けるのがいいのかなと思うのでした。
あとは、いろいろなアコピを様々なシチュエーションで弾くという、場数でしょうか。

2018/01/29(月)
いつものピアノサークルの演奏会ですが、今回はライブスタジオでした。
出演者とそのお連れ様を合わせて20名くらいです。

なんかえらく緊張しましたよ!
( ´Д`)

いつも上手に弾いている人もミスが増えたり止まったりとか、小さなアクシデントはけっこう見かけたので、皆さん同じように感じてたのかも…
私は緊張とかはわりと克服していると思っていたのですが、指が震えてました(^^;
そんな状態でもちゃんと弾けるものなのですね(^^;;;
渚のアデリーヌ(原曲)と、ラピュタの2曲を用意しましたが、止まらず弾けてよかったです。
180129piano.jpg



私も含めて暗譜の人は、楽譜立てを倒して弾いてました。その方が音がよく聞こえますものね。
ヤマハのグランドだけどタッチが軽くて弾きやすかったです。
季節がら、乾燥しているせいか音もクリアですし。
ペダルも鍵盤も浅めでした。グリッサンドとかやりやすいでしょうね。
プロのライブばかりやっている所みたいなので、敏感なセッティングなのかも…
180129piano2.jpg


いい経験になりました(^^;

2018/01/20(土)
知人に頼まれて、ちょっとした集まりの中でプチ演奏会などしていました。
とはいえ、20人以上いると緊張しますけど(^^;

ピアノを弾く人同士ではあまり意識しないのかもですが、一般の人は、知らない曲は想像以上につまらなく感じているものらしいです…
どこかで聞いたことのある曲を選ぶと喜ばれますよねー
選曲には気をつけて、シータの決意と渚のアデリーヌにしました。

もちろん、美しく、癒されるように流れる、しかし飽きない、繊細さと大胆さを兼ね備えた、演奏者の意思が感じられる演奏を目指して…


クラシックのコンサートのプログラムを見ていても、わりと一般の人が見に来ると思われる場合は、有名な曲ばかりですし、ポピュラーのアレンジも取り混ぜたりとかしていますものね。

客層に合わせた選曲は大事なんだろうなと思いました。

 | Copyright © 大人のねこふんじゃった All rights reserved. |  Next

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ