大人のねこふんじゃった

2015年9月から始めたピアノ初心者(♂)です。大人がゼロからピアノを始めた記録です。レッスンに通っています。
2017/06/18(日)
スタインウェイのピアノを初めて弾きました!
無料で40分ほど貸し切りです。
普通のピアノよりも1.5倍くらいの長さがありそうです。
いくら位するんでしょうね~ 4桁いくのかな?

170618steinway1.jpg


感想は、まず、タッチが浅い、敏感で音が出やすい、音がキラキラ、ペダルも浅い、ソフトペダルがほとんど効果なし、という感じでした。
普通のピアノの弾き方とは少し違うコントロールをしないとだめな感じがします。
噂に聞いてた通り、難しいですね~


170618steinway2.jpg


本番はなんとかうまく弾きたいところです。

170618steinway3.jpg

スポンサーサイト
2017/06/07(水)
家で2台の電子ピアノを使い分けていると、あまり使わない方で弾いたことのない曲をやると、なんだか違和感がありました。

ピアノが違うというのもありますが、見えている景色が違うのが原因なのではないかと予想しました。
試しに、いつも使っている電子ピアノの操作パネルを、鍵盤カバーで覆ってみると、弾く時に微妙に違和感が出ましたw
どうやら、鍵盤を見る時に、無意識に周りの景色も頭に一緒に記憶されているのかもしれません。
アコピの人でも、鍵穴のマークとかメーカーロゴが無意識に基準位置になっているかもしれませんね。

170607piano.jpg

170607piano2.jpg

なので、鍵盤の周りの景色を変えると、弾き合い会などでいきなりピアノを弾いた時のような、ちょっとした緊張感が出るのではないかと思うのです。
長距離の跳躍とか、スタート位置をパっと見つけるのとか、この状態で練習しておくと、適応力が付くかもしれません。

本番の予行演習に使えそうな気がしてきました。

2017/05/30(火)
日曜は地元のピアノサークルに参加しました。


先週から、怒涛の弾き合い会続きですねw
あやおじさん、akaneさんも参加。あやおじさんは家族の応援付きです!


今回は10名くらいの参加。
易しい童謡を弾かれる初心者のおじいちゃんが参加していました。
1年半くらい出続けていますが、私よりもピアノ歴が少ない人に会ったのは初めてですw

しかし、緊張しますな ( ´Д`)


一曲目:ロマンス。
 うーん… 中盤のミスは強引に弾き飛ばしましたw


二曲目以降は何を弾くか決めていなかったので、その場の雰囲気で適当に決めることに(ぉぃ



二曲目:渚のアデリーヌ (けもネコ アレンジ 中上級版)。
 自作楽譜の話をしていて、弾くつもりはなかったけど、話しの流れで弾くことに。レッスンで見てもらっていないしまだ完成してないけど、強引に弾き飛ばしました。ミスは気付かれなかった模様。
 止まらなければ分からないようですねw


三曲目:弾き合い会も終わり頃、残り5分で順番がまわってきて、「じゃあ、さらっと弾ける曲を何か」
 と言って、ラピュタから、空から降ってきた少女を。
 さすがにこれは何回も人前演奏の洗礼を受けた曲なので、もういつでもどこでも余裕で弾けます。
 有名な曲だし、聴き栄えするし(けもネコ アレンジ入り)、ストーリー性あるし、ウケがいいので重宝してますw


あやおじさん、akaneさんはジャズ路線でしたよ!


ピアノサークルは今までは隔月開催でしたが、参加者急増のため、来月から毎月開催になるようです。
さすがに毎月参加は難しいと思いますが、来月は出ますよー

2017/05/24(水)
元ネタ



<3日目>
札幌に戻りましたが、さっそくピアノ三昧です (^^;


午前中:レッスンでした。(あやしいおじさんが先に来ていましたw)

午後:いつものメンバーで弾き合い会4時間、飲み会4時間 (^^

 今回は、あやしいおじさん、akaneさん、私の3人でした。
 小学校のヤマハのグランドでしたが、調律して3ヶ月なのに、F4の音が思いっきり狂っていました(;゚Д゚)

 ですが、3人でいっぱい弾きましたよ。
 あやしいおじさんがakaneさんからもレッスンを受けていました Σ(・ω・ノ)ノ



そんなわけで東京・札幌と、3日間で8名のピアノブロガーさんと交流をし、楽しませていただきました。
みなさん、ありがとうございます。
我ながら、よく体力が続くね(^^;





タイトルつながりで動画など。
私の好きな曲調&演奏スタイルです。こんな弾き方が理想ですね~


2017/05/23(火)
※タイトルはネタです。 しかも古いw

ホワイトベース(北の大地)を脱走した、ニャアタイプの戦士、けもネコの旅…


<2日目>

けっこう広いスタジオで、ヤマハのグランドでした。
5人のピアノブロガーさんたちと、楽しいひと時を過ごさせていただきました。

ブログでよくお見かけする有名な方たちと一緒なので、緊張。。。
するはずが、あまりしなかったようです。 (*´∀`)

170523piano.jpg
(写真提供:ね~みさん)


>大竹さん

ドラクエ2から、この道わが旅を弾かれていました。
私も同じ楽譜を持っているので分かりますが、曲はけっこうページ数が多いのに安定の演奏で、翌日のコンクールは間違いないと確信しましたよ。
一曲だけ弾いてお帰りになられたのが残念です。



>モル作さん

2日目もありがとうございます m(_ _)m
前日よりも演奏のパフォーマンスがアップしているように見えました。
そしてやはり楽譜は無しです。
暗譜力がすごいです!



>ぶんごろさん

北と南からの奇跡の合流をしました(^^
華やかで煌びやかな演奏をされる方で、難曲を弾いてて圧巻でした!
ショパンとかいいですね~



>ね~みさん

謙遜されていますけど、リストとか楽譜が真っ黒なのを弾いていらして演奏はすごいですよ~
横から、タッチの使い分けとかさすがだな~と指を観察させていただきました(^^



>やぢまさん

コメントでお見かけしていましたが、最近ブログを拝見し始めました。
グリーグとか、ブログで聴いた曲を演奏して下さいました。
古典派クラシックのノンレガートの弾き方が本格的な感じに思えて、勉強になります。



>私の演奏

プレリュード1イ短調
Innocent
愛のテーマ
ロマンス
悲歌
シータの決意


たぶんこんな感じで弾いたような…
2日目なので、前日よりも弾けた感じはあります。
この日も、正確にキッチリ、ではなく、音楽的表現重視で自由に弾きましたよ(^^


スタジオで2時間、二次会で約3時間、ご一緒しました。
私が帰った後も、三次会が何時間か続いて盛り上がったようで(^^

みなさん、ピアノ愛が熱くて刺激になります。
お話しも面白いですし、演奏もさすがです!
YouTubeや録音よりもいっそう個性が感じられて、生演奏で伝わるものはすごく多いです。


皆様、長時間お付き合いしていただき、ありがとうございました。 m(_ _)m


その3へ続く。。。

2017/05/22(月)
週末は3日間、連続して弾き合い会でした。
なので区切りよく3回に分けて記事にしたいと思います。


サブタイトルに深い意味はありませんが、元ネタが分かる人は中年ということでw


<1日目>
東京に行く用事があり、モル作さんのはからいで2日間、弾き合い会を開催していただきました。
昼間に用事を済ませ、ヤマハで楽譜を見てから、夜に合流しました。
20170522yamaha.jpg

この日はこれしか写真を撮っていませんでした。しかも幽霊が映りこんで (違




モル作さん、タワシさん、私の3人で弾き合い会です。
みなさん、初顔合わせということで、どうやって識別しよう?とちょっと悩みましたけど、無事に合流できました(^^

スタジオでヤマハのグランドを1時間ちょっと弾きました。3人で交互にかなり弾いたように思います。

>モル作さん

すごく変態な人だったらどうしよう… とドキドキしていたのですが、気配りのある普通の方でした(^^;

ルクーペのL、カバレフスキーさんなど、全部暗譜で演奏されていました。
弾いている時の目線が遠くを見ていて、感性で弾く人なのかなーと思いましたよ。

響きに特徴ある曲が多かったですね。
モル作さんの生ギロックが聴けてうれしかったです!

何から何まで手配をありがとうございました m(_ _)m


>タワシさん

ブログの文体から予想したように楽しげな方でした。本物のタワシにウケましたw

演奏は、賛美歌メドレー、「マリュー愛の言葉(たぶん聞き間違い)」、から始まり、
曲調が多彩でしかも堂々と弾いていらして、ミスの箇所はまったく分かりませんでした( ´Д`)

歌い上げるような演奏表現に、「演奏しながら頭の中で熱く歌うタイプ」ですか?と聞いたらその通りでした。
実は私もそうなので、ピンときたというか、同じタイプでうれしかったです。


>私の演奏

Innocent(久石譲)
愛のテーマ(キャサリン・ロリン)
ロマンス(倉本裕基)
悲歌(キャサリン・ロリン)
シータの決意(久石譲)
サマーの夢(キャサリン・ロリン)

たしか、こんな順番で弾いたと思います。プレリュードの1か2も弾いたかも…
思いのほかミスしちゃいましたけど、慎重に弾くのではなく、音楽的表現優先の意識で弾きました。


二次会は串三昧でお腹いっぱいに…
食べすぎですw
楽しく美味しかったです(^^


そして、12時間後にはまたモル作さんと再会するのでした!

その2へ続く。。。

2017/05/16(火)
ピアノろまん|完全な音楽 から
https://hajimetepiano.blogspot.jp/2016/09/blog-post_26.html

> 音楽は本番での臨場感や高揚感のほか、微妙な音の狂いやちょっとしたミスの中で「感じる」ものが必ずあります。でも録音で聴く音楽はほとんどが完全な形の音楽。編集されていたり、何回も撮り直したものだったり。

> 演奏家は、細部の細部にこだわり地道な練習を積んで極限の緊張の中で自分の完全な理想を求めて演奏会での演奏に臨む。でも100パーセントとは絶対いかない。。これはとっても悔しい。でも実は演奏家もそれはわかっているのです。それを含めて「どう届けるか」にその演奏家の哲学が表れますし、モチベーションでもあります。

> ミスをミスでないように演奏し続けるのはプロしかできません。

> 私はミスや失敗や音の微妙な揺らぎ、それを含めてが音楽を聴くという事だと思います。音楽は時間の芸術と言われますが、「その時の音楽を聴く時間」を楽しむのが本当の意味で音楽を楽しむ事です。

> 音楽の魅力は正解がないことと、永遠に完全になれない不完全さだと私は思います。


録音では分からないものがたくさんあるのですね。

その場の演奏は、そこで作られた1回限りの芸術みたいなものなのでしょうか。
毎回少し違うということは、そこが人間くささを感じる、楽譜のある即興演奏みたいなものと言えるのかもしれません。



昔、TVで歌番組を見ていたとき、生放送なのにいつも録音でクチパクしてる歌手と、ちゃんと生で歌っている人の違いを観察して、後者のよさを味わっていたのを思い出しました。
トップ歌手であっても、息継ぎやほんの僅かな声のトーンの乱れに人間くささやリアルさを感じて、ブラウン管超し(昭和の表現!w)であっても、いいなーと思って視ていたのです。



ピアノの弾き合い会に参加する目的は、人前で弾いてみたいとか、愛好家同士の交流などの目的があると思うのですが、それ以外にも、録音では分からない、その人の音や表現、演奏の呼吸を空気で、肌で感じたいというのもあるのではないかなと思うのです。
ましてや生ピアノの場合、電子ピアノとは段違いに音に個性が現れますから、そこも聴き所ですね!



さて、今週は3日間も弾き合い会を予定しています。たまたま連続したのですがww

そんなわけで、皆さんの生でしか聴けない演奏を楽しみにしていますので、よろしくお願いします。

私はYouTubeの録音とは一味違う、何か伝わる演奏をできたらなーと思ってます。
(=・ω・)ノ

 | Copyright © 大人のねこふんじゃった All rights reserved. |  Next

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ