未分類

2015年9月から始めたピアノ初心者(♂)です。大人がゼロからピアノを始めた記録です。レッスンに通っています。
2018/06/29(金)
この間のピアノ飲み会で、飲みネタとして、みんなの認知特性テストをやりました。
希望者だけのつもりが、結局全員にやることに(^^;
なんと、私以外、みんな視覚が強いではないですか!
上級者だからといって、聴覚優位とは限らないという結果も。楽器の音に対する耳は鋭いのに??というのが不思議ですね。



最近よくテレビに出てくる、フジコ・ヘミングも視覚優位(カメラアイ)かもと思うフシがあります。
子供の頃の絵の色使いや、絵画とピアノの共通点など語っておられましたし、ライブの衣装は自分でデザインするということですし。
コンサート会場では、CDだけではなく、自作の版画なんかも販売されていましたよ。
ともあれ、ピアノを含めた芸術関係では視覚優位がメリットありそうです。


私は言語&聴覚優位という結果でしたし、子供の頃から耳が敏感な自覚はありますが、それが直ちに演奏に結びつくかといえばそうでもないと思います。
頭の中で左右の音を再現するのは割りと簡単ですが、演奏しながら両手の音をちゃんと聞き取るのはたいへんですよ!


おそらくピアノを弾く力というのは、指~全身の使い方、読譜、楽曲の記憶、リズム感、ピアノ音に対する感受性、ステージでの度胸など、様々な能力をそれぞれ鍛えて向上させないと美しく弾けるようにはならないと思うのです。
それらは多少は得意・不得意はあったとしても、うまく克服して次第に身に付けていくものなのでしょう。
コツコツ地道にやっていくのが一番ですね(^^

2018/06/15(金)
フジコ・ヘミングの札幌公演に行ってきました。
相方と2人で見に行きましたよ。

賛否両輪あるけど一度は見ておこうかな?この方は80代でかなり高齢だし、見るなら今でしょ!と思い、チケットは半年前に買ってありました。
大ホールで11列目位だったかな。ご本人はわりと小柄な感じで、ゆっくりとステージに出てきました。歩くのが辛くなってきたとのご本人の談。
でも演奏は見事でした。CDでも聞いていましたが、音色がきれいですね~ ショパンでうっかり寝そうに (ぉぃ
最前列の人はスタンディングオベーションしてましたし、拍手喝采だったように思います。
もらい物の10枚組みのCD集がウチにあるのですが、それに未集録の演奏、ドビュッシーの月の光が聞けたのがうれしかったですね。


そして数日後、なぜか家に「暮らしの手帳」という婦人雑誌がありました。なんでも、今月号にフジコ・ヘミングの特集が載っているから買ったらしい…
子供の頃の絵日記が掲載されています。これは近々本になるそうで、買う!と言ってました。
ドキュメンタリー映画もやるそうで、映画にも行こう!と言います。
どうやら、はまったようです(^^;


正当な(?)クラシックファンからは、なぜかものすごくけなされている彼女ですが、ファンも多いらしい。
何が魅力なのでしょうね。
個人的には、音色のきれいさ、主旋律の聞き取り易さ、独特なテンポ感と間の取り方、繊細な表現、あたりが印象的です。
平たく言うと、『個性的で独特な世界観が感じられて、聞いてて心地良い、歌っている演奏』なのかも?


今週の「徹子の部屋」にもゲストで出ていましたよ。
ドビュッシーの月の光を弾いてました。やはり、この演奏はとてもいいですね~ (^^


最近、TVに出ることが多いみたいで、キーワード予約していると、番組名や説明から自動検索されるので、知らないうちにいろいろ録画されているのです。
映画の予告の場面なのか番組でのインタビューなのか分かりませんが、ハノン・ツェルニーを真っ向から否定していたり、暗譜が飛ぶ恐怖とか対策とか、指の肉が音色に影響するとか、ピアノをかじった人でないと分からない発言がけっこうあって面白かったです。
もしかしたら魅力的に弾くヒントみたいなものが、そこから読み取れるかも…


ドキュメンタリー映画は7月7日に公開するみたいですが、ピアノ曲もたくさん聞けそうだし、猫も出てくるでしょうから (そこかい)
見に行くことにしますね。
(=・ω・)ノ

2018/05/10(木)
同じ物を見たり聞いたりしても、感じ方や理解方法は人によって、まるで違うそうです。
それを認知特性として知ることができます。
認知特性とは、「外界からの情報を頭の中で理解したり、整理したり、記憶したり、表現したりする方法」とされています。


様々なブロガーが、この本を買って、ご自分の認知特性のグラフを掲載しているので、私もアマゾンで買ってきましたよ (本屋に行くのは時間が無いし億劫…)

ピアノをやる上でも、何かヒントになるかなーとも考えました。
ところで、本のタイトルに「頭のよさテスト」とありますが、ちょっと違うと思います。
これは筆者の、認知特性が頭のよさに関連しているという仮説によるものなので、認知特性・発達特性を知って理解しようというのが、主題です。

180510ninchi.jpg



認知特性は大きく「視覚優位」「言語優位」「聴覚優位」の3つに分類されています。

・視覚優位者 (目がいい、映像記憶に優れる。同時並列な処理が得意)
・言語優位者 (言語で思考、経時的な処理をする)
・聴覚優位者 (耳がいい、音で記憶する。頭の中で音を出したり聞いたりする)


さらにそれぞれが2つに分かれていて、全部で6パターンに分類されます。

視覚優位者
①写真(カメラアイ)タイプ 二次元映像の記憶に優れる。
②三次元映像タイプ 脳内での立体的・動画的な処理が得意。

言語優位者
③言語映像タイプ 文字や文章を映像化してから思考する。
④言語抽象タイプ 文字や文章を図式化してから思考する。

聴覚優位者
⑤聴覚言語タイプ 文字や文章を耳から入れる音として情報処理する。
⑥聴覚&音タイプ 音感に優れており、音色や音階など音楽的イメージの理解に強い。外国語も得意。



それぞれの詳しい特徴や適職なんかは、書籍を読んでいただくとして、診断テストをやってみた結果です。
EXCELのグラフ化はこちらのサイトから利用させていただきました。(無料メルマガの登録が必要ですが)
手でも計算してみましたが、けっこうたいへんでした(^^;
https://lifestyle117.com/culture/book-review/cognitive-characteristics-test/



私の診断結果ですが、けっこう偏ったグラフですねー

180510ninchi2.jpg




26点以上が強い特性だそうで、それに該当するのは言語抽象タイプが34点、次が聴覚言語タイプで28点という結果でした。
文字や文章を抽象的に思考するのと、音として思考するのと両方をやっているんですかね??


適職として示されていた中で興味が持てそうなのは、教師とか内科医とか弁護士ですが、今の職業はそこには書いていない、システムエンジニアだったりします(^^;

システムエンジニアでは、プログラミングも設計も言語優位な部分が必要でしょうから、それは合っているのでしょう。

聴覚優位は仕事上では活用方法を考えたことはなかったですが、仕様打ち合わせなんかで、長~い説明でも1回聞くだけで、聞きながら頭の中で要点を整理できるので、すぐに矛盾点・不足点を質問したり、あとで思い出して文書にまとめたりもできるので、そういう部分に使われていたのかも。



逆に、一応は標準内には入っているものの、写真映像タイプ言語映像タイプは低めです (´・ω・`)
それらが得意な場合の適職として示されている、写真家、画家、デザイナー、コピーライター、絵本作家、雑誌編集者、作詞家には向かないかもですね。
人の顔を覚えるのもあまり得意ではないので、もしかしたら接客や営業にも難があるかもしれません。(声色はよく覚えているのですが…)
風景から道順を覚えるというのも難しいですねー。映像ではなかなか覚えられないので、地図を構造的に頭に入れないとならないです。画像的な認識ではなく、位置関係や、スポット名の「音」で覚えてます(^^;



有名なブロガーの方ですが、言語優位聴覚優位だそうです。
なかなか面白い記事ですよ。
奥様が視覚優位者だそうで、夫婦で優位感覚が違うと、ここまで違うのかーと驚きます。

「才能」とは何なのか。それは「認知特性」です。さぁ、「風鈴」を想像してみてください
http://www.ikedahayato.com/20150313/22385648.html



この方の、「頭の中のオーディオプレイヤーをONする」という感覚はよく分かります。
私も音色や抑揚・和音・ゆらぎまで頭の中でリアルに再現されますし、何か作業をしながらでもBGMのように曲を最初から最後まで再現可能です。複数のパートがちゃんと聞こえてきます (再現できるのと弾けるのとは別問題ですが…)

というか、この記事を読むまでは、みんな同じことをしていると思っていたのですが、そうではない ということを知り、驚きました (゚Д゚)



音楽をやるには、多彩な感覚を総動員しないとできないと思うのですが、ピアノに関しては視覚聴覚の両方が重要だと考えます。
これは私の個人的な予想・仮説ですが、視覚優位な人だと読譜が早いでしょうし、頭の中に構造を展開できることから、立体的な音造りをする、ポリフォニックな音楽が得意である可能性があるかもしれません。つまりクラシックに強いと。




認知特性は生まれながらにある程度決まっており、それをベースにして能力を伸ばしていくので、大きく変えることは難しいそうですが、自分の特性を把握して、それを生かすことが適職の選択につながるとのこと。


夫婦や家族・恋人間、職場の中でも、相手の特性に気が付けば、仕事がスムースに運んだり、いい関係でいられるコツになったりするかもしれません。
この書籍では、子供の発達に関する認知特性の理解方法にも触れられています。親子でもパターンが違うことがあるのでしょうね。


自分の特性を知って、強みをうまく生活に生かしていけたらいいですね。
みなさんも、是非やってみて下さい(^^



2018/04/12(木)
ピアノとアニメ好きには、いろいろな作品が同時進行なので、朗報な春かもです。
(*´∀`)b


坂道のアポロン
 昭和40年頃の佐世保の高校が舞台のアニメ。
 え?少女マンガ?と思って見始めましたが、面白かったです。
 主人公がジャズピアノ(セッション)に目覚めていく中で、恋の三角関係はどうなるのか? というストーリーです。

 とにかく演奏・曲がカッコいいです♪ 主題歌を含めて全般的に音楽性が高いと思います。
 演奏シーンのリアリティの追及がすさまじいです。やりすぎですw
 YAMAHAが製作に協力しているのはその部分なのかな?

 原作が少女マンガなだけに、女性には特におすすめかも。 そこはかとなくBLの雰囲気も…
 マンガ版・アニメ版の人気が高いようで、実写版も作られて映画で公開中です。

 アニメは昨年、CSで放送していたので、今年もまた放送されるかも?
 追記:5月12日~ Animaxにて放送予定。


ピアノの森
 話題作なので、マンガを買おうと思いつつまだ読んでいませんでした…
 予告編の製作の裏話で、コンクールの演奏は、出身国別の音楽表現を再現するために、本当に各国の若手ピアニストの演奏を起用したとか、同じ曲でも子供と大人の手の大きさの違いからくる指遣いも再現するなど、音楽部分のリアリティにこだわって製作したそうです。
 モーションキャプチャーも使ったらしく、そこまで挑戦した作品はなかなかないかも?
 音楽教師役のピアノは、あの反田恭平さんが担当し、役に合わせた弾き分け方をインタビューの中で実演していました。
 ピアノ好きなら、演奏内容のこだわりにも注目して見て(聴いて)みたいですね。
 第1話を見ましたけど、ピアノを弾く指の動きがぬるぬる動いて不思議な感じでした。

 4月9日からNHK・地上波で放映中。


のだめカンタービレ
 原作もアニメも見たことはないですが、一時期、クラシックブームになったほどの相当な話題作なので、期待しています。
 4月16日からCS(アニマックス)で放送予定。
 5月8日から巴里編 となってました。



番外編(ピアノと関係ないけど、音楽とアニメが好きなら楽しめるかも…)

響け!ユーフォニアム
 現在はイマイチな、高校の吹奏楽部が、本気で全国大会を目指すようになっていく汗と涙のストーリーです。
 ビジュアルが素晴らしいですし(萌え系)、演奏・音響がリアル。
 このクオリティの追求もはんぱないですねー どれだけお金と時間をかけたんだろ…

 最初の方は少し下手な合奏を再現し、後半につれ上手になっていく再現をしているそうです。
 トランペットのソロをオーディションで決めるシーン、演奏内容が本当に違いました!(表現力)
 一緒に見ていた、うちの相方は「違いが分からなかった」と言ってましたが… (;゚Д゚)ガーン!
 1と2、劇場版(1の総集編)があります。

 ここんとこ、CSで2と劇場版を繰り返し放送しています。(1は昨年)
 やっと昨日、録画を全話見終えましたw
 追記:4月22日 日テレプラスにて一挙放送予定。


けいおん!
 女子高のふわふわ系の軽音楽部のお話。とにかく楽しげで癒されます。
 私はけっこう好きですが、賛否両論あり、好みが分かれそうです。
 1と2、劇場版があります。

 ここんとこ、CSで再放送を繰り返していますね。 

2018/02/01(木)
幻想即興曲バージョンは以前からよく見ていたのですが、新作(?)が来てました(^^

ショパンが聞こえると、ハッ!行かなければ!と反応していますね (ΦωΦ)




ベヒシュタインのアップライト、木目調が渋いし、音がいいですね~

 | Copyright © 大人のねこふんじゃった All rights reserved. |  Next

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ